宝塚歌劇 再開賛否の声!東京宝塚劇場で雪組公演の再開はいつ?

芸能

宝塚歌劇の再開に賛否の声が上がっています。

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、感染防止のため公演を中止していた宝塚演劇が3月9日、兵庫・宝塚大劇場で10日ぶりに公演を再開しました。

これには賛否の声が上がっているようです。

今回の記事では、宝塚歌劇の再開に賛否の声について見ていきましょう。

宝塚歌劇 再開賛否の声!

宝塚大劇場が“公演再開”『設置したサーモグラフィーで37.5℃以上だと入場禁止』(2020年3月9日)

宝塚演劇が公演を再開し賛否の声が上がっているようです。

それでは、宝塚歌劇の再開に賛否の声について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、先月29日から公演を中止していた宝塚歌劇が9日、兵庫・宝塚大劇場での公演を10日ぶりに再開した。この日は星組の千秋楽公演。各界が無観客興行を強いられる中、「ありがたい」「時期尚早」と賛否は分かれたが、ファンはスターの入り待ち・出待ちを自粛し、劇団の呼びかけに応じて全員マスクを着用して観劇した。星組の新トップスター・礼真琴は「きょう公演ができたことを一生忘れません」とあいさつ。正しいうがいの仕方もファンに伝授したという。

 タカラヅカが、主要エンタメ界の先陣を切り、観客を劇場に迎え入れた。開場時は劇場入り口手前で、スタッフが来場者の手のひらに消毒液を噴射。37・5度以上の発熱を感知するため、赤外線サーモグラフィーも設置された。検温で引っかかったファンの目撃談もあるなど物々しい雰囲気だったが、2550席のうち9割が埋まったという。ショーでは出演者が客席に降りて歌い踊る演出はカットされたが、熱心なファンが星組生らの躍動を見届けた。

 劇団が感染予防の取り組みに掲げた「換気の強化」には「正直、よく分からなかった」という声も上がったが、「係員も多く、いつもより慎重な感じだった」(女性ファン)。劇団としては最大限の注意を払っての再始動となった。

 劇団ホームページにも明確な理由が記載されていない、フライング気味の再開決行。だが、この日は礼真琴&舞空瞳の星組新トップ本拠地お披露目の千秋楽で1999年入団の専科スター・華形ひかるの退団セレモニーもあった。ともに宝塚では特別な儀式。4日後の13日には花組・柚香光(ゆずか・れい)の新トップ本拠地お披露目「はいからさんが通る」も開幕する。劇団は苦渋の判断で予定通りの再開を決めたとみられる。

 ファンによると礼はカーテンコールで、マスクがずらりと並ぶ光景に驚きつつ「お客様あってこその私たち」と感謝。「うがい、手洗いをしっかりと。私たちもやります!」と呼びかけ、「うがいは一度、ゆすいでからガラガラやるといいです」と指南した。また、華形がセレモニーで21年在団した宝塚への思いを語ると、すすり泣きが漏れたという。

 観劇した尼崎市在住の30代女性は、同行予定だった友人が家族に反対されて来られなかったという。2000人の大人数が一堂に会するため「批判されるのは仕方ない」としながらも「うれしいと言ったら語弊がありますが、予定通りやっていただいてありがたい」と笑顔。一方、宝塚市在住の女性2人組は「ここから感染者を出したらアカン!という思いがあふれて、トイレでも、手を洗う列の方が長かった」と、ファン側の意識向上も強調した。

引用:報知新聞社

3月9日、兵庫・宝塚大劇場で無事に公演が再開されました。

これには賛否の声が待ってるようですがここから感染を増やしてはならないと、徹底した予防を行っているようですね。

宝塚歌劇 再開賛否の声!東京宝塚劇場で雪組公演の再開はいつ?

さて、宝塚演劇が再開されネット上では賛否の声が上がっていますね。

兵庫・宝塚大劇場では3月9日に再開されました。

では、東京宝塚劇場では何日から公演が再開されるのでしょうか。

調べてみたところ、東京宝塚劇場では3月10日から公演が開始される予定になっています。

 10日には東京宝塚劇場で雪組公演が再開される。

宝塚歌劇の公演再開の評判やネットの反応は?

さらに、宝塚歌劇の再開に賛否の声についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

お隣りの伊丹市、川西市、三田市、西宮市でも、感染者出てるのに、宝塚市内で感染者が出るのは時間の問題。歌劇団、無責任すぎる。

検温だけで全てが分かるわけじゃないし。近隣だけでなく遠方から観に行くファンもいるから拡大感染がさらに進みそう。

リスクを承知で企業として営利を目的として再開したことだろ?

もし、感染がおこったら、何人もの幹部が、職を辞する覚悟も決めた上で

訪れる観客も、感染のリスクを承知の上で、だろ

まぁ、ショッピングモールやファミレスに行くのと、どの程度、リスクに差があるのかって言われたら……………
大差は無いだろうね

人混みの中での市中感染は、調べてはいないから、感染者が出ないだけで………………
調べたら、感染者が少ない、陰性が多いことは、調べてはないところに感染者はいないとはイコールでは無いから。

ダメでしょ。
子供達は一斉休校までして
自宅待機で我慢してるんです。
大人だって我慢しなくちゃ何の意味もない。

開催する宝塚も観に行く人もどうかと思う。この程度の対策で、感染が防げるなら、こんなに広まっていないと思う。行政も今回の開催については、何らかのコメントを出すべきだと思う。出さなければ、この程度の対策をほどこせば、各種イベントでこの程度の対策で実施する団体が増え、協力して開催を控えている人達に示しがつかない。

開催すれば、ファンが殺到するのは当たり前。若者の無責任行動を批判する報道が多い中、コンサートやライブを中止する業界もある。 なんで、紳士淑女の集まりが開催されるのだろう。勇気ある決断を願いたい。

自分の好きなアーティストが初ライブをするとお知らせがあった。
なぜ今の時期?
子供は我慢させて大人は我慢できないのかね。
正直ガッカリした。
私は保育士という職業柄リスクが高すぎて行く気になれません。
何だかきちんと守っている人がバカみたい。
もうさ、ライブなどに参加した人は全員2週間の経過観察を施設でさせないとダメじゃない?

小学生の子ども(5年と6年)二人、未就学児二人、毎日どこにも行けず、親も子どももストレスでおかしくなりそう。卒業式だって中止になって、友達と思い出を作る一番楽しい時期を奪われた子どもの気持ちを考えてほしい。
感染者も増え続けているのに何で?ライブハウスで感染拡大したよね?こうゆう人達がいるから、感染拡大していくんだよ!
金儲けしか考えてないの?って思ってしまう。

賛否の程は置いといて
開催、延期、中止、無観客
これらの判断がバラバラなのはどうかと思うね

政府の要請も学校以外は全くハッキリしたものではないし
不公平感を生んでるだけ

時期早々。
危機感の欠落。
私利私欲。

ある一定数の人を集められる能力のある人又は団体がその能力を使い人を集め、何かをやる時期では無いし、自粛を願いたい。

もしくは国の強制力で中止を促していただきたい。

終わりに

今回の記事では、宝塚歌劇の再開に賛否の声についての内容やネットの反応をお伝えしました。

宝塚演劇が公演を再開し賛否の声が上っていますね。

ですが、徹底した予防を行っているようですのでこれがうまくいけば公園を再開しても感染者のではない徹底した対策を練ったということで評価されるかもしれませんね。

今後に注目していきたいと思います。それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民