山手線新駅 看板 批判の理由は?高輪ゲートウェイ駅を画像で紹介!

社会

山手線新駅の看板批判が話題です。

山手線の新しい駅である「高輪ゲートウェイ駅」の看板が批判されていることが報じられています。

批判されるほどの看板とは一体どのようなものなのでしょうか。

今回の記事では、山手線新駅の看板批判について見ていきましょう。

山手線新駅 看板 批判の理由は?

「高輪ゲートウェイ駅」では以前より名前がおかしいと世間の評判はイマイチだったようです。

何か新しい試みを試しているのでしょうか、ここに来て今度は看板の批判が出ているようですね。

それでは、山手線新駅の看板批判について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

3月9日、JR東日本は3月14日に開業する山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」駅舎を、報道陣に向けて公開しました。山手線に新駅が開業するのは1971年の西日暮里駅以来とのことで、約49年ぶりの新駅となります。

 しかし、ネットでは公開された高輪ゲートウェイの駅舎を見て「シンプルにダサい」「視認性が悪い」といった批判の声が相次いでいます。その理由の多くは看板のフォント「明朝体」にあるようです。

どうやらネット上に公開された山手線新駅の看板に批判が殺到してるようですね。

理由は看板のフォント「明朝体」にあるようです。どのようなものか気になりますね。

山手線新駅の看板批判 高輪ゲートウェイ駅のフォントがダサい!

こちらが、山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」駅舎の看板になります。

いかがでしょうか。

ネットではこのような声が上がっているようです。

ネットの声はネガティブな反応が多数だった…

 SNS分析ツールで「高輪ゲートウェイ AND 明朝体」でツイート解析した結果、ネガティブな反応が87.0%、ポジティブな反応が13.0%となりました。

「視認性が最悪」「ユニバーサルデザイン的に無し」などの厳しい声

 駅の看板を見たネットのユーザーからは「ダサい」といった反応が多く見られました。「駅看板のフォントが明朝体でダサい」「ダサい! 読みづらい!」など、ネットでは使われたフォントに対する批判的な感想や意見が多く見られます。

 また、高輪ゲートウェイの看板は「視認性が最悪(ユニバーサルデザイン的に無し)」「ユニバーサルデザイン7原則のひとつ、必要な情報がすぐに分かることに欠けている」など、“できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザイン”を指すユニバーサルデザインの観点からも批判されているようです。

 なかには「ヒラギノ明朝は用法用量を守って使うべきところに正しく使ってくれ……!」「明朝体がダサいのではなく、この駅の使い方に明朝体が合っていない」といった、高輪ゲートウェイ駅の看板を嫌いになっても、明朝体は嫌いにならないでくれといった声も。

明朝体から別のフォントに置き換えて検証

 高輪ゲートウェイ駅看板の視認性を向上させようと、他のフォントに置き換える人もいました。

 「例えば看板が画像くらいの大きさに見える位置に立っているとして、どれが最も見やすいかと考えると、角ゴのW6がダントツに思える」「ヒラギノ角ゴで適当に作ってみたけど、やっぱり明朝体よりは全然いいな」など、とくにヒラギノ角ゴに置き換えて検証している人が多かったです。

 なかには創英角ポップ体を使い、「ウェイ感」を出すために動物が躍っているイラストを付け足す画像も。ここまですると、駅ではなく動物園のように見えますね。

山手線新駅の看板批判にネットの反応は?

さらに、山手線新駅の看板批判についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

確かに明朝系、Times系のフォントはあまり使わないよな。
何でこれを選択したのか謎。最初から最後までセンスの無さが一貫していてよろしいのではないでしょうか。

確かに明朝体に罪は無い。
市川崑の金田一耕助映画でもそれは明らか。
で、画像を検索して見たが、見慣れないからやや読みにくいかな?というくらいの印象。
まぁ、そのうち慣れるんじゃない?

ただ、素朴な疑問。
何故にこの駅にだけ明朝体を?

今更、駅名についてはどーでもいい。

それより、駅周辺が発展するまでは利用客少ないと思うから、暫くは京浜東北線の快速は通過駅にしてもらいたい。

同じ明朝体でも馬車道駅は素敵なのに、こちらはパッと見た瞬間情報が入ってこないし、シンプルにダサいですね。外国で生産された、日本語が印字してあるお菓子を思い出しました。

あーあ、素直に新高輪にしとけば良かったのに

てか今は駅名であーだこーだ言ってるのを見かけないけどもうその話はタブーなの?
みんな諦めたの?

もともとゲートウェイって何だ、
ゲートボールかなどと言われていましたが、
本当にゲートボールの雰囲気が
漂って来ました。

開業してから数か月か1年くらいで「駅名版の文字が読みにくい」「遠くから見えにくい」等のクレームでほかの駅と同じフォントに修正されるか上からテプラで隠されると思う。

古風な雰囲気にこだわった地元の役所も入口の書体に篆書体使用して、よそから来た人が何と読むのか分からず困っていたなあ
でも、この高輪駅のはセンス悪いなあ
名前も変なら、書体も変

終わりに

今回の記事では、山手線新駅の看板批判についての内容やネットの反応をお伝えしました。

今回を封じられた内容は山手線の新しい駅である「高輪ゲートウェイ駅」の看板がダサいということで話題になっていたようです。

確かにわざわざこの本当にした理由がよくわからないぐらいわざとらしい感じがしました。

今後どのような展開を見せるのかさらに注目していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。