谷口由紀女流三段 離婚報道を調査!元旦那の名前や顔画像は?

スポーツ

谷口由紀女流三段の離婚報道が話題になっています。

女流棋士の谷口由紀女流三段が、離婚していたことが報じられているようです。谷口由紀さんと入れ歯才色兼備のかなりの美人さんですが、今回離婚された元旦那はどういった方だったのでしょうか。

では、谷口由紀女流三段の離婚報道について一つづつ見ていきましょう。

谷口由紀女流三段 離婚報道を調査!

谷口由紀女流三段の離婚報道が世間を賑わせてるようです。

一体どんな経緯で離婚に至ったのでしょうか。

まずは、谷口由紀女流三段の離婚報道について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

 将棋の谷口由紀女流三段(26)が離婚したことが26日、分かった。同日に都内の役所に届を提出した。日本将棋連盟が一両日中にも正式発表する見込みで、今後は旧姓に戻して「室谷由紀」として活動する。 

 才色兼備の女流棋士として随一の人気を集める谷口は2018年3月に30代の男性会社員と結婚した。その後、互いに多忙のため擦れ違いが生じ、話し合いを重ねた末に別々の道を歩むことが最良との結論に至ったもようだ。

 大阪狭山市出身の谷口は高校時代の2010年に女流棋士デビュー。14年に所属を関西から東京に移して以降、タイトル戦に4度登場。昨年末には女流三段に昇段した。朗らかな人柄と華やかなルックスでNHKの将棋関連番組や各種イベントにも出演。多くのファンを持つ。

 今期の第46期岡田美術館杯女流名人戦挑戦者決定リーグでは通算8勝1敗で優勝し、初の挑戦権を獲得した。今月11日まで行われた5番勝負で里見香奈女流名人(27)に挑んだが、3連敗で敗退。再起を誓っている。

 25日に女流王位リーグを終え、今期中の対局も一区切りとなった。来期は環境を一新し、再び「室谷由紀女流三段」として悲願の初タイトル獲得に挑む。

今回の離婚の決断ではお互いに多忙が生じすれ違いの末話し合いを重ねていった結果別々の道を歩むことで最良の決断と判断した結果になったようです。

2018年の3月に結婚しているので、わずか2年間の結婚生活となります。

もともと格差婚とも言われたこの二人でしたが、共に生活していく中で価値観の違いやすれ違いが起きてきたと想定されます。

谷口由紀女流三段 元旦那の名前や顔画像は?

谷口由紀さんは、今後は旧姓に戻して室谷由紀で活動されるようですね!

【将棋】ファン歓喜 むろやんの関西弁『めっちゃ好きやねん』 室谷由紀 女流二段

谷口由紀さんの元旦那さんに当たるお相手の男性はどういった方だったのでしょうか。

  • 30代の男性会社員
  • 3月6日、室谷由紀女流二段が結婚・入籍いたしました。お相手は一般人の方です。
    今後仕事上の名前は谷口由紀(たにぐち・ゆき)で活動します。よろしくお願いいたします。

封じられてないようになると一般の男性で30代の会社員ということのようで、名前や顔画像については公表されてないようですね。

何か新しい情報がわかり次第随時追記していきたいと思います。

谷口由紀女流三段の離婚報道に世間の反応は?

さらに、谷口由紀女流三段の離婚報道についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

まだ2年くらいなのに・・・
すれ違いがかなり多かったのかな。
イベントでよく声のかかる人だから。

タイトル挑戦もあったし、すべてを将棋に捧げる中で、夫婦の形に認識違いが出てきた、のかなぁ。びっくりした。

たったの2年。すれ違いは言い訳で他に理由があるのでしょうけど・・言わないよね。
こういう場合に、谷口さんって絶対呼ばれるでしょ、だからなまじ苗字変えると不都合になる。
横山さん所みたいに、夫婦で棋士でも別姓で活動してたから言わなきゃわからない。
家庭に男は二人いらない!が正解じゃないかな?

何かあっさり離婚してしまった感じだ。職業が特殊なだけに、お相手とは噛み合わなかったんだろう。せめてもの救いは子供がいなかったことだな。まあ、仕方ないのかもしれないが、本業で頑張るしかない。

むろやんに戻るのかぁ…
ついこの間、新婚組でロケ取材行ってたように思うのにね。

人気者だし、タイトル挑戦してるし、忙しいもんねぇ。子どもいなくてよかった。

室・室 姓離婚率を検証 今の時代早期離婚してもそれほど珍しくないがなんかね~簡単に離婚するならもうちょっと付き合ってから判断してからでもいいのではと思ってしまう。室谷さんも室田さんも結婚当時から相当忙しかったの分かってたわけだし。

終わりに

今回は、谷口由紀女流三段の離婚報道についての内容や世間の反応をお伝えしました。

谷口由紀さんが離婚していたことが報じられ話題となっているようです。とても綺麗な方なのでファンの方たちもたくさんいらっしゃると思います。

今後の彼女の活躍に注目していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。