阿部祐也 呼びかけ!大阪市のライブハウスの名前は?日時はいつ?

芸能

阿部祐也さんの呼びかけが話題となっています。

大阪市内のライブハウスでの新型コロナウイルスの感染経路が疑われている中、その大阪市内のライブハウスに出演していた阿部祐也さんが来場者に検査を呼び掛けました。

今回の記事では、阿部祐也さんの呼びかけについて見ていきましょう。

阿部祐也 呼びかけ!

阿部祐也さんの呼びかけで大阪市内のライブハウスが判明し、ライブハウスの名前や日時などを公表しています。

これによりどの大阪市のライブハウスで感染が広まったのかが判明したようです。

それではは、阿部祐也さんの呼びかけについて報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

新型コロナウイルス感染の感染経路となったと疑われる大阪市内のライブハウスに出演していたアーティストが、来場者に検査を呼びかけた。

大阪梅田にあるライブハウス「Soap opera classics」で2月23日に行われたイベントに出演した2人組ユニット、ナイトスターリリーの阿部祐也は5日、ブログを更新し、「自分がナイトスターリリーとして出演した2月23日(日)の大阪Soap opera classicsでの公演、あの日会場にいた方のうち3名が、新型コロナウィルスに感染していることが分かりました」と報告。「会場に足を運んでくれていた方は、症状の有無に関わらず、お住いの地域の新型コロナ受信相談センター(帰国者・接触者相談センター)にご相談くださいということなので、よろしくお願いします」と呼びかけた。

自身はすでに検査の予約をしたとし、「検査結果が分かるまでは検査後1日、2日かかるそうです。結果が分かったらこのブログでお知らせします」とした。また、メンバーやスタッフについては「ナイトスターリリーの片山遼も、スタッフも症状はないのですが、検査を受けることができ、結果を待っている状況です」とした。

続けて来場者に「不安な思いをさせてしまって、ごめんなさい」と詫び、「感染した方の1日も早い回復を願っています」とつづった。

阿部祐也 呼びかけ!大阪市のライブハウスの名前は?日時はいつ?

阿部祐也さんの呼びかけにより新型コロナウイルスの感染経路とされていた大阪のライブハウスが特定されました。

  • ライブハウスの名前は、大阪梅田にあるライブハウス「Soap opera classics」。
  • 日時は、2月23日(日)の大阪Soap opera classicsでの公演、
  • あの日会場にいた方のうち3名が新型コロナウィルスに感染

阿部祐也さんの勇気ある発言によってライブハウスが判明し注意を呼びかけています。

阿部祐也さんの呼びかけにネットの反応は?

さらに、阿部祐也さんの呼びかけについてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

ライブ開催時期から、
決してこのバンドが悪いとは言えないと思う
また、コメントを発表したことは、クライシスマネジメントの観点からも評価されること
これ以上、感染が広がらず、
安心してライブ等に参加できるよう、
治療薬開発をお願いします!

まだ自粛要請前のLIVEなのでこのアーティストは悪くないし被害者だと思う
同情します

一方、自粛要請があった後、続々とLIVE中止になる中で東京で強行した東京事変でクラスター化が発覚したら許せないし加害者だと思う

換気の悪い密室に大勢で長時間がいかに危ないかよくわかった。
ジムやライブハウスや雀荘が名指しされたのも頷ける。満員電車より危険。
満員電車は確かに濃厚接触ではあるけれど一駅で降りる人もいるし3〜5分でドアが開き人の出入りがある分まだマシなのかも。
あとはパチンコ、スロットも閉鎖して。

こうやってアーティストや店舗が正直に言って身を削ってる中、陽性にも関わらず出歩いてばら蒔いてる人間のプライバシーが守られるという理不尽さ

このバンドのメンバーの方はファンやライブハウスの事を考えて率先して行動して当日の客にメッセージを発信してとても好感が持てます。バンドもハウスも悪くはないと思うので変な風評被害にならないといいな。

ちょうどライブは危ないなんて言われてた時期だったのもあるが、今後しばらくは自粛が必要ですね、出演者の呼びかけはいい事ですね。

開催したアーティストが呼び掛けてるのでファンも検査に行ってくれそうだからいいと思う。
やってしまった事は戻らないけど誠意はあると思う。

アーティストが言い出してくれないと隠蔽とかするファンが出そうで怖いし、ファンの人と距離を置きたくなってしまう。

コロナに感染したわけではないが、こうやって影響力が少しでもある方が関係してる場合は、呼びかけることはとても大事なことだと思う。イベントの主催者?会場関係者?がいるか知らないですが、まず動くことが感染拡大を防ぐ上では大事。
当事者意識を持って行動してる感じがして、このバンドの関係者の行動は良いと思う。

世の中では、ここ以外にもまだバンドやイベントを開催してるところはある。それぞれの事情があるから全てを批判するわけではないが、開催は自粛するべき。

こればかりは仕方ないと思う。
でもなんでライブハウスで、と思ったが、
なぜ満員電車は問題にならないのなんて思ったが、
ハッスルし、かつギュウギュウの閉じた空間がダメなのだろうと気付きになった。
同様にジムでも同じことが言えるのであろうと思う。
さらに中がどういう公造かも知りたいのだが。
感染者が増える一方、庶民に与えられる情報がそれほど多くないのが気になる。
感染者たちの集まるツイッターコミュニティでも開設すればフォロワー多そう。
経験者の「おかしいな」と思った日から現在までのリアルな日常が知りたいと思う。
肺炎というと咳、という印象だが、体感的に熱があっても動けたのかなど。
なんにせよいずれ自分の番も来るのだという覚悟も必要と思う。

大きな被害ではあるが、
これは判明したうちの一つだと思う。
少なくとも軽症感染と疑われる人の検査を随時進めていかないと、
問題の解決はなされない。
それでも不足だろうが、やらないよりは効果的。
院内感染をも防げる簡易的検査方法を早く確立してほしい。

終わりに

今回の記事では、阿部祐也さんの呼びかけについての内容やネットの反応をお伝えしました。

阿部祐也さんの呼びかけによって大阪市内のライブハウスが特定できました。これにより新型コロナウイルスの感染経路も分かりもし参加しているようであれば検査を受けることもできると思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民