伊藤蘭 心境を調査!キャンディーズの元メンバーのソロが素敵!

芸能

伊藤蘭さんの心境が話題となっています。

あの伝説的アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーの伊藤蘭さんがソロデビューを果たし、現在の心境を語ってくれています。

いったいどのような心境で活動を行っているのでしょうか。

では、伊藤蘭さんの心境について一つづつ見ていきましょう。

伊藤蘭 心境を調査!

「キャンディーズ」の元メンバーの伊藤蘭さんがソロデビューを果たしましたね。

一体どういった活動を行っていてどういった心境なのか曲も含め気になるところです。

まずは、伊藤蘭さんの心境について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

1970年代に一世を風靡(ふうび)した伝説のアイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーで女優の伊藤蘭(65)が、15日から全国ツアー「~My Bouquet&My Dear Candies!~」(東京・新宿文化センターほか全9公演)を行う。昨年、グループ解散以来41年ぶりに音楽活動を再開した今の心境とキャンディーズへの思いを聞いた。(加茂 伸太郎)

「これまでで一番激動だったかもしれない。ただ、昔のような慌ただしさはなかった。スタッフの方と一つ一つ確認しながら、進めてこられましたから。こういう音楽作りは初めて。収穫といいますか、実りある1年になりました」

 満足感からか、表情はすがすがしい。柔らかい口調で時折、笑みがこぼれた。

 昨年3月にソロデビューを発表した伊藤は、芸能生活48年目にして新たな一歩を踏み出した。5月にアルバム「My Bouquet」を発表し、6月に東名阪のコンサートツアーを行った。ファンの大反響を受け、15日からアンコールツアーが始まる。「こういう展開は予想外」と驚きの声を上げつつ「人生って何が起こるかは分からない。自分の気持ち一つで世界が広がる―というのを身をもって体験させてもらっています」と幸せを口にした。

 78年4月、後楽園球場での伝説の解散コンサート以来、レコーディングもステージに立つことも41年ぶりだった。「赤ちゃんが41歳になるわけですもんね…。すごい(月日)ですよ。芝居をやりながら、結婚もし、子育てもし、気づいたらそれだけの時間がたっていた感じがします」

 過去にも所属事務所の社長から「もう一度、歌をやりませんか?」と打診されたことがあったが、「自分が歌う想像がつかない」と断ってきた。しかし、解散から40年を迎えた2018年頃から心境が大きく変化したという。「歌がきっかけでこの世界に入ったのに、このまま歌と疎遠な感じで終わるのは寂しい気がして。キャンディーズの世界観とは違う、自分の歌の世界を持ちたいと思ったんです。60代に入って、年齢的にもできそうなことはやろうと思うようになり、歌とヨリを戻すと決めました」

伊藤蘭 心境を調査!キャンディーズの元メンバーのソロが素敵!

「キャンディーズ」の元メンバーの伊藤蘭さんがソロデビューを果たしその楽曲も気になるところです。

アルバム制作にはどういった過程で進んでいったのか気になりますね。

そのあたりについて詳しく見ていきましょう。

アルバム制作では「今の伊藤蘭に歌わせたい曲」をテーマに募集した。110曲が集まり、その中から11曲を厳選。井上陽水(71)、宇崎竜童(73)×阿木燿子(74)夫妻、森雪之丞(66)ら豪華な顔ぶれがそろった。収録曲のうち「Wink Wink」など3曲では作詞にも挑戦した。

 「当時はマネジャーの大里(洋吉)さん(当時・渡辺プロダクション、現アミューズ会長)に『何でもいい。身の回りのことから書いていくんだ』と示唆がありました(笑い)。昔は詞が先だったけど、今回はメロディーから広がるイメージで言葉を紡ぎ出せました。女性を励ます、共感してもらえたらうれしい―という世界観を生み出せたと思います」

アルバムに収めてる楽曲の中で今の伊藤蘭に歌わせたい曲をテーマに曲を募集したところ110曲も集まったそうですね。

その中から11曲を選んで激選したようです。 伊藤蘭さんのダイジェスト動画がありましたのでこちらでも見ていきましょう。

伊藤 蘭 「My Bouquet」ダイジェスト
伊藤 蘭 「My Bouquet」ダイジェストVol.2

伊藤蘭さんの心境に世間の反応は?

さらに、伊藤蘭さんの心境についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

  • 私が歌に興味を持ち始めたのは松田聖子時代で世代は違うのですがアルバム買ってみました。本人も語っていますが正直歌唱力は何ですけど、年齢を感じさせない可愛らしい歌声、楽曲のよさも手伝って唯一無二の個性的なアルバムになっていました。。
    有る意味スーパーアイドルの着地点、究極の進化の仕方かなと思いました。
    少なくとも40年後に同じ事を出来る今のアイドルは殆ど居ないでしょうね。
  • 一先ずはスポットイベントで二人でやってみて様子を見てみたらいいかも。
    会社は違うけれどもどうせならばピンクレディーのお二人とも一緒になってセッションという形で昭和の力を示しても良いかもですね。
    和気藹々と楽しめる内容であれば受け入れられると思いますよ(^^)
  • キャンデーズやピンクレディは歌もうまかったから、復活しても聴けるかなと思う。ちょっと話題になっていた、中山美穂は声も出ていないし、どうかと思うけど。
  • FNS歌謡祭でキャンデーズの曲を歌ってるのを見れて、子供の頃を思い出し凄く嬉しかったです。新曲もとても素敵だったし、歌声も昔のままで素敵だったので是非今後も歌い続けてほしいな〜と思いました。子供の頃の憧れのお姉さんだった蘭さん、今もとても素敵で憧れています、これからの活躍を楽しみにしています。
  • 分からない事は無いけれど…
    夢を見せたままで にっこりしてる方が
    当時の夢を壊さないで、良いのでは無いかなぁ〜?
  • サブタイトルに「My Dear Candies!」と加えた。「春一番」「ハートのエースが出てこない」「哀愁のシンフォニー」「やさしい悪魔」「暑中お見舞い申し上げます」などを披露する。ツアーを控え、ミキこと藤村美樹さん(64)が力を貸してくれた。過去の映像を見ながら2人で振り付けを確認。「1人じゃ思い出せなくて、美樹さんに言ったら『一緒に思い出そう』って)。『蘭さん、大変ね』なんて言いながら」。スーこと田中好子さん(享年55)が11年に天国に旅立った今、かけがえのない存在。伊藤は「素の自分に戻れるんです。年を重ねても、当時の自分に戻ることができる。美樹さんが頼りです」と感謝する。

    ランちゃん、遅いよ…
    せめて2010年、10年前にやってくれれば、水谷家の個人ビデオかスマホ動画に、あのキャンディーズが残ったのに…
  • もう そんなに経つんですね
    キャンディーズの 歌や踊りは この年になっても
    覚えてますね
    懐かしい 小学生の頃に戻ります
    ランちゃん ミキちゃん そして スーちゃん
    よく 踊ってたなぁ
    また 歌番組で 披露して欲しいです

終わりに

今回は、伊藤蘭さんの心境についての内容や世間の反応をお伝えしました。

伊藤蘭さんがソロデビューを果たしアルバムも制作されとても好調のようですね。 今後の活動も気になるところです。伊藤蘭さんに注目ですね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民