さかなクン 異例はなぜ認められた?ハコフグ帽子を被る理由は?

芸能

さかなクンの国会での帽子着用が認められ異例の事態に世間では話題となっています。

魚類学者でタレントのさかなクンが、参議院国際経済外交に関する調査会で参考人として意見陳述することが分かりました。

その中で国会の規則では帽子の着用は認められてないところ、彼に限っては帽子の着用を特例で認められたということで話題になってるようなんです。

一体なぜなのでしょうか。では、さかなクンの異例について一つづつ見ていきましょう。

さかなクン 異例はなぜ認められた?

さかなクンといえば魚の帽子がトレードマークですよね。

魚博士として有名ですし、基本的にテレビに映る時などは常に魚の帽子をかぶっているイメージが強いです。ですが、国会では基本的に帽子の着用は禁止されているそうです。

ですが、例外として今回さかなクンの帽子が認められたということのようですね。

まずは、さかなクンの異例について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

国会の規則では、基本的に帽子の着用は禁止されている。

「参議院規則」第209条によれば、

〈議場又は委員会議室に入る者は、帽子、外とう、襟巻、傘、つえの類を着用し又は携帯してはならない。ただし、国会議員及び国会議員以外の出席者にあつては議長に届け出て、これら以外の者にあつては議長の許可を得て、歩行補助のためつえを携帯することができる〉

「衆議院規則」も同様で、第213条によれば、

〈議場に入る者は、帽子、外とう、えり巻、かさ、つえの類を着用又は携帯してはならない。但し、病気その他の理由によって議長の許可を得たときは、この限りではない。〉

 国会での帽子着用については、1991年11月、社会党の長谷百合子衆院議員がベレー帽を被ったまま国会議場に登院し、問題になったことがあった。

「長谷議員は、ベレー帽をトレードマークにしていたので、規則違反に問われても、86年5月に訪日したイギリスのダイアナ妃が国会を訪問し、帽子を被ったまま議場で演説した例をあげて反論しました。ところが、衆議院議員運営委員会は、ダイアナ妃は国賓であり、式典での着用であるため前例にはならないとして彼女の主張を退けたのです。もっとも、一部の女性議員から、女性議員増加を快く思っていない男性議員の執拗な攻撃だと擁護する声もあがりました。ただ、土井たか子元委員長が帽子着用には冷淡な態度を示したため、結局、ベレー帽を脱ぐことになったのです」(大手新聞の政治部デスク)

 では、なぜさかなクンは認められたのか。彼が意見陳述するのは、昨年10月にスタートした参議院国際経済・外交に関する調査会。全体のテーマは、「海を通じて世界と共に生きる日本」である。

さかなクン ハコフグ帽子を被る理由は?

さかなクンが国会で帽子をかぶることが許されたのは異例のことのようです。

それと、そもそもさかなクンがハコフグ帽子をかぶる理由なども気になりますよね。

それには理由がありそうです。そのあたりについて詳しく見ていきましょう。 

品位、礼節に欠かない

「12日の調査会では、『水産資源の管理と保護について』という小テーマで意見を述べていただくことになっています。さかなクンの他に、漁業ジャーナリストの片野歩氏、東京財団政策研究所の小松正之上席研究員にも参加をお願いしています。いずれも、水産資源の有識者です。さかなクンが参考人として選ばれたのは、この分野で広報活動を精力的に行っているからです。大学でも教鞭を執り、政府や国連でも活躍されています。どういう話をなさるのか、こちらからは何も指示は出しておりません。現在、さんまの漁獲量が減少していますので、その辺の話をされるのかもしれません」(参議院事務局)

 東京海洋大学名誉博士、東京海洋大学客員准教授という肩書を持つさかなクンは、中学3年生の時、学校で飼育していたカブトガニの人工孵化に成功。高校3年の時、バラエティ番組「TVチャンピオン」(テレビ東京系)の「第3回全国魚通選手権」で準優勝、以後同番組で5連覇を達成した。この時、番組のMCを務めた中村有志氏が「さかなクン」という芸名をつけた。2010年、絶滅種とされていたクニマスが西湖で生息していることを発見して話題となったこともある。12年には、海に関する研究や啓蒙活動に貢献した「海洋立国推進功労者」として内閣総理大臣賞を受賞した。

 そもそも彼が、ハコフグ帽子を被るようになったのは、2001年4月。「どうぶつ奇想天外!」(TBS系)に出演し、伊豆の海に潜る際に被ったのが最初だった。以後、どんな席でも被るようになった。ハコフグ帽子は、冬用、夏用(メッシュ加工)、水中用、教壇用(大学の校章入り)、クロマキー用(映像合成)と複数あって、被り分けているようだ。09年10月に開催された日本魚類学会の研究発表会で、現上皇陛下が出席された時でも、ハコフグ帽子を被っていた。

 ハコフグ帽子着用は、彼のたっての希望だったのか。

「参考人として調査会に参加するにあたって、さかなクンから、『通常の服装でよろしいでしょうか?』と要望がありました。それを受けて、2月5日、調査会の前に行われた理事会で、自民党の鶴保庸介会長が、『国会の規則では、帽子は、品位、礼節を欠いた服装ということになっています。ただ、さかなクンの帽子は、品位、礼節に欠いたものにはならないと思っています。ご本人からも、通常の服装で出席したいという意向がありました。彼の帽子を認めてもよろしいでしょうか?』と各会派に聞くと、みなさん賛成でした」(同)

 12日の調査会は、午後1時から、参議院の第22委員会室で開かれる。参考人の意見陳述は1人あたり20分。その後、議員との質疑応答が2時間行われるという。

そもそも帽子をかぶっていけない理由というのは礼儀や品位にかくからのようです。

ですが、さかなクンの帽子は礼儀や品位にかくことはないと判断したということですね。

確かにハコフグの帽子は可愛いですけども礼儀があり品にかくことはないようですね。

「さかなクンのお魚図鑑~マダイ編~」

さかなクンのサックスがカッコいい!世間の反応も!

さかなクンと言えばサックスの演奏もめちゃめちゃカッコいいですよね。

さかなクンが格好いい!スカパラに期間限定加入! 「キリン氷結」WEBムービー #Masayuki Miyazawa #WEB movie
さかなクンがサックス生披露

さらに、さかなクンの異例についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

  • 「さかなクンの帽子は、品位、礼節に欠いたものにはならない」という言葉に、さかなくんに対する尊敬の念を感じる。こういうのは、いいね。
  • >彼の帽子を認めてもよろしいでしょうか?』と各会派に聞くと、みなさん賛成でした」(同)不覚にもほっこり
  • さかなクンの場合は、あれが正装って解釈なんでしょう。職業「さかなクン」ってことよね。
  • そりゃあ、さかなクンさんの本体というか、下の人間部分と分けることの出来ない一体のものだよなぁ。それを国会がきちんと評価するというのは、意外と国会が柔軟なのか、さかなクンさんがそれだけ積み上げてきたものがあるのか。後者だな。
  • 以前、どなたかのコメントで、
    魚の事しか勉強しないさかな君だったけれど、お母さんは、それでもいいと、叱ったりせず好きなことを思いっきりさせてあげた…のような記事をみました。
    さかな君もすごいけど、お母さんもすごいなと思いました。それくらいおおらかでいたいけれど、宿題してないだけで、切れそうになるので、時々子どもがかわいそうになります。
  • 彼は決しておチャラけた芸能人かぶれで無い事は
    周知の事実だし
    実際数々の功績を挙げているし
    あまり細かい事に終始せずに受け入れてくれた
    議員は大人だと思う・・・・この件に関してだけはw
    ただ、いったい何人くらいの議員さんが
    彼の話を理解できるんでしょうかね?
  • さかなクンのように、何か得意な知識や技術を持つ人を伸ばしてあげられる環境を国全体で考えたら、日本はまだまだ発展するとおもう。
  • 意外なところで柔軟な判断したんだな
    といっても仮にさかなクンが議員になったとすれば認められないだろうけど
    今回は有識者としてお招きしたから配慮したんだろうね
  • 5連覇ってすごいな
    さかなクンの知識量はえげつないが解説はとても分かりやすいさかなクンの手料理を食べてみたい
  • さかなクン自身も気にして伺いを立てていて、みんなが賛成したのならいいですよね。しかし、議場に入る議員さんにも細かい規則があるんですね。知らなかったです。帽子を被って議場に入ろうとした女性議員のことは、何となくニュースで見た覚えがありますが、悪いとかではなくて、ちょっと場違いな感じなのかなとは思います。議場から外に出れば全然構わないとは思いますけどね。

終わりに

今回は、さかなクンの異例についての内容や世間の反応をお伝えしました。

さかなクンの帽子が国会で被って良いという異例の自体に少し驚きましたが、礼儀や品いうをかくものではないということで納得ですね。 さかなクンの帽子は笑いを取るためにかぶっているものではないですし、 とても品があって素敵ですよね。

今後もさかなクンに注目していきたいと思います。 それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民