青山テルマ どん底エピソードヤバイ!いじめや苦悩を告白【動画】

芸能

青山テルマさんのどん底が話題となっています。

青山テルマさんが過去にいじめを受けていたり、若くしてメガヒットを経験していたり、その反響から大変苦労をされていたことがわかりました。

いったいどのような苦労があったのでしょうか。一言では語れない彼女なりの苦労があったと思われます。

では、青山テルマさんのどん底について一つづつ見ていきましょう。

青山テルマ どん底がヤバイ!

歌手の青山テルマさんが、子供の頃に受けていたいじめについてや、大ヒットとなった『そばにいるね』の苦悩などについて語った初めての初エッセイが発売されました。

発売されてからたった5日で重版となったこのエッセイ。いったいどのような内容なのでしょうか。 

まずは、青山テルマさんのどん底について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

歌手・青山テルマが、幼少期から受けていたいじめや「そばにいるね」ヒット後の苦悩などについて語った自身初のエッセイが、発売から5日で重版が決まるなど若い女性を中心に反響を呼んでいる。数年前からバラエティでも活躍するようになり、デビュー当時とは大きく印象が異なる個性を発揮しているが、そこまでは知られざる孤独や葛藤があったという。大学生にしてメガヒットを経験した彼女が見た“どん底”とは。

青山テルマさんは、デビュー当時から絶大な人気を誇り、シングル『そばにいるね』がメガヒットを記録するなど輝かしいデビューを果たしました。

青山テルマ feat.SoulJa / そばにいるね

ですが、そのデビュー当時の印象とは違いこれまで多くの孤独や葛藤があったというのです。

そのあたりについて見ていきましょう。

■「ゴリラ」「外国帰れ」幼少期からのいじめ、支え・逃げ道になったのが歌だった

 2007年に歌手デビューしたテルマ。彼女の音楽人生のルーツは、幼少期のいじめにあったという。クォーターであることから、街中で「外人」「ゴリラ」「外国帰れ」といった言葉を浴びせられることは日常茶飯事、保育所でも差別やいじめを受けていた。そんな彼女が初めて居場所を見つけられたのが、10歳の時に出会った教会のゴスペルクラスだった。年齢も見た目も関係なく、ただ歌が好きな人が集まるその場所は、テルマにとってとても居心地が良く、それからどんな時も歌うことが“支え”となり、“逃げ道”となった。

 そんな彼女になぜいじめが起きると思うか尋ねると、「違和感を抱く時じゃないですかね」という答えが返ってきた。その人が普通だと思っていることに対して、見たことがないものや違和感のあるものが飛び込んできた時に、どう対応していいか分からなくて、それがいじめになってしまうのだという。続けて、「でも、それが一生続くわけではないし、人と違うことは大人になってすごく武器になると思うんです。だから“みんなとちょっと違うんだ。ラッキー!”ぐらいのテンションがいいかなって」と、幼少期にコンプレックスだった自分のルーツや見た目も、見事にアーティストとして“武器”に変えた彼女らしい考えを話してくれた。

めちゃめちゃ可愛い彼女ですが、こんなコンプレックスがあったとは驚きました!

子供の頃からコンプレックスだった自分のルーツや見た目も乗り越えてアーティストとして最大の武器を手にした彼女。

そんな彼女がこれまでの苦悩の日々を語ってくれています。

青山テルマ いじめや苦悩を告白!

彼女は性格もとても明るく可愛い方なんですよね。

【青山テルマがおもしろすぎる!!】爆笑せっかちトーク!親友木下優樹菜も大爆笑!

青山テルマさんは子供の頃に差別やいじめなど受けていたと語っています。

そんな中、音楽だけは根拠のない自信があったようです。

彼女は一体どのような孤独を抱えていたのでしょうか。そのあたりについて詳しく見ていきましょう。

■ヒット後の孤独とイメージとの葛藤「学校のトイレで1人おにぎりを食べていた」

 差別やいじめも“気にせず”乗り越え、歌っている時だけは根拠のない自信が全身によぎったというテルマは、がむしゃらに歌手への道を目指した。見事19歳にしてメジャーデビューを果たすと、わずか3ヵ月で「そばにいるね」メガヒットに恵まれる。突如大勢のスタッフに囲まれるようになり、楽屋には豪華なケータリングが並び、ヘリコプターで移動したこともあったそうだ。

 しかし、当時住んでいたのは築100年のボロアパート、通っていた大学では毎日盗撮されるようになり、それを避けるためにトイレでおにぎりを食べる日々だった。華々しいステージとは裏腹、私生活は孤独だったという。さらに猛烈なインパクトとともに植え付けられた世間からのイメージにも悩まされた。

「『そばにいるね』がバラードなので、ちょっとおしとやかで大人っぽいイメージが先行して強かったと思うんです。でも、基本的に私はすごくポジティブで明るい性格だし、笑うことが好きなタイプなので、そのギャップは大きかったかもしれないです」と、イメージを壊しちゃいけない、というプレッシャーとも常に隣り合わせだった当時を振り返る。

 元々踊ることが好きで、アップテンポの曲もシングルで歌いたいという気持ちがあったというが、それを口に出すことはなかった。「まだ20歳で業界のことをあまり知らないですし、自分の意見に自信もなかったし、周りの大人に頼ることが自分の中で正解だと思っていました。ずっと背伸びしている感覚はありました」

青山テルマさんのどん底に世間の反応は?

さらに、青山テルマさんのどん底についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

後半とか結構共感して読んだんだけど、コメント欄が辛辣だったw
確かに、ユキナと仲良し!タイマン!とか言ってたよな?と思ったけど。
きっと自己中なんだろうな。主観的に物事をとらえがち。
言ってる事は嫌いじゃないけど、この人自体を好きにはなれない。

築100年のボロアパートは嘘だろ。
豪邸や欧州の城なら、まだ分かるが
アパートのような作りの建物は、100年も持たない。
築40年や50年でも、相当にボロいのに
100年は盛り過ぎ。

いじめられた経験も嘘ではないと思うけど、自分も十分人を虐めてきづつけてると思う。
言葉だけ聞いてても怖いし、強すぎる。
こーゆー人いるよね、
苦手。

優樹菜と気が合う時点でこの人も同類なのかなって思ってしまうし、ケミオとの写真はすごく頭悪そうだよね、この子。

終わりに

今回は、青山テルマさんのどん底についての内容や世間の反応をお伝えしました。

大学生の時に『そばにいるね』メガヒットの記録を飛ばした青山テルマさんでしたが、それまで大変苦労の日々だったようです。

そしてまた大ヒットした後も苦悩の日々を送っていたようです。今回出版された青山テルマさんのエッセイがとても気になりますね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民