ドリカム中村 報道否定の内容は?森星ドリカムツアー出禁報道とは?

ドリカム中村さんの報道否定が注目されています。

人気音楽ユニットの「DREAMS COME TRUE」の中村正人さんが自身のブログで、一部週刊誌で報じられているモデルの森星さんのドリカムツアー出禁報道について「事実ではありません」と否定したことが報じられています。

では、ドリカム中村さんの報道否定について一つづつ見ていきましょう。

ドリカム中村 報道否定の内容は?

報道によれば、ドリカムの中村正人さんが一部週刊誌で報じられているモデルの森星さんのドリカムツアーの出禁報道について自身のブログで事実ではないと否定していることがわかりました。

まずは、ドリカム中村さんの報道否定について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

人気ユニット「DREAMS COME TRUE」の中村正人(61)が13日、自身のブログを更新。一部週刊誌で報じられているモデル・森星(27)のドリカムツアー“出禁”について「事実ではありません」と否定した。

 記事ではライブ終わりに森と男性があいさつに行った際に、その男性が騒いだことがきっかけで森が“出禁処分”になったと報じている。しかし、中村側がマネジメント調査した結果、「事の根拠となる内容の発言をした『レコード会社関係者』と『イベント運営スタッフ』の存在は確認できませんでした」「ライヴ終了後、本人楽屋から遠く離れた関係者控室にご挨拶に行ったのは中村だけで、その時点で記事のようなことはありませんでした」と記事を否定。掲載の経緯に至ったことに「その状況に責任あるものとして申し訳なく思います」と記した。

 さらに、記事が事実と異なっていることに「この記事に対してSNSでリアクションされた皆様、取り上げたWEB NEWS関係者様には、事実ではないことをご理解して頂いた上、速やかに内容の修正、削除をお願いいたします」と呼びかけ「このことにより、森星様を傷つけ、ご迷惑をおかけしてしまったことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

引用:スポーツ報知

ドリカムの中村さんのコメントによるとモデルの森星さんのドリカムツアーの出禁報道は「事実ではありません」とはっきりと否定しています。

調べてみたところそんな事実はなかったということのようです。では報道されたモデルの森星さんのドリカムツアー出禁報道についても見ていきましょう。

森星のドリカムツアー出禁報道とは?

次にドリカムの中村さんが報道否定している森星さんのドリカムツアーの出禁報道についても見ていきましょう。

こちらの報じられた記事の内容になります。

 森泉の妹で、モデルとして女性誌やCMでも活躍する森星(27)。ファッションデザイナー・森英恵を祖母に持つセレブでもある彼女が、ある“悲劇”に巻き込まれていたという。

「星ちゃん、今回の件では、かなり凹んでましたね。大好きな“超大物”を怒らせてしまいましたからね……」

 そうレコード会社関係者は眉をひそめて言うのだが、その“超大物”っていったい誰?

「ドリカムの吉田美和さんと中村正人さんです」(前出・レコード会社関係者)

憧れのドリカムでツレが大暴走

 もともと、「ドリカムの大ファン」を公言している森。’15年にはドリカムのアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』のCMにも出演していたほど。’19年に開催されたドリカムの全国ツアーも、

「星ちゃんは“どうしても行きたい”と、レコード会社の知り合いに頼み込んでチケットを手配してもらったそう。すごく喜んで、大親友の男性を1人誘ってライブに行ったんです」(前出・レコード会社関係者)

 ところが! 事件はそのライブで起きていた。

「ライブ終わりに、その連れの男性と一緒にドリカムへ挨拶に行ったんですが、その男性がドリカムのいる楽屋の前で大声で騒いだり歌いだしたり。あげくに、あろうことか楽屋前の通路で、持ち込んだスケボーを乗り回し始めちゃったんです!」(イベント運営スタッフ)

もはや“宇宙人”な大親友

 大先輩らの目の前で傍若無人な振る舞いをした“大親友の男性”とは、話題の超新星アーティスト・YOSHI。雑誌『AERA』の表紙に抜擢されたり、『カロリーメイト』のCMにも出演するなど大注目の若手で、森とはインスタグラムで一緒にコスプレ姿を披露するほどの仲だ。

「香港人の父と日本人の母を持つハーフの16歳。13歳ごろから世界的な超一流ブランドのファッションイベントに出演するなどモデルとして活動していて、’19年には俳優でもデビュー。映画『タロウのバカ』で菅田将暉さんや仲野太賀さんを向こうに回して、いきなり主演を張った逸材です」(テレビ局関係者)

 一方で、その“何様”っぷりもそうとう取りざたされていた。

「その主演映画の会見では、年上で先輩でもある菅田さんや太賀さんだけでなく監督にまで“タメ口”。“主演のYOSHIでぇぇす! イエェェェイ!”と叫んで、取材陣一同を“……あの子、宇宙人?”とア然とさせました」(前出・テレビ局関係者)

 昨年末、『行列ができる法律相談所』(日本テレビ系)に出演したときも、

「初対面の明石家さんまさんを“さんちゃん”呼ばわりして、お尻に“カンチョー”してましたからね。オンエア後、視聴者から“生意気”“礼儀知らず”という声がかなりあがりました。まぁ、それでも相手を怒らせないというのが、彼の不思議な魅力なんでしょうけどねぇ(苦笑)」(別のテレビ局関係者)

 だが、ドリカムはそうはいかなかった。

「アーティストですからライブ終わりでもピリピリしていることがありますからね。たまりかねたスタッフが楽屋から飛び出してきて、カミナリを落としました。そりゃそうですよ、厚意で呼んでもらっておいて楽屋前でスケボーですからね。

 結局“あんな非常識なヤツを連れてきたのは誰だ!?”とこっぴどく怒られたのは星ちゃん。彼女は“今後ドリカムのライブには出禁”と言い渡されてしまったそうです。完全に貧乏くじを引かされましたね……」(前出・イベント運営スタッフ)

 ちなみに、大ファンのはずなのに“ドリカムのライブへ行った”という投稿は森のインスタには上がっていない。そりゃ上げられないか。

引用:週刊女性PRIME

この報道につてはこちらの記事でもまとめています。

ドリカム中村さんの報道否定に世間の反応は?

さらに、ドリカム中村さんの報道否定についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

なんでドリカム側が謝罪に追い込まれてんだ?
それに森星が直接悪さしたわけでもなさそうだし。
やったとされる輩はどこいった?

森星さん…取り合えず、あなたが起こしたことではないのなら気に病まなくてもいいと思います

ただ…騒いだのが本当であれば…その張本人は謝罪する必要があるんじゃないの?

これも、事実ではないということなのかね?

元々の記事だと中村さんと吉田さんが怒ったってことになってるけど、中村さん本人が怒ってない、事実ではありませんって必死で言ってるんだから、そういうことでもういいんじゃないの?いろいろ面倒くさいから早く火消ししたいんでしょ。

「事実ではありません」という公表はした方がいいと思いますが、謝罪は不要だと思います。
謝罪するならば、週刊女性PRIMEじゃないの?
ドリカム側は何にも悪くないでしょう。
勝手に名前を使われただけ。

ドリカムが直々に謝罪するとか
森星のバックってそんなに怖いの
ばーちゃんがすごいだけだと思うけど

謝罪という形をとってはいるけど、事実ではないということをしっかり伝えるところが毅然としてて良いですね

週刊誌は人を貶めるような記事を書くなら 記名制にしてほしい。
いもしない関係者とかやらの話を載せるのは卑怯。

中村さんも関係無いと言えば関係ないのに何で謝罪しなきゃいけないんですかね。
事実で無ければ、火のない所に煙をたてた方々が謝罪するべきかと…

大親友は別として、森さんはキャラ・性格は騒いだり好きかも知らないけど、ちゃんとした場所ではしっかりしてそうですし。

終わりに

今回は、ドリカム中村さんの報道否定についての内容や世間の反応をお伝えしました。

どうやら報道されたモデルの森星さんのドリカムツアー出禁報道はデマだったことが判明しました。

中村さんの報道否定によって森星さんの出禁報道がデマだったことが判明し安心しましたね。

ドリカム好きのファンがライブツアーを出禁になったら本当にかわいそうですし、良かったです。中村さんの対応が素晴らしいですね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。