免許証写真 変更ルールを調査!免許証の写真がイヤでも変更OK?

社会

免許証写真の変更ルールが話題となっています。

どうやら2019年12月1日から免許証再交付の要件が大幅に変更されたことが理由のようです。

このことにより免許証の写真を変更することができるようになったようですが、どういった場合でも大丈夫なのでしょうか。

では、免許証写真の変更ルールについて一つづつ見ていきましょう。

免許証写真 変更ルールを調査!

まずは、免許証写真の変更ルールについて報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

道交法改正で可能となった「写りの悪い免許証写真の変更」とは

「免許証の写真が気にいらない」「身分証明書として何年間も同じ免許証を提示するのが苦痛」そのような人に朗報です。2019年12月1日から、免許証再交付の要件が大幅に緩和され、「免許証の写真がイヤ」という理由であっても(どんな理由でもOK)再交付の申請が認められるようになりました。

報じられた内容によれば、「写りの悪い免許証写真」や「写真が気に入らない」などの理由であっても再交付の申請が認められるようになったようです。

つまり免許証の写真写りが悪かったらもう一度、写真を撮り直すことができるということのようですね。

これは今まで免許証の写真になっとくが行かなかった人には朗報なのではないでしょうか。

免許証写真 変更ルールを調査!免許証の写真がイヤでも変更OK?

反則金3倍で一発免停も 「ながら運転」どこまで?

免許証の写真を変更することができるようになったということをあまり知らなかった方も多いと思います。

どうやら2019年の12月1日からの変更のようでつい最近のようですね。

これまでは免許証の更新の時にしか写真の変更はできないと思っていましたが今度は大丈夫ということなのでしょうね。

そのあたりについてもう少し詳しく見ていきましょう。

 ほとんどの場合、運転免許証は3年または5年で更新します。つまり、一度撮影した免許証の写真は、長ければ5年間という長期間使用することになります。

気に入った写真であれば何の問題もないのですが、免許証の写真が気に入らない人のなかには、「これを身分証明書として提示するたびにストレス」「できることなら写真を変えたい」と思っている人もいるかもしれません。

2018年に日産自動車が発表したアンケート結果によると、「じつは人に見せたくないと思っている写真」の第1位は「免許証の写真」(70.6%)でした。免許センターや警察署で撮影した写真はとくに評判が悪いようです。

それらの写真は、顔色が悪くても、不機嫌そうに見えても、顔が丸く写っていてもアプリで加工することなどもちろんできないので、免許証の写真は必然的に「人に見せたくない写真」になるのでしょう。

そんななか、前述のとおり2019年12月1日に免許証再交付の要件が大幅に緩和され、どんな理由であっても再交付の申請が認められるようになりました。

ちなみに、この日から同時に「運転中の携帯電話使用に関する罰則強化」もスタートしており、ニュースとしてはこちらの方が大きな扱いとなったため、免許証の写真については、あまりメディアに取り上げられることがなかったようです。

今回の改正については全国どの警察でもほぼ同様で、まとめると以下となります。

「紛失・汚損・破損の場合に限らず、 『記載事項変更の届出に伴い、裏面への記載ではなく、表面を新しい表記にしたい場合』『免許証の写真を変更したい場合』『免許の条件を変更した方で、裏面への記載ではなく、表面を新しい表記にしたい場合』などにも申請が可能となります。」

そして、この申請要件として例を挙げると、以下のとおりです。

・免許証に表示されている写真を変更しようとするとき(例:病気の回復等により容貌が変化した場合など。理由に制限はありません)

・住所、氏名等の免許証の記載事項変更の届出をしたとき

・免許に条件を付され、又はこれを変更されたとき(例:AT車限定を解除した場合など)

・免許証の備考欄(裏面)に免許に付された条件又は記載事項の変更に係る記載を受けているとき(例:すでに住所、氏名などを変更している場合など)

・公安委員会が相当と認めるとき(例:免許証の有効期間の末日について、西暦表示に変更を希望する場合、免許証の臓器提供の意思表示欄を変更する場合など)

さらに嬉しいことに、再交付の手数料もこれまでの3500円から2250円と1250円もの大幅値下げとなりました。
2019年12月1日よりいろんなことが大幅に変更になっていることがわかりました。

こういった免許証の写真を変更することができるようになったなどの情報はあまりニュースなどで取り上げられることはないので初めて知ったという方も多いと思います。

これまで免許の更新の時にしか写真を変更できなかったと思っていた方も多いと思うので、この機会に写真を変更するというのもいいのかもしれませんね。

免許証写真の変更ルールに世間の反応は?

さらに、免許証写真の変更ルールについてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

確かに免許証の写真は見せたく無いけど、その為だけに変えにいくのも面倒な話
免許証を作る時に写真の撮り直しをしてくれたら良いのに

毎回免許更新の際、即日発行ではなく、
後日郵送で受講しますので(優良一般関係なく)
現行の免許に有効期限のハンコを押されて
渡されるので、不所持にはならないと思いますが、都道府県の公安によって違うのかな?

即日発行ができない場合は免許証が手元にないので、免許証不携帯になる場合があるって??

それはないと思いますが??
私が知らないだけかもしれませんが、即日交付できなくて免許証不携帯になった経験のある方いますか?

運転免許証の写真よりも、卒業アルバムの写真を撮り直してほしかった。

なぜか白目を向いている瞬間に撮られて、それが載ってしまった。

それを見たときは卒業生全員のアルバム燃やしてやろうかと思いましたよ。

>「これを身分証明書として提示するたびにストレス」「できることなら写真を変えたい」と思っている人もいるかもしれません。
まさに自分がこれ。
撮影の時に職員がなかなかシャッターが押されず、まだかな…と思ったところ撮影されたらしく、瞬きの途中の写真でびっくり。
「これでいいのか?」というぐらいヤバい表情で、家族からは「生きる希望が全く感じられない顔w」と笑われました。
5年間、何度もこの免許証を提示しましたが、毎回イヤな気分になってました。
特別いい表情を選ぶ気はないですが、あまりにひどいのは変更できていいと思います。
今年の8月に更新なので即日行く予定です。

ゴールドなんで近所の警察署で免許更新。写真はどこかで撮影したものを持参なので、駅前とかに設置してある写真撮影自販機に入って撮っていくが、最近は撮り直しできる機種がほとんどで助かるー。

パスポートにしろ免許にしろ、いわゆるセンターでその場で撮られる写真はロクな仕上がりにならない。気にする人は持参が一番です。

昨年免許更新でした。
入院手術をして退院後すぐの更新だったので、顔が・・・
今と全然違ってます。
この顔で5年、携帯身分証明をしなくちゃいけないと思っていたのですが。
でも今回の緩和措置を聞いても、写真を撮り直しに行くのは、行くだけで大変なのでしばらく考えます。

終わりに

今回は、免許証写真の変更ルールについての内容や世間の反応をお伝えしました。

免許証写真の変更ができるようになったことがわかりましたね。

これまで免許の更新にしか写真を変更することはできないと思っていた方も多いと思うので、顔写真が気に食わなかった方にとっては朗報なのではないでしょうか。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民