八重樫東 心境は?引退勧告の大橋会長のインスタの投稿とは?

八重樫東の心境が話題になっています。

プロボクシングの名門の大橋ジムの大橋会長が自身の Instagram で、元世界3階級制覇王者の八重樫東に引退勧告を送ったことが報じられています。

どのような内容なのか気になりますね。

では、八重樫東の心境について一つづつ見ていきましょう。

八重樫東 引退勧告の大橋会長のインスタの投稿とは?

八重樫東ノーシン京都引退勧告の大橋会長のインスタ投稿について報じられています。

まずは、八重樫東の心境について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

プロボクシングの名門、大橋ジムの大橋秀行会長が27日までに、自身のインスタグラムにて、元世界3階級制覇王者、八重樫東(37)に引退勧告を行ったことを発信した。投稿された文章は「八重樫東には引退勧告しました。本人が考えて結論を出すと思います。これからも八重樫東を宜しくお願いします。試合の時タオルを入れるタイミングを逃しましたが、今日タオルを入れました」というもの。八重樫の37歳の誕生日となる25日に、八重樫東後援会の報告会が行われたが、その際、マイクを向けられ挨拶に立った大橋会長が、インスタに書き込んだような”公開引退勧告”を行ったという。

公開引退勧告のインスタ投稿はこちらです。

八重樫東 心境は?インタビュー全文

こちらが八重樫の現在の心境を語った全文になります。

引退勧告を受けた八重樫に今の心境をストレートに聞いてみた。

――大橋会長のインスタの投稿がネットニュースになっています。

「はい。知っています。でも、どうですか。今は、新型コロナウイルスへの対策問題で、ジムもボクシング界も大変でそれどころではないでしょう。(現役リングから)去るか、去らないかという人間のことなんかよりも、今やっている人たちのほうが大事でしょう」

 八重樫は、拡大している新型コロナウイルスの影響で3月16日に後楽園ホールで予定されていた大橋ジムの興行が中止となり、27日に大橋ジムで予定されていたWBA世界バンタム級スーパー、IBF世界同級王者、井上尚弥(26)の公開スパーリングも中止になったことを気にかけ、そんな状況の中で、自らの進退が注目を浴びていることに困惑していた。気遣いの人らしい反応だった。

――引退勧告を受け、結論は出ましたか?

「うーん、どうですかねえ。どうなんだろう。今は、ネットニュースだけが独り歩きしてしまっているように感じます。もう(どうするかの結論は)決まっていると言えば決まっていますが、行動に移すまでには至っていない。頭の中でぐるぐる回っている感じなんです」

ーー決まっている?

「この前ジムで今の気持ちを話しましたよね。今もあのままです」

 八重樫は、すでにジムワークを再開していた。昨年12月23日に横浜アリーナでIBF世界フライ級王者、モルティ・ムザラネ(37、南アフリカ)に挑戦。序盤は大善戦しながらも9回にレフェリーストップによるTKO負けを喫して、最年長王座奪取の記録を塗り替えることはできなかった。7回に右ストレートからのワンツースリーのコンビネーションブローを2度、被弾。その衝撃で左目に眼窩底骨折を負った。現在は、傷も癒え視力も戻っていて、ミット打ちなどの技術練習も交えた本格的なジムワークを再開していた。だが、その行動はイコール再起というわけではなかった。

その揺れる心境を八重樫は、この18日に筆者にこう打ち明けていた。

「これから、どうしたいのか、自分では今はわからないし、何も決まっていません。次に何をしたいか、やれるのかもまだハッキリとはしないんです。正直、やる(現役続行)という選択肢はないと思うんです。でも、気持ちが変わったときに、動き始めても、もう年齢的にも遅いし間に合わない。今は、まだボクシングライセンスは返上していません。やるにしろ、辞めるにしろ、自分の気持ちが決まったときに、その時点で肉体の準備だけはしてあるという状態にしておきたいんです。決してボロボロになるまでボクシングをやろうという気持ちもないんです」

 実は、25日の後援会の報告会を前に八重樫は、大橋会長に「後援会のパーティーでは、今後の進退についてどう報告すればいいでしょうか?」と尋ねている。大橋会長は「今後については改めて話をしよう」と返答を保留。25日の報告会までに膝を交えて会談を持った。

八重樫の現在の心境は会長に任せる?

八重樫の現在の心境について素直に語ってくれています。

 八重樫は、現在の心境を素直に語り「会長に任せます」と判断を委ねた。だが、現役時代に所属したヨネクラジム伝統の「自分の生き方は自分で決める」との精神を汲む大橋会長は、引退を勧告したが、「最後は自分で考えて結論を出しなさい」と、最終結論を投げ返した。そこには「いつまで」の期限はなかったという。 

「会長の気持ちはだいたいわかっています。会長の言葉を受けて、僕の結論を会長に伝えて、今後、どうする、こうするについては、会長と一緒に決めることになるでしょう。でも僕としては、ハッキリと、これからどうするんだということを決めてから、会長に話をしにいくつもりでいます。幸い会長からは、いつまでに結論を出しなさい、という期限がなかったので、もう少し考えさせて下さい。いずれにしろ悔いの残るような選択はしません」

 八重樫は、それ以上は、口をつぐんだ。

 筆者も大橋会長の引退勧告には賛同する。おそらく八重樫にも大橋会長の引退勧告を受け入れる覚悟はもうできている。

だが、8ラウンドに大橋会長がタオルを投げ入れる寸前までいき、9ラウンドにも一方的に打たれ、最後は立ったままレフェリーに止められたムザラネ戦で心を折られたわけではない。6ラウンドまでのジャッジはドロー。ケガのアクシデントがなく、本能のまま打ち合いに応じず、ポイントアウトを徹底していれば勝てたという「悔い」が残っていることも確かだろう。

 その一方で、セカンドキャリアの具体像も抱いている。八重樫は、15年間のプロボクサー生活の中で、トップクラスの専門家から学んできたフィジカル&フィットネストレーニングの理論と、自らの肉体を実験台に”博士”のようなスポーツ・ニュートリションの分野の知識を身につけ減量方法も構築した。その蓄積された経験と理論をもとに、ボクサー、格闘家に特化したフィジカル&フィットネストレーナーとして”第二の八重樫”を育成したいとの夢がある。

 ボクシングの技術もわかり、勝つためには、どこに、どんな筋肉が必要で、12ラウンドを戦うスタミナをどうつければいいかを知るフィジカル&フィットネストレーナーがいれば、パーフェクトだろう。それが実現すれば、まさに業界にとって画期的な異例の転身になる。

 八重樫は、いつ大橋会長の引退勧告への答えを出すのか。

 3階級を制覇する過程で、敗れてなお人々を引き付けた”ロマゴン”戦など、数多くの感動を与えてくれた”激闘王”へのリスペクトをこめて人生最大の結論は急がせず、待つことにしようではないか。

八重樫東の心境に世間の反応は?

さらに、八重樫東の心境についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

全ての試合が確実な打ち合いで、試合の度に眼を腫らして満身創痍。
熱い試合が多くて、この人こそファイターだと思いながら観てました。
ありがとうと言いたいです。
少し休んで下さい。

「ボロボロになるまでやるつもりはない」と言う激闘王の言葉に、どこか安堵するいちファンの自分がいる。本当にボクシングで楽しませてもらった八重樫選手には賛辞と感謝しかない!答えを出す期間を設けなかった大橋会長の優しさに感銘した。ボクシングをこよなく愛し、突き進んで来た男の花道だから十分時間をかけて答えを出して欲しいと思うし、これからも八重樫選手の動向を暖かく見守って行きたいと思う!^_^

まだ未練があるかもしれないけどやっぱり考えなあかん時かなあ。
でも、結構バラエティーとか向いてると思うんですけど。楽しそうやし。
良い第二の人生を謳歌して欲しいですね。

どつきあいで、強い選手を選んで対戦しているところ、ダメージがないわけがない。
37歳と高齢だし、選手より引退してからの人生の方がはるかに長い事を考えると、取り返しがつかなくならないうちに、引退は妥当じゃないかと思う。
本人はまだ続けたいかもしれないが。

良くやったと思うよ 本当に!
私の中のベスト試合は井岡戦です。
あれは本当にドキドキしたよ!
これからの人生 結構長いから これからは体のケアをして欲しい。
喫茶店 繁盛させて下さい!

素晴らしいファイターであり、感動する試合を十分見させてもらいました。後は自分の身体をご自愛するよう望みますが、ゆっくりお決めください。

ガードを下げて打ち合うスタイルだけに、もう辞めないと取り返しのつかないことになります。
本当にお疲れさまでした。これまでの実績の輝きはこれからも変わらず美しいままです。

正直に言って、ボクシングがスピードや技術勝負だけの世界ならば、八重樫選手より上の選手は過去にも今現在にもいるけど(けしてけなしている意図ではない)、
八重樫選手が本当に光っていたのは、粘り強い姿勢と、どんな状況でも諦めない精神力。
記事のように引退なら残念だけど、今まで楽しい試合を観せて頂いた感謝と、第二の人生も活躍を祈ってます。もし指導者になるなら、良い後輩を育てそう。

一ファンからすると八重樫はやり切った感は確かにある、この近年は顔を腫らす試合が多く観ていても悲壮感などもあったが、その逆境から反撃する姿に感動させられた、大橋会長も苦渋の引退勧告だろうし、後は本人の意思だし、元三階級王者、八重樫東と言うブランドも今なら色あせないと思います。

いつも、本当に感動する試合を見せていただきました。それと同時に、やはり蓄積されたダメージのことが心配です。

八重樫選手ほどの激闘を繰り返しても、普段のトレーニングや自己管理がしっかりしていれば、その後も健康に社会で活躍できることを示してほしいと思います。

八重樫選手のようなファイティングスピリットと自己管理能力、実直・誠実な人柄を兼ね備えたボクサーを、是非育ててください!

終わりに

今回は、八重樫東の心境についての内容や世間の反応をお伝えしました。

大橋会長より引退勧告を受けた八重樫東の心境は会長に引退は委ねることを語たっています。

今後、八重樫東がどのような決断を下すのか注目されます。それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポーツ
ブログ民