アニメ業界 支障を調査!動画制作が危機的な現状がヤバい!

芸能

「アニメ業界に与える支障」が話題となっています。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が日本のアニメ業界を直撃しているようです。アニメ業界で一体どういった支障をきたしているのでしょうか。

では、「アニメ業界に与える支障」について一つづつ見ていきましょう。

アニメ業界 支障を調査!

日本のアニメ業界にも新型コロナウイルスの影響で大きな激震が走っているようです。

いったいどのような支障が生じられているのでしょうか。

まずは、「アニメ業界に与える支障」について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

新型コロナウイルスの感染拡大が、日本のアニメ業界を直撃している。近年、テレビアニメの制作本数の増加から海外、特に中国のスタジオに作画などの制作を委託する制作会社が増加。その中、コロナウイルスの影響で中国への物資の送付や人の往来が難しくなり、制作に支障が出ている。日中の制作関係者が24日、日刊スポーツの取材に応じ、危機的な現状を明かした。

近年、日本のアニメは中国に依存する面が増していた。50代の日本人制作関係者は「作画などを委託する比重が高まり、全体で半分以上の会社は中国に委託する状況じゃないですか」と説明する。中国にスタジオを作ったり、逆に中国の会社が日本に支社を作ったり、日本の制作者を好条件で雇用するケースも少なくないという。中国の配信大手「ビリビリ動画」が日本のアニメの公式配信を始め、その権利料収入も大きな収益となっていた。

中国に本社があるアニメ制作会社で働く30代の中国人男性は、1月8日に上海を訪れ、同15日に移動した韓国・ソウルで「武漢が危険だ」と耳にした。同社は作画のベースを紙で作り、航空便で上海に送っていたが、中国政府が国内外の移動、渡航の制限を始めたことで難しくなった。

同社がスタジオを置く江蘇省無錫市は、台湾の関係者が数十年前に制作会社を立ち上げたことをきっかけに、現地に入った日本人が技術指導し、アニメ産業が広がったと言われている。数日前から上海への素材の発送が可能になり、現地スタッフも30人ほどスタジオに入ることができたが、制作体制は縮小し、日本への完成した作画の戻りも遅く、枚数も少ない。他社では制作が進まず放送できなくなる、業界用語でいう“落とす”作品も出てきているという。

アニメ業界 支障を調査!動画制作が危機的な現状がヤバい!

「中国の影響で日本のアニメ業界がヤバイ!?数字で見るアニメ業界の売上」アニメコラム【ゆっくり】

どうやら日本のアニメ業界は中国に依存している傾向があったため今回の新型コロナウィルスの影響で動画制作が危機的な現状になっていることが判明しているようです。

一体どれぐらい行ったよっていたのかというところについて、またさらに詳しく見ていきましょう。 

日本動画協会によると、18年のテレビアニメの制作タイトル数は332作で前年から8減った。一方で制作分数は約1万5000分増の13万808分。1話30分11話の作品で考えると、年間30作の増加に当たる。制作分数が増える中、日本でも感染拡大が進めば、日本から人や素材を送るのも困難になる可能性が高い。中国人男性は「武漢市政府の対応は誤り、感染は拡大したが、中国政府は管理職の更迭など封じ込めに徹底的に動いた。日本政府の対応、判断の遅さには疑問を感じる」と首をかしげた。【村上幸将】

近年日本のアニメ業界は中国に依存していた事もあり今回の新型コロナウイルスの影響で支障をきたしているようです。

いったいどのような首相をきたしているのでしょうかその辺りについてもう少し詳しく見ていきましょう。

◆無錫市 中国東部にある中国経済の中心地の1つ「長江デルタ」にある江蘇省の都市。人口は常住人口が約657万人、戸籍人口は497万人。運河に囲まれており、古くから物流の拠点となり、最盛期には日本企業が約1200社、進出した。87年に尾形大作が日本レコード大賞金賞を受賞した「無錫旅情」の舞台としても知られ、太湖の湖畔には中国語の歌詞と作詞・作曲の中山大三郎さんと尾形の名を刻んだ歌碑が建っている。14年には、清明橋大運河が国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産リストに登録された。

○…海外への委託が進む背景には、日本国内で進む働き方改革の影響も少なくないという。ある関係者は「大手の制作会社の人は『うちできちんと作るには、週5日じゃ出来ない。プロデューサーが週6日は現場にいないと回らない』と言っています」と完全週休2日は難しいと語る。近年、アニメ制作者が、メディアを通じて長時間労働、薄給など過酷な制作環境を訴えるケースも少なくない。同関係者は「(世間から)たたかれてしまうから労働環境をきちんとすれば、質が高い作品作りが難しくなる、矛盾した状態」と吐露した。

アニメ業界に支障に世間の反応は?

さらに、「アニメ業界に与える支障」についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

クール毎に新作50作品以上作っても時間的に観られるのは半分も無いし、観るに堪えうる作品となるとさらに半分。
本数を減らして制作に携わる人の待遇を高めて、作品の質を上げるのを本気で考えないといけないでしょう。

作画崩壊をネタにして話題にしようとか、1クールなのに総集編や休止回を入れてしまうようではどんな良作品でも台無しです。

下請けで中国に委託している企業、業界
結構ありますよね、、

最近の中華企業は価格も安く精度も高いというイメージ
で、
これに依存してしまうと、他にいくのは大変だと思います。

また、中国の方が報酬が高く、引き抜かれる
という話も最近はよく耳にします。

他国に依存するということは、今回のような
こういった危険を招いてしまいますね、、

日本人としては、日本国内の企業や人材を
政府主体でもっと大切にしてほしいです。

特にアニメなんて日本が世界に誇れる
コンテンツなのだから。

単に労賃が安いだけで海外移転する業種から衰退が始まっている。
アニメ産業もネタ切れ感が有るので、製作本数を良作に絞り込み、
国内で完結させる体制を構築するのが先決では?

正直な話、もうアニメ業界そのものが「万策尽きている」状態だと言っても過言ではないと思う。
無論海外委託そのものが悪い訳ではないが、それでも1クールの制作本数自体を今の半分くらいに減らして、本当にクオリティの高い作品を創る方向に重きを置く事を真剣に検討し始めなければならない時が、既に到来していると思うのだが。

国内でアニメの需要はあるのに 企業が 儲け主義で
労働力の安い中国に 委託するから こういうことになる。

国内で製作し 質を高めること、人件費はかかるが
長い目で見れば 国内で やる方が企業側も
業務を安定させることができる。

国内経済を 活性化させることにも 繋がる。

アニメ画に 携わりたいという 夢のある若者が
国内で 安い賃金で 長時間働かされるのも どうかと思うが
今回の教訓を生かし 目先の利益にとらわれず
国内での 若者が 活躍しやすい
環境づくりに シフトしていく というのも
視野に入れるべきだと 思う。

無錫はかなり古手の生産拠点で、人件費も上がってきているので、内陸に生産拠点を移動している傾向があります。最近は四川省などにも制作会社があるので新コロの件は痛いですね。とは言え、上がりのセルデータを電送で戻すネット環境や、安定した電力事情、製作側の演出意図を正確に現場の作業者に伝える事ができる通訳の確保、など、移転にもハードルが色々あるので、中国がダメなら別の国で、とは簡単にできないんです。協会便の関係者に感染者が出ない事を祈っております。

終わりに

今回は、「アニメ業界に与える支障」についての内容や世間の反応をお伝えしました。

現在日本でも新型コロナウイルスの感染拡大が広がっているのか日本のアニメ業界にも支障をきたしているようです。

このことから今後ますます拡大していけばアニメ業界だけではなく他の業界にも大きなダメージが大きそうです。

今後も注目していきたいですね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民