後席ベルト未着用 危険性を調査!なぜ後席での着用が浸透しない? 

社会

後席ベルト未着用の危険性が話題となっています。 

車に乗る時に後部座席でシートベルトを着用人が多いようです。

前席に座ったならシートベルトを締めるというのは当たり前に感じますが、 未だに後部座席に座った時は シートベルトを締めなくてはいけないという認識が低いようです。

では、後席ベルト未着用の危険性について一つづつ見ていきましょう。

後席ベルト未着用 危険性を調査!

車の後部座席に座った時にシートベルトを着けない未着用の方が多いようです。ですが後部座席に座った時にシートベルトを付けないと非常に危険です。その危険性について調べていきたいと思います。

まずは、後席ベルト未着用の危険性について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

 “前”は当たり前でも、“後ろ”は未だ定着せず!? 車のシートベルト、後部座席での着用率は僅か39.2%と過半数割れ。高い危険性にも関わらず、なぜ着用浸透しない? 

 車に乗った際、前席に座ったのなら「シートベルトを着用するのは当然」と認識している人がほとんどだと思うが、後席はどうだろうか?

 JAF(日本自動車連盟)は2019年11月に、警察庁と共同で「シートベルト着用状況全国調査」を行い、その結果を2020年1月24日に発表した。

 同発表によるとシートベルトの着用率は、運転席が一般道=98.8%、高速道路=99.6%、助手席も一般道=95.9%、高速道路=98.3%と100%に近かった。

 しかし、後席は一般道=39.2%、高速道路=74.1%と非常に低い装着率だった。

 シートベルト装着は、後席も含めて全席義務化となっていることはもちろん、事故時に身を守る最大かつ手軽な装備である。

 それにもかかわらず、なぜ後席での着用が浸透しないのか? 実は未着用の危険性も二次被害を含めて予想以上に高い。

後部座席でシートベルトを締めないとどれだけ危険なのかこちらの映像からもわかります。

後席シートベルト非着用時の危険性【JAFユーザーテスト】

なぜ後席での着用が浸透しない? 

それではなぜ後部座席のシートベルトはこれほどまでに浸透しないのでしょうか。

そのあたりについて見ていきましょう。 

シートベルト全席義務化も「罰則なし」で効果薄

 シートベルト着用は、前席については1985年9月1日から義務化されている。高速道路については当時から着用が免除される場合以外罰則があり、一般道で装着しなかった際も1992年11月1日から罰則が適応されている。

 後席のシートベルト着用も2008年6月1日から義務化されている。現在、高速道路で後席のシートベルトを着用しなかった際には罰則があるが、一般道ではない。

(※運転席・助手席の違反点数は1点、後部座席は高速道路上のみ1点。反則金はともに無し)

 このことが、一般道での後席シートベルトの着用率の低さに大きくつながっているのだろう。

やはり後部座席でシートベルトを締めな畔はならないルールが浸透しないのは 高速道路では締めないと罰則にあたるが一般道では罰則がないことがあげられるでしょう。

とはいえ高速道路だろうと一般道路だろうと、」その危険性には変わりはないようです。

危険性について詳しく見ていきましょう。

危ないのは本人だけじゃない!! 後席シートベルト未着用の危険性

 シートベルトは、事故の際に体を拘束し車外放出を防いだり、体が受ける衝撃を和らげるものである。そのため、フロントガラスやハンドルなどがある前席でシートベルトを着用しない危険性は分かりやすく、着用率も高い。

 それに対して、後席は「前席が柔らかい壁になるから大丈夫そう」といったイメージもあってか装着率が低い。だが、それはとんでもない間違いだ。

 まず、後席の乗員がシートベルトを着用せずに事故に遭った場合、前席も含めて車の内装材の中身は、硬くシッカリしたものなので、当たれば重篤なダメージを負う。

 それだけで済めばまだいいが、後席の乗員がシートベルトを着用していないと、体が拘束されておらず飛ばされるため、その際に他の乗員にダメージを与えたり、最悪ガラスを突き破るなどして車外放出されることもある。

 JAFは、前席に成人男性2人のダミー人形、後席に女性2人のダミー人形を乗せ、後席右側(運転席後方)のダミー人形だけシートベルトをせずに、55km/hの衝撃をクルマ全体で受け止めるフルラップ前面衝突試験を行ったことがある。

 結果は、シートベルトを着用していた助手席と後席左のダミー人形に大きな問題はなかったのに対し、シートベルト未着用だった後席右のダミー人形は、足が運転席バックレストに、頭が運転席ヘッドレストに激突したうえ、体は派手に宙を舞い、大きなダメージを負った。

 さらに、後席右のダミー人形は、衝突の際に運転席を介する形で、運手席のダミー人形に対しても押しつぶすように大きなダメージを与えてしまった。

 運転席と後席右のダミー人形のダメージは、後席右のダミー人形がシートベルトを装着していれば大幅に軽減できたものだ。それだけにこの実験結果や映像を見れば、誰もが一発で「後席もシートベルトを装着する重要さ」を認識するに違いない。

 なお、後席中央など「シートベルトが3点式でなく2点式」という場合も、当然2点式シートベルトの安全性は3点式に劣るが、それでも事故の際のダメージは軽減されるので絶対に装着するべきだ。

シートベルトを締めないと事故の際のダメージが大きく変わるようです。事故に遭わないという気持ちでいてもいざとなった場合はダメージが軽減されるので絶対に装着するべきだと思います。

非常に危険なので前席に座った際のみしかシートベルトをつけてない人がいれば必ず後部座席に座った際もシートベルトをつけるように心がけましょう。

後席ベルト未着用の危険性に世間の反応は?

さらに、後席ベルト未着用の危険性についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

  • シートベルトは捕まるからするものではなく、自分の命を守るためのものなので、後席に乗る人も自分の命を守るものと思えば、シートベルトをしない理由はないと思う。
    同様にチャイルドシートも自分の大切な子供の命を守るものと思えば、少しぐらい嫌がってもチャイルドシートに座らせようと思うだろうが、実際は走行中の車内で子供が動き回っているのをよく見る。
    自分は事故に気をつけているつもりでも、貰い事故に遭うことも意識するべき。そしてシートベルトや、チャイルドシートをしていなかった時の結末がどれほど悲惨なことになるか想像した方がいい。
  • 助手席に座ることが多かったのですが、子供が生まれてからは子供と一緒に後部座席に座るようになり、以前は後部座席に座ってもシートベルトをつけないのが当たり前でしたが、もし事故に遭って自分だけ投げ出されて身体が不自由になったり亡くなったりしたらと(娘や夫の事を考えると)怖くなり後部座席でもシートベルトは必ず着用しています。
  • タクシーに乗車すれば「お客様の安全のためにシートベルトを着用指定下さい」というメッセージが流れるにもかかわらず閉めない人が多いのは「車は事故を起こすもの」という認識が無いから。リマインダーだかなんだかを開発し装着しても着用するかしないか行動を起こすべき本人に啓発していること自体は同じだし、罰則を設けようが取り締まりをしようが「いつでも事故に遭う」と自覚が生まれない限り着用率は上がらないはず。小中学校じゃないのだからタクシー会社もこれ以上はやりようがない。

    なぜ定着しないのかと問われるならリテラシーの低い人ばかりだからとしか言いようがない。

  • 義両親を助手席に乗せると必ずシートベルトを締めてくれなくて困ってます。
    アラームが鳴ってもお構いなし。私が注意すると、「おまわりさんに捕まるで」と言ってシートベルトを伸ばして先を刺さずに手に持ってる…。意味がわからない。何度言っても付けてくれない。
    ある一定の年齢の人たちはこうなんですか?昔はしてなかったとか逆に文句を言われるのが苦痛。
  • どの車もリアシートのベルト使い難く過ぎ
    ジジババ乗せると毎回毎回ベルト締めるのに時間掛かって仕方ない
    バックルが収納されてたりベルトに手が届かなかったり隣の席のバックルに挿そうとしたり
    結局は運転手が降りて締めてやるとか
    メーカーさんもっと使いやすく作れないのかな?

終わりに

今回は、後席ベルト未着用の危険性についての内容や世間の反応をお伝えしました。

後部座席に座る人がシートベルトを着けない理由がわかりました。また 後部座席に座った際にシートベルトを着けない人も多いようです。

ですが後部座席でもシートベルトを締めないと非常に危険ですので必ずつけた方がいいです。心がけていきましょう。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。