小2アイデア 迷惑駐輪減少を調査!大阪府豊中市の天才少年とは?

社会

小2アイデアの迷惑駐輪減少が話題となっています。

町にあふれる自転車の迷惑駐輪を撃退しようと考え出された大阪府豊中市の対策が登場しました。

そのアイデアを出したのがなんと小学2年生なんです。

では、小2アイデアの迷惑駐輪減少について一つづつ見ていきましょう。

小2アイデア 迷惑駐輪減少を調査!大阪府豊中市の天才少年とは?

街中に溢れかえっている自転車の迷惑駐輪行為を撃退したそのアイデアを出したのは何と!?

小学2年生だったんだようです。

いったいどのようなアイディアなのでしょうか?そしてそのアイデアを出した小学2年生はどういった方なのでしょうか。 

まずは、小2アイデアの迷惑駐輪減少について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

大阪府豊中市の小学2年・本多優人くん(8)。

迷惑駐輪をなくすための優人くんのアイデアが、こちら!

カンテレ「報道ランナー」 

「花壇ときれいな花」…?

ではなく、これは地面に書かれたトリックアート!

カンテレ「報道ランナー」 

目の錯覚を利用して絵が立体的に見える仕掛けです。

――Q:花の絵にしようと思ったのはなぜ?

カンテレ「報道ランナー」 

【本多優人くん】

「きれいなものの上に、物を置く人はいないから、絵にしました!」

小学生対象の「シカケコンテスト」

こちらの歩道は、大阪府豊中市の千里中央駅と直結している商業施設のそばにあり、電車を利用する人や買い物客の迷惑駐輪が非常に多い場所でした。

 

【豊中市都市計画推進部・松木悟さん】

「ベビーカーが通りにくかったり、車いすの方から『通りにくい』というお声もあり。定期的に警告のチラシを貼ったり、ひどい時は撤去・保管作業をしていますけれど、なかなか減らず豊中市も苦慮していたところです」

カンテレ「報道ランナー」 

この課題を何とかしようと、豊中市と商業施設(イオンSENRITO専門館)、そして大阪大学(仕掛学・松村真宏教授)がタッグを組み、小学生を対象に「シカケコンテスト」と題してアイデアを募集。

優人くんのアイデアが選ばれ、実用化に向けて1月から社会実験が行われているのです。

カンテレ「報道ランナー」 

近くの会社に勤務し、よくこの歩道を通るという人たちは…

大人も関心 2割ほどの削減効果も

【近くの会社に勤務する人】

「最近減ってますよね、自転車。何があったんかなって思うくらい!」

「すごいですね。なかなか大人じゃ思いつかない」

ちなみに優人くん、本物の花壇でなくなぜ絵にしたのでしょうか?

【本多優人くん】

「花壇だと道が狭くなったりして、お世話も大変だから」

カンテレ「報道ランナー」 

豊中市によると、以前は平均して50台以上あった迷惑駐輪が、実験を始めてから2割ほど減っていて、少しずつ効果が出ているということです。

カンテレ「報道ランナー」2020年2月10日放送より

これは驚きのアイデアですね!!

大人では思いつかない斬新なアイデア。本物の花壇だと思いきやトリックアートだったなんて。

素晴らしいアイデアですね、恐るべし小学2年生!!

小2アイデアの迷惑駐輪減少に世間の反応は?

さらに、小2アイデアの迷惑駐輪減少についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

  • 平和だなぁ、いいなぁ、こういうの。
    禁止禁止よりこういうので対策できるといいなぁ。
  • 小学生の目線で、問題解決へ向けたアイデアが素晴らしいですね。
    それでも迷惑駐輪する大人の気がしれませんね。
  • 鳥居の絵を描くと立ち小便が減るってのと同じ効果だね法律が許すのであれば
    「ここに停めてある自転車はご自由にお持ち帰りください」
    なんかも効果ありそうだけど問題も起きそうかな
  • 小学二年生で道路の狭さと手間暇の先を考えられるのがまず凄いと思う。
  • キレイなものの上に物を置く人はいない…言われてみればなるほどってなるけど絶対思いつかないな。
    下手な大人集まるよりよっぽど子供に集まってもらい意見交換する方が良いんだろうな、考えるだけじゃなくて行動に移せる人尊敬だ。
  • キレイなものの上に物を置く人はいない…言われてみればなるほどってなるけど絶対思いつかないな。
    下手な大人集まるよりよっぽど子供に集まってもらい意見交換する方が良いんだろうな、考えるだけじゃなくて行動に移せる人尊敬だ。
  • いいですね。
    ただコメントで、このアイデアに対する大人目線からの課題感など、ともすれば後ろ向きとも取れるコメントが散見されるのはなんか残念です。
    提起されてるのはたしかにその通りだと思うものも多いんだけど、ここでそれは言わなくてもいいんじゃないかなあ。子供の素直なアイデアで、大人が頭を悩ませていたことが改善されたのは事実ですよね。
  • 確かに思い付かないね。
    風情も情緒なく、ただただ『駐輪禁止』なんて立て看板おくよりも、よっぽど効果ありそう。
    そのトリック花壇があるってだけでも注目されるところに平気で駐輪するのも思いっきり気が引けるだろうしね。
  • 素晴らしい!この気持ちを忘れない大人に育ってほしいな。
    それに引きかえ、迷惑駐輪(駐車)をやめない大人達ときたら…。
    小2の子供が人の為になる発想をしてるのに、迷惑駐輪をやめない大人達はやれ「めんどくさい」だの「目的地の近くに駐輪場ないのが悪い(迷惑駐輪の対策をしてほしくて問い合わせた先で実際言われた言葉)」だの、自分さえ良ければいいなんて恥ずかしくないのかね。
    うちの近所の迷惑駐輪されてる場所も、これ敷きつめて描いてくれないかな。
  • 小学生のアイデアに大人たちが賛同して実現させて更にそれにより効果が見える形で現れる。みんな嬉しいでしょうね。そもそも、駅前の開発を行うときに、駐輪場の設置方に問題があったんじゃないのかな?行政なのか、地域なのか。もう少し考えれば違法駐輪問題って起きないんじゃないのかなぁ。もう何十年も前からあることでしょ?

終わりに

今回は、小2アイデアの迷惑駐輪減少についての内容や世間の反応をお伝えしました。

小学2年生が考えた迷惑駐輪撃退に大きく貢献したトリックアート。

これは大人には思いつかない斬新なアイディアだと思いました。 このアイディアにより今後も迷惑駐輪行為が減少していくことに期待したいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。