前田健太 移籍破談を調査!ダルビッシュがトレード破綻の可能性を解説【動画】

前田健太投手の移籍破談が話題となっています。

ドジャースの前田健太投手がツインズ移籍が絶望的になったと報じられているようですね。 なぜ移籍ができなくなってしまったのでしょうか。 

では、前田健太投手の移籍破談について一つづつ見ていきましょう。

前田健太 移籍破談を調査! 

ドジャースの前田健太投手がツインズへの移籍が絶望的になったと各メディアが報じています。一体なぜなのでしょうか。

まずは、前田健太投手の移籍破談について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

ドジャースの前田健太投手のツインズ移籍が絶望的となった。米メディアは8日(日本時間9日)、ドジャース、レッドソックス、ツインズによる大型三角トレードから、ツインズが除外されることが濃厚だと一斉にレポート。ツインズが交渉から降りれば、トレードの可能性は残されるものの、少なくとも前田のミネソタ行きは消滅する。この状況にドジャースの同僚は同情の声をあげている。

当初の予定ではドジャースとレッドソックスとツインズによる大型三角トレードが予定されていたようなんですが、ツインズが除外されることが濃厚になったようなんです。

ツインズが交渉から降りてしまったということは少なくとも前田健太投手のトレードはこの状況では厳しいようですね。 

ダルビッシュがトレード破綻の可能性を解説【動画】

ダルビッシュ投手も前田健太投手のトレード破綻の可能性について動画で語っていrますね。

前田健太選手のトレード破談の可能性について

前田健太 移籍破談を調査!超大型三角トレードが消滅した理由!

今回は実は超大型三角トレードが行われる予定となっていました。

そのあたりについてなぜ超大型三角トレードが消滅してしまったのか見ていきましょう。

今回の超大型三角トレードでは、ドジャースが前田をツインズ、23歳のアレックス・ベルドゥーゴ外野手をレッドソックスへ放出し、18年MVPのムーキー・ベッツ外野手、通算150勝左腕デビッド・プライス投手を獲得、さらにツインズからは21歳の若手有望株ブラスダー・グラテロル投手がレッドソックスに移籍する予定だった。

 4日(同5日)に米メディアが一斉に報じたものの、正式発表には至らず。グラテロルの身体検査の結果にレッドソックスが難色を示したことが原因とされていた。この大型トレードを受けて、大谷翔平投手の所属するエンゼルスが昨季36本塁打、通算123本塁打を誇るジョグ・ピーダーソン外野手、先発右腕ロス・ストリップリング投手をトレードで獲得することが伝えられていたが、こちらも暗礁に乗り上げた。

 ドジャースとレッドソックスは、2球団間やツインズ以外の球団を交えての三角トレードも模索中とされているが、ミネソタの地元紙「スタートリビューン」は「レッドソックスのスター外野手であるムーキー・ベッツも含まれる大型トレードが成立する場合、ツインズは当事者の一つにならないかもしれない」と伝え、ツインズがトレードの成立に「消極的な姿勢を示している」という関係者の証言を紹介した。ツインズは三角トレードから抜けることが濃厚となっており、その場合、前田はドジャースに残留するか、別のチームに移籍することになる。

 この状況を受けて、ドジャースのジャスティン・ターナー内野手は「(個人的な)考え方としてはこういうこと。トレードを成立させてほしい。(順序としては)そこからの報道でしょ! 記者たちが気にしていることは、一番最初に報道することだけ。そうしているうちに、選手たちや彼らの家族は、彼らが唯一所属していた球団からトレードされるのか、トレードされないのか分からない状態で、心が蝕まれているんだ。誰が最初に報道するかなんて、誰も気にしちゃいないよ」とツイート。前田ら当事者の選手たちに同情している。

 これにレッズの“異端児”トレバー・バウアー投手も同調。「素晴らしい考えだよ、ジャスティン。選手は人間としての扱いを受けていないし、彼ら(選手)は地球上の他の人間と同じ感情も問題も抱えている。TVの中のキャラクターや、一枚の契約書のように扱われている様子を示す、例の一つだね。」とつぶやいた。

 スプリングトレーニング直前で“大混乱”となってしまった今回のトレード話はどのような形で決着するのだろうか。

現在この三角トレード話は大混乱となっているようでどのような決着がつくのか非常に注目されている状況です。

正しいメディアの報道であれば前田健太投手のツインズ移籍は厳しいのではないかというところが実情のようですね。

前田健太投手の移籍破談に世間の反応は?

さらに、前田健太投手の移籍破談についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

  • スポーツ報道のありかたを批判した内容に「同情」とだけタイトルつけるのはどうかと思うが
    批判部分を削らなかったことは良いと思う
  • ドジャースはマエケンにどんな経過説明をしているのか?うちの会社にも仕事場を自分の遊び場と勘違いし、同僚を自分の玩具のように扱う人がいる。一生懸命やっている人には、最低限のリスペクトは必要だと思う。
  • 僕自身中間管理職で、部下が物やゲームのように相手に感情や思考が無かったらどんなに楽かと今でも思う。
    感情や思考を持った人間相手の時は相手の事を思い極めて慎重に事を運ばないとならない。
    その配慮が欠けていたのは確かだと思う。
  • 紙切れ同様の扱いはしない、と言う姿勢やコメントには理解をします。
    それではマエケンはどこでトレーニングを展開していけばいいのか、先発や中継ぎなどの年間スケジュールを踏まえた身体作りが宙ぶらりんなのは、ドジャースの都合だよ。
  • ドジャースからトレード要員であることを公に宣言された状態でドジャースに居続けるのはツライと思う。
  • 日本のプロ野球ならこんないい加減なことは起きない。ただでさえもうすぐメジャーもキャンプ始まるんだから移籍するならする、しないならしないで早めにどこのチームで今年プレーするのかはっきりさせてあげないと。マエケン本人の調整も狂うし。
  • 何処の世界も実力で物事がきまる。
    彼の現状に、日本人として不満を主張するのは、お門違い。どうしても必要な選手では、ないって事。
  • ツインズ移籍はほぼ消滅したけど他球団移籍の可能性は十分ある。本人はトレード希望していた報道もあったし。メジャーではこのようなケースは珍しくない。
  • 既に破談の報道もあるからもう無理かな。
    あと、MINの件よりLAAがストリップリング獲れなくなることの方が地味にキツい感じ…。

終わりに

今回は、前田健太投手の移籍破談についての内容や世間の反応をお伝えしました。

前田健太投手の移籍破談が話題となっていますが今後どのようなトレードが行われるのか非常に注目されていますね。 このままあたたかく見守りましょう。それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。