槇原敬之 代償を調査! SNS(インスタ)に投稿された内容はこちら!

槇原敬之さんの代償が話題となっています。

デビュー30周年という記念すべき節目を迎える槇原敬之さんですが台無しになってしまったと報じられているようです。

今年はベストアルバムをリリースする予定だったり全国ツアーなども控えていたようですね。

槇原敬之さんにいったい何があったのでしょうか。 そして今回の件でどのような代償が待ってるのでしょうか。

では、槇原敬之さんの代償について一つづつ見ていきましょう。

槇原敬之 代償を調査!

槇原敬之容疑者 当時の自宅寝室から覚醒剤見つかる(20/02/14)

電撃的な槇原敬之さんの逮捕に世間もざわついている状況です。

過去にも同じようなことがあったようですが、なぜまた同じようなことを繰り返してしまったのでしょうか。

その代償は大きいものになりそうです。

まずは、槇原敬之さんの代償について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

◇槇原敬之容疑者 覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕

 槇原容疑者はデビュー30周年という記念すべき節目を自ら台無しにしてしまった。3月には他のアーティストへの提供楽曲をセルフカバーしたアルバムを、夏にはオールタイムベストアルバムをリリース予定だった。秋から冬にかけては全国ツアーも控えていた。起訴された場合、これらが白紙になるのは間違いない。

 その他にも与える影響は大きい。日本テレビ「ヒルナンデス!」やテレビ朝日「じゅん散歩」では槇原容疑者が作詞作曲した楽曲をテーマ曲に使用。両局ともに差し替えを検討しており、テレビ局関係者は「耳なじみのいい曲で視聴者にも好評だったのに…」とショックを隠せない様子だった。

 NHK総合「チコちゃんに叱られる!」では楽曲「大好きって意味だよ」を作詞作曲。同局は「放送予定に変更はない」とした。BS4Kでは「名曲アルバム『おぼろ月夜』」の再放送予定を変更。ゲスト参加を予定していた22日のフジテレビのイベントも出演取りやめは避けられない。

 1999年の初犯時には、ライブツアーの中止やレギュラー番組の打ち切り、CDの回収など対応に追われた。当時は違約金などで一時7億円もの借金を抱えたと報じられている。

 今回の損害規模について関係者は「アルバムはレコード会社を使わない自主制作。ライブツアーも自身が主催しているため、大きな損害は発生しない。賠償金額も初犯の時ほどにはならないだろう」と指摘する。ただ更生を信じて槇原容疑者と仕事をしてきた人たちを裏切ったことは紛れもない事実。2度目の逮捕の代償は計り知れないものとなった。

槇原敬之さんはこれまで数々の名曲を世に生み出してきました。

その楽曲に感動し槇原敬之さんのファンになった方も多いと思います。そんな中このような事件が起きてしまい各テレビ局でも対応に追われているようです。

楽曲の差し替えやアルバムリリース全国ツアーなども中止になる可能性が高いようです。

槇原敬之  SNSに投稿された内容はこちら!

SNS のインスタグラムでは槇原敬之さんの写真を数日前に公開しているようです。

こちらはその投稿になります。

以前と比べると髭が濃くなったなあと思うぐらいで普段とあまり変わりない様子に感じられます。 普段から槇原敬之さんは優しそうな方なので何故このようになってしまったのか本当に悔やまれます。

ツイッターにも槇原敬之さんの今回の件で投稿されている方が目立ちました。

DJ社長も投稿しているようです。

槇原敬之さんの代償に世間の反応は?

さらに、槇原敬之さんの代償についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

この人は本当に更正したんだな。と思っていた。
楽曲も名曲ばかりで才能があるのに薬のせいで全て台無しになってしまう。
晩節を汚しても手を出してしまう、断ちきれないという怖さを本当に思い知らされます。
なんか、芸能界からも必ず毎年出てますね。
ファンの方々のお気持ちを思うと本当に残念。

前回逮捕が20年前といううことで、20歳代より若い世代は2回目だと知らない人も多いだろうね。
ただ、2回目なんで驚きより「またか」の印象の方が強いのも事実。

新しい曲も鋭意製作中だったんだね。是非聞きたかった。捕まったって聞いた時は本当に泣きそうになったわ。だけど、2度目という事を考えても、もう戻ってこない方が良いと思う。治療に専念した方がいい。もっと新しいあなたの曲を聴きたかったけど本当に残念すぎる。。

各局の朝の番組でこのニュースを流すのに、彼の曲を何曲も流してる事にとっても違和感を感じます。
特にZIPは酷かった。
宣伝費に換算したら一体いくらになるの?ってくらい流れています。
このような内容の報道はシンプルに伝えるだけでいいのでは?と思います。

犯罪者として生きて行くしか無いと思う。2度裏切ってしまったことの代償は大きい。彼は3度、4度目の逮捕もあり得る。快楽の為に使っていた様なので尚更やめることは難しい。脳に刷り込まれてしまっているから大変だね。才能があろうが無かろうが彼は終わってしまった。

同情はできないが、やっぱり芸能、音楽関係って仕事が異常なんだよ。耳目を集めるってプレッシャーが半端なことではないからね。何千何万人の前と用意したスタッフがいるなか失敗できない、当たり前だけど周囲から作られたイメージで見られるから個性なんて合ってないようなもの、おなじ職業仲間では大御所でもなんでも他所様は威光があるように見えてしまうので常に自分も気持ちを高めて輝いていないといけないとか、気持ちが繋げられないから手を出すんだよね。金回りも異常だし手に入りやすい業界でもあるんだろうね

終わりに

今回は、槇原敬之さんの代償についての内容や世間の反応をお伝えしました。

槇原敬之さんの今回の件で各メディアが対応に追われているようですね。やはり今回の件での代償は計り知れないものがありそうです。 槇原敬之さんに注目していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。