デマの投稿者 謝罪の職員は誰?トイレットペーパー品薄の嘘の理由!

社会

「デマの投稿者が謝罪」が話題になっています。

新型コロナウイルスが日本中で感染拡大を広げる中、トイレットペーパーが品薄になるといったデマを流した投稿者がわかり、所属している組織が代わりに謝罪する形になっています。

そしていったいなぜ、このようなデマを流したのでしょうか。

では、「デマの投稿者が謝罪」について一つづつ見ていきましょう。

デマの投稿者 謝罪の米子医療生活協同組合署員は誰?

トイレットペーパーが品切れ デマが原因で朝から大行列

新型コロナウイルス感染拡大する中、マスクの次はトイレットペーパーが品薄になるといった情報がSNSなどで流れました。

そのため、ドラックストアなどでは大行列ができる事態に。

ですがこれはデマだったようで、その犯人は誰だったのでしょうか。

デマを流した投稿者が謝罪しているようです。

まずは、「デマの投稿者が謝罪」について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

 米子医療生活協同組合は3日、同組合の職員が「トイレットペーパーが品薄になる」というデマの投稿者の1人だったとして公式サイトで謝罪した。

 サイトでは理事長名義で「職員の不祥事のご報告とお詫び」を掲載。「このたび、『新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」「当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします」としている。

 先月27日頃からツイッターなどで「中国のトイレットペーパー工場が止まったらしい。入手困難になる」などのデマが拡散。トイレットペーパーやティッシュペーパーを買いだめする客が相次ぎ、安倍首相が同29日の会見で「トイレットペーパーはほぼ国内生産。十分な供給量と在庫が確保されている」と冷静な対応を呼び掛ける事態に発展した。現在もドラッグストア、スーパーマーケットなどで品薄状態が続いている。

公式サイトの謝罪内容はこちらの画像でわかります。

公式サイトではデマを流した犯人の名前については公表がありませんでした。

またなぜ、そのような「デマを流したのか」も記載されていないようです。

やはりデマを流した理由は転売が目的だったのでしょうか。

病院職員がマスクをフリマアプリに出品していたと言ったニュースも報じられれました。

病院職員がマスク転売 備品を勝手に持ち出し・・・(20/02/29)

そもそもは、SNS(ツイッター)で出回った情報だったようです。

そちらについてはこちらの記事でまとめています。

デマの投稿者トイレットペーパー品薄の嘘の理由!

(謝罪)全国のトイレットペーパーを買い占めたのは僕でした。

Twitter などですでにデマを流した犯人などは特定されているようですが、 今回の謝罪をした組織の職員かどうかは不明です。

ドラッグストアの店員さんの本音も話題になっています。

デマの投稿者の謝罪に世間の反応は?

さらに、「デマの投稿者が謝罪」についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

ウェブサイトを見たが、何故そんなことをしたのか書いてないね。単に処分してお終い…ではなく、そのあたりのことも詳らかにして欲しい。

デマを拡散した時の「規定に照らした厳正な対応」って何だろう。
何にせよ、迷惑な事この上ない。

何故か納豆が売り切れていてカップ麺があり余っているのも不可解。
トイレットペーパーもナプキン等も、ないと困る人が大勢いるんだよ。
で、「買い占められちゃうから」という心理が働いて十分なストックのある人でも余分に買ってしまう。
日本人は踊らされ過ぎだよ。

どんなにメーカーが在庫持ってても店舗の倉庫に置ける個数に限りがあるから、買い占めが起こると売り切れちゃうんだよ。
不必要な分はホントに買わないで。

我が家では天災などに備えてある程度ストックするのを常としているので、別に品切れ状態が続いてもすぐ困るようなことは無いが、備えのない家庭だとすごく困るだろうなと思っていた。
こういうこともあるし、やはり生活で絶対必需とされるものは必要最低限備蓄しておくのがいいと思う。

デマを流した人間が最も悪いが、総理大臣が記者会見で否定しているにもかかわらず、それを信じずに、買いだめに走った国民心理に恐ろしさを感じた。
マスクの買いだめをしてそのマスクを高額転売している人間には何らかの罪で逮捕出来ないのだろうかね。
ネットオークションやショップは、そう言う販売だろうと疑うような価格での販売があったときには、即刻削除するくらいの社会正義を貫いて欲しいね。

最後の1ロールまでいき、
かなり肝を冷やしました。
心情的には重い制裁を与えて欲しいです。

この騒ぎを、初めはさぞおもしろがって高みの見物をしてたんだろうね。
でも、騒ぎが大きくなって叩かれ出したら怖くなってきたんだろうな。
今時、特定班がいつ突き止めるか判らない。
最終的には気が気じゃなかったかも。
重々反省して欲しい。

この人はもちろんだが安易にリツイートをした人も反省してほしいものだ。

今回は違うが、個人に関わるような情報の場合によってはリツイートや同調して拡散した人も訴えられる可能性もあるからね。

このウィルスもデマも、ほんとに小さな規模からのスタートでとんでもない混乱が起きてる。

ウィルスはまだどうして発生したのか不明だが、トイレットペーパーはある程度これでネタ元が分かったなら、沈静化すること期待したい。

因みに…拡散されてから1度もトイレットペーパーは買えてません。
本当に最悪なデマです。

医療生協の職員だったら少なからず,こういった衛生用品の生産に関する知識を持っていてもらいたいものだ。
今回は各地の販売店に対する業務妨害に値するから何かしらの罪で告発可能なのではないだろうか。

ネット上で「充分な在庫あるからデマに踊らされないで」と叫んでも
携帯さえ満足に使えない老齢者は
棚の商品が品切れになっているだけでパニックになって開店前に並ぶはめになってしまう

その世代にどう広報するのが効果的なのかは全く考えつかないけど
政府も商店も企業も
そういう世代が巷には溢れていることを認識してほしい

終わりに

今回は、「デマの投稿者が謝罪」についての内容や世間の反応をお伝えしました。

トイレットペーパーが品薄になるといったデマを流した投稿者が判明しその組織が公式サイトで謝罪することになったようです。

なぜこのようなデマを流してしまったのかそういったところまでの理由が述べられてなかったため少し不安に思います。

この辺りについて新しい情報が入りましたら随時追記していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。