ラーメンショップ 不死身理由を調査! 1号店は大田区羽田のどこ?

社会

「ラーメンショップの不死身理由」が話題になっています。

国道沿いにある赤い看板のラーメンショップと言われればすぐにイメージがわく人も多いと思います。

それだけ愛され続けるラーメンショップですがなぜここまで不死身なのでしょうか。

筆者も前々から気になっていましたが、ラーメンショップの不死身理由について報じられています。

では、「ラーメンショップの不死身理由」について一つづつ見ていきましょう。

ラーメンショップ 不死身理由を調査!

昔から愛され続けるラーメンショップですがなぜこれほどまで人気があるのでしょうか。

不思議に思っていた方も多いと思います。

まずは、「ラーメンショップの不死身理由」について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

国道沿いに現れる「赤い看板」

 赤地に白抜きで「うまい ラーメンショップ うまい」と書かれた看板を見たことがあるだろうか。埼玉や千葉、北関東などに行楽に訪れる途中、国道やバイパスに突如現れるこの看板を目撃して、「なんだあれは」「まだ現存しているのか!?」と思った人も多いことだろう。

 豚骨醤油ラーメンのフランチャイズチェーンである「ラーメンショップ」は、1970年代から90年代にかけて、爆発的に勢力を広げた。東京近県のロードサイド中心に展開している印象があるかもしれないが、実は23区内にも店舗は存在し、静岡や福島のほか東北・関西・九州と全国に店舗が存在する。

 ラーメンショップの特徴は、豚骨ダシを濁るまで煮出したスープが、醤油のタレと混ざり合って茶色く濁った東京豚骨と呼ばれるスタイルで、環七ラーメン戦争の時代に一世を風靡した味だ。具のワカメは今となっては珍しいが、昭和の時代では一般的だった。

 こういったラーメンは、1960~70年代に「ホープ軒」の屋台(現在、千駄ヶ谷にあるホープ軒)や吉祥寺の「ホープ軒本舗」から広まった。元々中国での豚骨や鶏ガラを濁るまで煮込んだスープはあるものの、一般に中華の世界ではスープを濁らせるのはタブーとされていた。

 しかし時代は高度経済成長期。肉体労働に従事する若者は、塩分が補給でき、スタミナも付くとあって、豚骨を煮立たせて濁ったこってりスープに飛びついた。さらに車社会となり、タクシードライバーがサッと食べられて満足感の高いファストフードとして、屋台からラーメン専門店が続々と誕生し、ロードサイドを中心に広まっていった。

 こうして、90年代まで東京のラーメン専門店は豚骨醤油ラーメンが主流になっていくわけだが、この流れの中でラーメンショップが誕生し、全国に広まってくことになる。

ラーメンショップ  1号店は大田区羽田のどこ?

赤い看板のラーメンショップといえば人気ですよね。

その第一号店となったところはどうやら東京のようなんですが、どのあたりなのでしょうか。

ラーショ⑩【東京 Good morningラーメンショップ】【朝ラー】聖地でネギラーメンを味わう!! 「椿食堂管理」の本部!【東京】【ASMR/ramen/noodles】 麺チャンネル 第100回

そのあたりについてについても見ていきましょう。

独特すぎる「暖簾分け」システム

 当時、豚骨醤油ラーメンの店がたくさんあった中、どうしてラーメンショップだけが未だに多くの店が営業を続けているのだろうか。その謎に迫るにはまず、創業店とその独特な経営スタイルから知る必要があるだろう。

 ラーメンショップの1号店は大田区羽田の産業道路近くにあり、現在は「GOOD MORNING ラーメンショップ」として営業。この裏手に工場を持ち、本部となっている。ちなみに、本部は創業以来取材を一切受け付けていない。

 ラーメンショップに行くと卓上に業務用ニンニクがボトルごと置かれているが、製造元を見ると、本部の住所になっており、会社名は椿食堂管理と書かれている。羽田の店舗裏の名前だ。ここでラーメンに使うタレなどを作っており、ラーメンショップ加盟店は本部を通して麺などの具材や調味料、割り箸などを仕入れることもできる。

 今、仕入れることも「できる」と書いたのは、逆に言うと仕入れなくていいということになる。つまり、本部から材料を取らなくてもいい、というわけだ。

 しかし、材料を取ってもらえなければ、味も店ごとに変わってしまうし、そもそも本部がマージンを取ることが出来ない。だとしたら、相当高いロイヤリティが発生しているのでは、と普通は考えるだろう。

 ここがラーメンショップの肝で、本部は一切ロイヤリティを取らず、本部から買う材料や丼などの什器に多少の上乗せをしているだけなのだ。

 もし材料をほぼ本部から取らずに営業していたら、本部は全く儲からないこととなる。にわかに信じがたい話だが、赤地に白い「うまい ラーメンショップ うまい」という看板を掲げれば、ラーメンショップが1つ完成となってしまう。

ラーメンショップの不死身理由に世間の反応は?

さらに、「ラーメンショップの不死身理由」についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

近所にありますが、特別美味しいわけでもなく、行列ができるわけでもないですが、定期的に食べたくなります。

個人的には、大して行列も出来ずグルメ番組にも出ず、それでいて地元の人に長く愛される店が一番素敵だと思う。身近にありながら謎も多かったラーメンショップ。「縛りが緩い」ってのは良いね。何と言うか、人も企業も「誰かを利用してボロ儲けしてやる」などと欲を張らなければ上手く行くのではないかと思う。

とうとうラーメンショップも
ネタにされてしまうのか。

自分は意識高いラーメン屋より
昔なからの素朴さが感じられる方が
好きなので記事にされるのは嬉しいような、
でもそういう素朴さを知らないくせに
マウント取ってケチをつけるヤツがいそうで
悲しいような。

複雑な気持ちだけど今の姿があるからこそ
好かれているのですから、
無理に時代に合わそうとはしないで
我が道を貫いて下さい。

『こだわりの・・・』と腕を組んでこちら睨みつけるような写真を雑誌に載せる店は、一度は行っても後は足が進みません。
それよりも、いつでも気軽に食べられる『安心できる味』の方が長続きしますね。

ラーメンショップは当たりハズレが激しいんですよね~・・・それが面白いんですが。
40年近く前の蓮根の店が最高に美味しかった。
近所にオイシイラーメンショップがあれば毎日でも食べたいけど、残念ながら今の家系や次郎系では毎日食べたいと思えない。

ラーメンショップのネギラーメンは、中毒性がある。
テレビに出る店、有名店、行列のできる店より、空いてて、どの店も味が安定していて美味い。

静岡県に出張の時に朝ラーでラーメンショップに伺いました。
ネギラーメンを注文しました。
出張の度にあちこちの有名なお店は行きましたが、自分好みと言えばそれまでですが相当美味しかった記憶があります。
日曜の朝6:00からどんどん車がきていつの間にか一杯になっている。
ユルさと言えば、カウンターに置かれた料金箱に自分で申告してお金を入れてお釣りも勝手に取っていくスタイルでした。

25年前、川崎市の宮前の店舗に入ったのがきっかけ。全国の街道沿いに発見する度に入って、記事にあるように味の違いを楽しみにしました。

どの店も決して清潔とは言えず、メニューもシステムもバラバラ。でも、有名店のような緊張感はいらず、ウンチクも語る必要なく、コンビニや牛丼屋に行く感覚で入れるのが、夜食としては何とも言えない開放感も生んだな。

こういう普通のラーメン屋も良いね。近頃は、「化学調味料が」
うんたらかんたらとか、カウンターの向こうで他店を揶揄する
変な店主も多い。ホット出来ない店には面倒だね。

学生時代に横浜で初めて家系を食べた時は衝撃だったけど、社会人になってラーメンショップで食べた時はもっと衝撃だった。

家系ラーメンの魅力である「ジャンク感」がもっともっと強烈なんだよね。なんというか、美味けりゃいいだろ!という感じの味。はっきりいうと化学調味料。

昔ながらの家系の味の骨格はじつは化学調味料なんだけど、さすがに化学調味料が入っていることはあまり表に出してない。でも、ラーメンショップは「入ってますが、なにか? だってうまいでしょ?」って感じ。

化学調味料を料理としてかんぺきに使いこなしてる。そこがラーメンショップの魅力なんだよね。自然素材?出汁の工夫?ダブルスープ?そんなもん気にしねえ!化学の味、最高に大好きだ。

家系は化学調味料を弱める方向に進化してしまったのが、個人的にはちょっと悲しい。

 

終わりに

今回は、「ラーメンショップの不死身理由」についての内容や世間の反応をお伝えしました。

赤い看板のラーメンショップが昔から人気があり不死身であることがわかりました。

なんとなくあの看板を見ると食欲がそそられて立ち寄ってみようかと思う方も多いと思います。

もしまだ立ち寄ったことが無い方がいれば是非この機会にラーメンを食べてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。