Cookie提供 同意義務づけ方針とは?理由やネットの反応も!【画像】

29日、政府の個人情報保護委員会が、インターネット上のウェブの閲覧履歴が溜まる「Cookie(クッキー)」のデータについて、第三者に提供すると利用者の個人情報が特定される場合に利用者の同意を取ることを提供者に義務づける方針を明かしました。

これまで、なかった新しい方針にどういったものか疑問の声も上がっています。

今回は、Cookie提供の同意義務方針について見ていきましょう。

Cookie提供 同意義務づけ方針とは?

Cookie提供の同意義務づけ方針に関して報じられた記事はこちらになります。

政府の個人情報保護委員会は29日、ウェブの閲覧履歴がたまる「Cookie(クッキー)」と呼ばれるデータについて、第三者に提供すると利用者個人が特定される場合には、利用者の同意を取ることを提供者に義務づける方針を明らかにした。就活情報サイト「リクナビ」が就活生の閲覧履歴をもとに内定辞退率を分析し、企業に販売していた問題などを受け、個人情報が知らないうちに利用されることを防ぐねらいだ。

保護委はこの新ルールを、来年の通常国会に提出する予定の個人情報保護法の改正案に盛り込むことなどを検討している。

現行法では、クッキー情報単体であれば個人情報とはみなされない。このため、本人の同意がなくても、個人を特定しない形であればネット広告業者などが共有し、利用できる。広告業者は閲覧履歴から年齢層や興味などを推定し、趣味や嗜好(しこう)にあいそうな広告の配信に利用している。

一方、リクナビの問題では、リクナビがサイトの閲覧履歴を記録したクッキーやIDをもとに、個人を特定しない形で就活生の内定辞退率を分析。採用企業に提供し、企業側でID・クッキーを氏名などと突き合わせて使っていたことが明らかになった。

引用:朝日新聞デジタル

Cookie提供 同意義務づけ方針にネットの反応は?

Cookie提供の同意義務づけ方針についてネットでも様々な声が上がっています。

記事のコメント欄に投稿された内容を見ていきましょう。

自分のCookieをその会社がどう使ってるかなんで、こちらからは分からないからなあ。
リクルートは、サービス使ってた途中で規定が変わって、同意しないと自分の情報を消すこともできない矛盾した仕組みになってたし。

こういう話では個人情報が云々という割に、消費増税のどさくさに「マイナンバーで還付金」なんてことをやって個人情報を政府が握る算段を着々と進めているあたりが、なんというか、まあ

自分に全く関係ない広告が表示されるよりは、
クッキーで興味のあるものの広告が出る方がありがたいと感じる時もあるが、
でもやっぱりなんだか不気味。

同意を義務づけても、同意しないと利用登録できません、みたいなサイトが増えてあまり意味がないのではと思います。利用規約の片隅に書いておいて同意するボタンを押さないと登録できないようにするのが目に見える気がします。

cookieはすでに海外のサイトの多くはブラウザの下にONにするかどうかメッセージが出てくる。ほとんどONのまま使っている。というのもクッキーにしてもキャッシュにしてもいろいろ問題があるのはわかっているし、セキュリティソフトの機能で毎週クリアにし、さらにPCのメーカも時々クリアにしてくれる確かにクリアでその瞬間は不便さもあるけど、この記事のように本人の許可もなくビジネスに利用するというのは問題最近は自動販売や携帯の位置情報なども収集しビジネスに利用していることを思えば、これは企業の姿勢の問題ではないかと規制ばかりも困るけど、すべて個人を守るにはあまりにも知らないところで利用されていることを思えば仕方がないのかも少しづつ日本も行政や政治が中心に管理社会になりつつあることも事実それがいやならネットを使わない、アナログ生活をするしかないまたはこれも教育の現場で教えるべき

GDPRに対応するサイトにアクセスすると、クッキー取得に同意するボタンしかないパターンが非常に多い。否認するなら閲覧するな、はおかしい。逆に、クッキーを許可せずに閲覧できるサイトは信頼できる。ネットの仕組みは複雑ゆえに裏の意図を隠しやすい構造になってることを、義務教育の段階でちゃんと教えないといけない。よほど奇特な人でない限り、タダでコンテンツ発信なんてしない。

過去、広告代理店で働いていた際、客に対して
「お客さんも自分に全く関係ない広告が表示されるよりは、
クッキーで興味のあるものの広告が出る方がありがたく思いますよ」
と半ば洗脳に近い形で案内をさせられていたが、
自分のPCにはGoogle Chromeの「Ghosterey」を入れ、
徹底的に広告はブロックしていた。自分の趣向に関係があるジャンルだけが表示される
といえば聞こえは良いが、実際は特定の商品しか表示されず、
デジタルカメラ1つにしてもWeb広告で掲出される商品より
遥かに機能が良い商品が世の中に出ていたとしても、
掲出される消費者はそれに気づけず
ものすごく損をしている場合があることに気がついた。Web広告でメリットがあるのは掲出元と代理店だけ。
個人は購買に関して自由な選択を阻害され、
実はとても損をしており、多くの機会損失に繋がっている。

一部の阿保な企業のせいで、ネットの自由度が制限されたり、過剰規制に繋がることもあるんだよね。本当に利用者保護なら良いが、過剰規制されて自由度が低くなりすぎるとネットの長所が無くなる規制も良いけど、悪用した企業そのものに対する罰則を強化して欲しいですね。リクルートなんか暫く営業停止で良いでしょ。個人的な感覚でいえば日本の古い大企業はネット文化と合わないから、利用するなと言いたい。こいつらが悪用するせいで、法律も改悪される。お前らは大人しく、新聞テレビなどの旧時代メディアだけ使ってれば良いと思います。本当にリクルートみたいな企業はウザい

情報銀行なのか?クッキーといえども個人の情報と看做し、その情報提供によって企業が利益を得たのであれば、その利益の一部を情報提供者に還元する仕組みにしてはどうだろうか?デジタルの世界で野武士的に金儲けする企業に一石を投じたらどうか。まあ、技術の進歩が遅れるかも知れないが、半強制的に情報提供を強いられる現状を変える。

自分もサービスとか作る上でCookieを使うことはありますが、そもそも無いと実装することが難しくなったり、出来ないことも出てくるので、利用者にとってはどうなのかなと思うところもありますが、悪用ということを考えると仕方ないですね。
よくあるボタン追加をして今後は実装することになるでしょう。今後さらに規制が進めば、アプリやサイトでも閉鎖する可能性も出てくるでしょう。そこまで行くとも思ってはいませんが、万一そうなったときは利用者にも影響は出ますね。規制と言ってもみなさんと同じく疑問視している自分がいます。あと荒らし行為を防ぐために使ったり、ログインのために使ったりと色々使われてるクッキーですが、今後のあり方が気になるところではあります。

まとめ|Cookie提供 同意義務づけ方針とは?理由やネットの反応も!

今回は、Cookie提供の同意義務方針について見てきました。

これまで悪用されているケースがあったようで今回の同意義務づけ方針で改善されるとよいですね。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。