サンモニ 手書き解説 こだわりがヤバい!手作りフリップが素敵!

芸能

「サンデーモーニング」の手書き解説のこだわりが話題となっています。

長年愛され続けている TBS 系の報道番組「サンデーモーニング」では手作りのフリップを使った解説などすごくこだわりを感じます。

このデジタル時代においてあえて手作りにこだわる理由は何なのでしょうか。

では、「サンデーモーニング」の手書き解説のこだわりがヤバい!について一つづつ見ていきましょう。

サンモニ 手書き解説 こだわりがヤバい!

TBS 系の報道番組「サンデーモーニング」ではニュースを深堀りする手作りフリップ解説などが人気を高めています。

このデジタル社会の中でなぜそこまで手作りにこだわるのでしょうか。

まずは、「サンデーモーニング」の手書き解説のこだわりについて報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

1987年10月より長きにわたり愛される報道番組『サンデーモーニング』(TBS系)。政治・経済・国際・社会の硬派なニュースを中心に取り上げる同番組の名物の1つが、アナログ感あふれる模型でニュースを深掘りする手作りフリップ解説。温かみのある手づくりフリップは、2006年8月より起用されてきた。フルCGのデジタル時代にあえて手作りにこだわる理由や、生放送だからゆえの失敗談、視聴者の反響について、番組プロデューサーでTBSの金富隆氏に話を聞いた。 

◆専門家を入れず現場スタッフがフリップを制作 ニュースを深く理解し自分の言葉で伝える

──今や『サンデーモーニング』の名物となっている“手作りフリップ”はいつから採用しているのですか?

【金富】 一番初めは記録をひもとくと…2006年8月27日の放送、「『太陽系の惑星』とされてきた冥王星が、『準惑星』に“格下げ”された」というニュースを取り上げた時で、約14年前からですね。これまで手作りフリップで取り上げた項目、解説した女性サブキャスター、制作したスタッフの名前はすべてノートに記録しています。ただ1放送回につき1行くらいの記録で済んでしまうので、なかなかノートが終わりません。10年以上使っているので、ノートもすっかりボロボロです(笑)。

──さまざまな仕掛けが凝らされたあのフリップは、いつどなたが作っているのですか?

【金富】 解説を担当するサブキャスターとディレクターに加えて、アシスタントディレクターが2~3人、学生アルバイトが2人の6~7人で作っています。専門の美術スタッフは一切入れず、自分たちだけで作ります。制作スケジュールとしては、まず金曜日に取り上げるニュースを決める会議があり、その夜に試作品を作ります。主な材料はダンボールや発泡スチロール、テグスなど。足りない材料があったら、DIYショップに買いに行きます。作業は深夜までかかり…本当に手作りなんです。

「サンデーモーニング」のフリップは全て手作りになっていて、なんとキャスターやディレクターもそのフリップ作りに参加しているようですね!

みんなで協力し合って一つのフリップを作っているところには本当に感動しました。

サンデーモーニング 2020年2月9日 LIVEHD

サンモニ 手書き解説 こだわりがヤバい!手作りフリップが素敵!

「サンデーモーニング」では手作りのフリップを サブキャスターとディレクターとアシスタントディレクター2、3人と学生のアルバイト二人の合計6から7人ぐらいで作っているようですね。

サブキャスターまで手作りで参加してることには少し驚きました。それだけ愛情を込めて作っている手作りフリップ素敵ですね。

「サンデーモーニング」の手作りフリップはこちらになります。 

サンモニの手書き解説のこだわりに世間の反応は?

さらに、「サンデーモーニング」の手書き解説のこだわりについてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

  • 情報弱者の老人をターゲットにした番組だし、そういった人たちには手書きの方がウケがいいんでしょう
    プロデューサーの名前見てやっぱりな、と思いました
  • CMも相続がどうの、資産がどうの・・・とそんなのが多くて、余裕のある高齢者が対象の番組なのでしょうか?
  • ?そもそも左に寄りすぎな、
    あとメンバーが、仲良しこよしもどうかと思うよ。意見が対立しているとこみたことないけど
  • 老人に迎合した番組。
    出演させている女性陣の衣装やメガネ姿など
    いかにも老人男性が好きそう。
    吐き気がする。
    番組終わって欲しい
  • 私も老人ですが 日曜日の朝から方向性がおかしい老人の不満垂れ流し番組は観たくないです。
    その前の加藤さんの がっちりマンデー は好きで良く見ますが終わると即座にチャンネルを変えます。
  • は見ていたが今は全く見なくなった。
    左論調が強すぎて、複数のゲストが全く同じコメントを繰り返す。
    右寄りのコメントはご法度。左右バランスの取れたコメントも絶対ないくつ、ゲストは一人で事足りる番組だ。
  • 分かりやすく温もりのあるようにフリップを使用するのは、「視聴者に印象操作をするため」が目的なのだと思う。若者は騙されないが、高齢者は信じてしまうという魂胆が見え見えで気持ち悪い。
    このような番組が増えているのがメディアの凋落を物語っている。
  • 微妙な番組。青木なんとかと言う人のコメント・解説はとても聞いてられないし三桂って事務所絡みの出演者枠も見ていて何か不快。全力で中韓推し+擁護をしている意味が理解できない。
  • 山中陽菜、2.9に初めて出たが、可愛いですね。しかし4回以上噛んでて聞くに耐えなかった。関口さんが「頑張りました」とフォローしたが、なんだそりゃ?となった。慶應在学中にセントフォースに所属して実績を積んで、キー局への内定獲得を、駄目でもフリーで、などと考えているのかもしれないが、この噛み方はヤバい。可愛いだけで、生が通常のニュースだと、焦っての噛み噛みで番組をぶち壊す可能性が高い。ディレクターは怖くて使えないだろう。可愛いから努力してテクを上げていく雰囲気はなさそうだし。顔は普通でもストレスなくアナウンスしてくれる方がいい。

終わりに

今回は、「サンデーモーニング」の手書き解説のこだわりについての内容や世間の反応をお伝えしました。

「サンデーモーニング」ではサブキャスターやディレクターさんとかアルバイトの学生さんなども含めてみんなで手作りで手書きのフリップを作っていることがわかりました。とても素敵な番組ですね。今後も注目していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民