佐々木朗希 震災から9年!石垣島春季キャンプのインタビュー全文!

スポーツ

東日本大震災から9年が経ちました。

東日本大震災から今日で丸9年を迎えロッテの佐々木朗希投手が石垣島春季キャンプ中のインタビューでは初めて、父について語ったことが報じられ話題となっているようです。

今回の記事では、佐々木朗希投手震災から9年について見ていきましょう。

佐々木朗希 震災から9年!

3月10日プロ野球ニュース | 怪物ロッテ佐々木朗希最速163キロの秘密

今日で東日本大震災から丸9年が経ちました。

そんな中千葉ロッテの佐々木朗希投手が初めて父についてインタビューで答えてくれているようです。

それでは、佐々木朗希投手震災から9年について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

東日本大震災から、11日で丸9年を迎える。ロッテのドラフト1位、佐々木朗希投手(18=大船渡)の故郷、岩手・陸前高田市も大津波で甚大な被害を受けた。 当時9歳だった朗希少年は、父功太さん(享年37)と祖父母を亡くした。あれから3289日。身も心も大きくなった18歳は、プロ野球選手としての道を歩み出した。石垣島春季キャンプ中のインタビューでは初めて、父について語っていた。 

佐々木朗希投手震災から9年がたつ今、当時のことについて語ってくれているようですね。

佐々木朗希 石垣島春季キャンプのインタビュー全文!

こちらが佐々木朗希投手のインタビュー全文になります。

悲しい。悔しい。何で-。「3・11」には、人それぞれに感情がある。9年の歳月を経た今、佐々木朗希はどんな思いを抱いているのだろうか。「そうですね…」としばらく視線を虚空にさまよわせてから、とても落ち着いた声で話した。

朗希 悲しいことではあったんですけれど、すごく今に生きているなと。当たり前が当たり前じゃないとか、今あるものがいつまでもあるわけじゃないとか、そういうのを思い知らされました。

そう思えるまで、どれほどの時間がかかったことだろう。大津波は、朗希少年から多くを奪った。父、祖父母、仲良く過ごした家や街。大人であっても、簡単に気持ちを切り替えられる出来事ではない。それでも「今あるものがいつまでもあるわけじゃない」と後悔しないよう、一生懸命生きてきた。

学生時代は、毎朝のように遺影に向き合ってきた。大人の社会の仲間入りをしたからこそ、感じる偉大さに深みが出る。亡き父について、初めて口を開いた。今度は「なんか、僕が言うのもあれですけど」と気恥ずかしそうに前置きしてから、少し胸を張った。

朗希 誰とでもすごく仲良くしていて、みんなに愛されていたのかなぁ、と思います。

佐々木朗希 石垣島春季キャンプ中のインタビューについて

陸前高田の主張が当時のことを語ってくれているようです。

当時はどのような状況だったのか、そのあたりについて見ていきましょう。

陸前高田・戸羽市長は、そのシーンを強烈に覚えている。ある日、朗希の父・功太さんに会いに行くと、子どもたちとキャッチボールをしていた。当時、朗希少年は小学2年か3年だった。「それなのに功太のヤツ、朗希君に真剣に投げていたんですよ」。思わず「バカッ!」と怒ると、朗希の亡き祖母から「いいんだ、いいんだ」とたしなめられた。朗希はしっかり捕って、投げ返していた。この頃すでに、功太さんは周囲に「朗希はすごい選手になる」と予言していた。

その通りに育った息子を今は、郷土の少年少女が見つめる。戸羽市長は「子どもたちの勇気になる。頑張れば夢がかなうことを、朗希君が見事に証明してくれた。お父さんやお母さんの世代も含めて、街を間違いなく明るい雰囲気にしてくれていますよ」と地域のリーダーとして感謝する。震災後、市の人口は約2割減。復興が進む一方、活気を戻すのは簡単ではない。球史に残る速球が人々の心を1つにし、被災地の難題を打ち破る源になるかもしれない。戸羽市長は、朗希を“希望の星”と表現している。

佐々木朗希 震災から9年にネットの反応は?

さらに、佐々木朗希投手震災から9年についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

9歳で父を亡くしてこんなに立派な選手に育ったのは、それまでのお父さん、その後のお母さんの指導や育て方が立派だったのでしょう。
ロッテファンではないけど、プロでも大活躍することを願っています。
ダルビッシュクラスの大物ピッチャーになるのではないでしょうか。

辛い経験を代表今があるのですね。お父さんの予言と夢を叶える活躍を応援しています。プロ野球を代表する大投手となることを応援しています。

甲子園行出る事も夢だけどこれからの野球人生
東北全国世界のスーパースターになる事間違いなし、これ程の選手見れるとは野球会も盛り上がっていく、WBC楽しみ!

素材は超一級品かと思います
ロッテには是非、育成をしっかりして球界
を代表する投手にしてもらいたいです
地元にも希望を与えられる選手だと思う
他球団ファンだけど応援してます

陸前高田で生まれ、3.11という大災害を経験し、父親を亡くし、、、そしてこんなにも可能性のある選手に育ちプロ入り、どう考えても漫画の主人公。
困難があると思うけど本当に頑張って欲しい!

投げやりな意味ではないが、お父様への誇りを大切にしつつ、背負う必要のないものは背負わずに佐々木選手らしく活躍してほしい。

キャンプ中からとても優しい子だなと思ってた。
走り寄ってきた子供にも笑顔でサインしたり、この前の登校できない子へのメッセージや昨日の動画もそう。震災の過酷な状況を経験して、人に尽くそうという心が自然と生まれたと思いました。

朗希という名前。
元々神様から名付けられるべくして付けられた名前だと思う。
頑張れ!
野球ファンとして応援します!

終わりに

今回の記事では、佐々木朗希投手震災から9年についての内容やネットの反応をお伝えしました。

東日本大震災から今日で丸9年が経ちました。

佐々木朗希投手が当時のことを振り返ってインタビューに答えてくれましたね。

今後も佐々木朗希投手に注目し応援していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポーツ
ブログ民