仮面ライダー2号 現在は?居酒屋バッタもんの場所は大山のどこ?

仮面ライダー2号の現在が話題となっています。

仮面ライダー2号を演じたcですが、現在は何をしているのでしょうか。

あー疲れてきたでは、仮面ライダー2号の現在について一つづつ見ていきましょう。

仮面ライダー2号 現在は?

仮面ライダー2号の初登場&変身シーン

一文字隼人こと仮面ライダー2号を演じたのは佐々木剛さん。

佐々木剛さんですが現在は何をしているのでしょうか。

まずは、仮面ライダー2号の現在について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

両手を右に水平に伸ばし、弧を描くように頭上に掲げ、力を込めて引き下ろす。1971年、“真似ない子供はいない”と言われたほど社会現象となった、一文字隼人こと仮面ライダ疲れてきた2号の「変身ポーズ」である。演じたのは、佐々木剛(72)だ。あれから半世紀……。彼は現在、居酒屋を営んでいるという。東京・板橋区にある店で、ご本人から話を聞いた。

佐々木剛さんは、現在居酒屋を営んでいるようですね。どんな状況なのかすごく気になるところです。

居酒屋バッタもんの場所は大山のどこ?

仮面ライダー2号を演じた佐々木剛さんの現在は、居酒屋を営んでることがわかりました。 どんなお店か非常に気になりますね。

そのあたりについてもう少し詳しく見ていきましょう。

東武東上線の大山駅から、商店街を8分ほど歩くとその店はあった。居酒屋『バッタもん』。仮面ライダーはバッタと同じ能力を持つことからこの名前になったという。看板は店主のイラストが描かれ、佐々木剛の店とある。コアなファンでない限り、ここが仮面ライダー2号の店とはわからないだろう。地下1階にある店の中に入ると、仮面ライダー2号のグッズや原画、色紙などが所狭しと飾られていた。

「今年の2月2日、つまり令和2年2月2日に、熊本の『アニメ特撮BAR G』で仮面ライダー2号のイベントがありました。100人ほどファンが集まって、トークショーとサイン会。後はカラオケ大会になりました。熊本のファンは熱くてね、終電の時間を超えても、みな最後まで残っていました」

と、佐々木さんが語る。時々見せる鋭い目つき以外は、一文字隼人を演じていた時の面影はない。

「この店は地下にあって、入り口が分かりづらい。これまで流行った店は一件もなかったそうですが、2の続く2月22日もファンから予約が入っています」

店のオープンは、2012年5月。なぜ大山に?

「4年前に再婚した妻の家が近くにあったからです。ここから歩いて行けるからね。彼女とは20年前から、時代劇中心の劇団『ロストキッズ』で共演していました。居酒屋を始めたのは、自分の作った料理をお客さんに食べてもらって、ゆっくり話ができる場所を作りたかったからです」

店は夫婦で切り盛りしているという。メニューを見ると、バッタもんらっきょ400円、だしまきたまご500円、牛肉エリンギ巻500円、辛肉豆腐700円、レバニラ炒め600円、ピッツア600円、ヤキソバ600円……。いずれもお手頃なお値段である。

「らっきょは、カレーに添えるものではなく、酒のアテになるようにと、10年くらいかけて作った自信作です。店でよく出るのは、だしまきたまご、レバニラ炒め、ヤキソバ、牛肉エリンギ巻などですね」

現在は、東京の板橋区大山にバッタもんという居酒屋さんをオープンさせて奥様と一緒に営んでいることがわかりました。

値段もすごくお安く良心的でなんだか温かい雰囲気のお店ですよね。一度行ってみたいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

仮面ライダー2号の現在に世間の反応は?

さらに、仮面ライダー2号の現在についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

  • 藤岡弘と一緒にもう一度映画を作ってほしい。仮面ライダーは肉弾戦だ。武器なんか使わないで敵を倒すところを今の仮面ライダーに教えてあげてほしい。
  • 私が小学校入学前に夢中になった「仮面ライダー」、1号の藤岡さん、2号の佐々木さん、V3の宮内さん、お三方皆さんがすでに70歳を過ぎていらっしゃること、時の流れを感じずにはいられません。皆さんのカッコいいお姿、今もよく覚えております。どうか、いつまでもお元気でいてくださることを心より祈念いたします。
  • 初期シリーズを改めて見て、一文字隼人の魅力を再確認しました。藤岡さんの怪奇路線を良くも悪くも方向転換してしまった佐々木さんの親しみ安いキャラクターに、子供ごころに夢中になっていたのだなあ、と。
  • 藤岡弘さんは、よくテレビ等でお聞きしますが、佐々木さんの話はほとんど出てきませんでした。現在の様子が解って嬉しいです。
  • 佐々木さんの仮面ライダーはよく、覚えている。命綱などは着けずに危険なアクションをこなしていたとは、大変な驚きであったが、時代を考えると仕方ない気もする。しかし、火事で俳優業を諦めた後、様々な仕事に就いて、生きてきたことに敬意を表したい。
  • 最近のマスコミが1号ライダーの藤岡さんばかりにスポットを当てることは如何なものかと思っていた。仮面ライダーの原点はあくまでダブルライダーにある。
    ざっと重要エピソードを見ただけでもわかるでしょうに。
    特に変身ポーズ、ドレミの自転車、光る回るのライダーベルトやライダーカードそれに関東での視聴率30%等一大センセーションを巻き起こしたのだ。あの頃ライダーは文化そのものだった。
  • 仮面ライダー、初期シリーズの方が好き
    変身ポーズが始まったのも佐々木さん演じる一文字隼人からだよね
    初期の藤岡さんの本郷猛の時はベルトに風圧を受けて変身するものだった。その後の藤岡さん復帰シリーズからは変身ポーズが入ったからね
    変身ベルトの玩具が出たのもライダー2号の時だった。
    玩具でも高価で買って貰えなくて近所の子で持ってる子のベルトを指くわえて見てたなぁ
    着けさせてくれるかもって淡い期待して仮面ライダーごっこでショッカーの怪人役ばっかりやってたなぁ、期待は露の如く消えたけど(笑)
    佐々木さん、お歳を召されましたがご健在で何よりです!
  • 1号ライダーの藤岡弘さんが、撮影中のバイク事故で重傷を負った時に、2号ライダーとして登場して、仮面ライダーの人気を不動のものにした功績は素晴らしいです!
    佐々木さんが、変身ポーズを編み出したのは、紛れも無い事実。
    また、今に至るまでの、2号ライダーの先駆者でもあります。
    色々な面で、仮面ライダーの基礎を作り上げた佐々木は、藤岡さんと並びレジェンドだと思いますよ。
  • ライダーキックは無理でしたが地獄車は良くヤッテました。変身ポーズは二号ライダーが好きでお菓子に付いてきたカードも沢山集めて友達と見せあったり交換したりして,とても楽しい時代でした。
  • 同感です。今は視聴率を稼ぐために母親の方を抱き込みまずイケメンを起用する。演技は稚出なものでお遊戯を見てる様で全く心に響かない。ヒーローものも過去の仮面ライダーやウルトラマンにいまだにしがみ付き新しいものを出すだけの能力がないから出せない。制作側がこんなんだから受けるのはイケメン見たさの一部の人間だけだと思う。泣かず飛ばずの視聴率が物語っている。

終わりに

今回は、仮面ライダー2号の現在についての内容や世間の反応をお伝えしました。

仮面ライダー2号を演じた佐々木剛さんは現在東京板橋区でバッタもんという居酒屋さんを営んでいることがわかりました。

夫婦でやっているこのお店はすごく良心的なお値段でメニューもすごく美味しそうです。一度行ってみたいですね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。