子役・白鳥玉季 魅力がヤバイ!プロフィールや兄弟、小学校はどこ?

芸能

天才子役・白鳥玉季ちゃんの魅力が話題になっています。

現在放送中のテレビドラマ「テセウスの船」にて出演している天才子役、白鳥玉季ちゃんが今注目を集め話題となっていますね。

今回の記事では、天才子役・白鳥玉季ちゃんの魅力について見ていきましょう。

子役・白鳥玉季 魅力がヤバイ!

今最も天才子役として人気を集めているのがテレビドラマ「テセウスの船」に出演している白鳥玉季(たまき)ちゃん。

各メディアでも取り上げられ話題になっていますね!!

それでは、天才子役・白鳥玉季ちゃんについて報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

現在放送中の竹内涼真主演のテレビドラマ「テセウスの船」にも出演中の天才子役・白鳥玉季(たまき)が、いま熱視線を集めている!弱冠10歳ながら、実力派の俳優たちにも引けを取らない卓越した演技力を持ち、“大人びた子ども”の役柄も得意とする彼女が、この春、新作映画に2本立て続けに出演しているのだ。

口元のえくぼと凛とした瞳がトレードマークの白鳥は、これまでも坂口健太郎の娘役を演じたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や、本木雅弘と共演した映画『永い言い訳』(16)など、多くのテレビドラマや映画で活躍。“笑顔とでんぐりがえし”が特技だという、なんともかわいらしい彼女だが、黒木華主演のドラマ「凪のお暇」では、クラスの女子たちの子ども染みたノリにあえて合わせる早熟なカギッ子小学生を演じ、視聴者たちの話題をさらった。

そんな白鳥の今春の出演映画一本目は、現在公開中の『酔うと化け物になる父がつらい』。実体験をもとにした菊池真理子のコミックエッセイを、松本穂香と渋川清彦のダブル主演で映画化したヒューマンコメディだ。ヒロイン・サキの幼少期を演じている白鳥は、父が玄関で酔いつぶれていても、クリスマスの夜に悪酔いして二階の窓から侵入しても、冷めた目で見つめる娘を体現。酒に溺れる父親との異様な日常を、仏頂面と溜息でやり過ごそうとする様は必見だ。

続いて、4月3日(金)に公開される重松清原作の山田孝之主演作『ステップ』では、白鳥は主人公の娘・美紀の6~8歳期を演じている。妻に先立たれ、一人娘を育てることになったシングルファザー・健一(山田)の10年間がつづられる本作。憎まれ口をたたきながらも、父と並んで料理や洗濯をこなす美紀の様子は、健気で微笑ましい。一方、お盆で帰省した美紀が、写真でしか知らない母への複雑な想いを消化していく姿には、心を大きく揺さぶられてしまうのだ。

『愛がなんだ』(19)の今泉力哉監督による田中圭主演作『mellow』(公開中)でも、主人公の不登校気味の姪を好演している白鳥。若手女優発掘に定評のある今泉監督も彼女について、「オーディションで初めてお会いしたのですが、とても凄く魅力的でした。彼女の持つクールさや眼差しに惹かれました」と語る。ステレオタイプの子役とはひと味違った存在感を放つ白鳥玉季に、今後もぜひご注目を!

白鳥玉季(たまき)のプロフィールや兄弟、小学校はどこ?

こちらな天才子役・白鳥玉季ちゃんのプロフィールになります。

  • 名前:白鳥 玉季(しらとり たまき)
  • 生年月日:2010年1月20日
  • 年齢:10歳
  • 身長:130㎝
  • 趣味:体を動かす 本を読む
  • 特技:笑顔 でんぐりがえし
  • 所属事務所:スマイルモンキー

白鳥玉季ちゃんが、所属している事務所はスマイルモンキーという子役専門の芸能事務所になります。

スマイルモンキーは東京都目黒区にあるキッズ専門の芸能事務所。

4歳から20歳までの子どもたちが100人ほど所属しています。

白鳥玉季ちゃんには妹さんがいることが分かっていてとてもかわいいと評判のようです。今後は芸能活動として妹さんも出てくる可能性がありますね。

白鳥玉季ちゃんが現在通ってる小学校については公表はされてなかったようです。おそらく公表を控えてるのでしょう。

10歳の誕生日をサプライズで。

子役・白鳥玉季の魅力にネットの反応は?

さらに、天才子役・白鳥玉季ちゃんの魅力についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

凪のお暇で演じていた隣の鍵っ子の女の子役の時も本当に台本にここまでの細かなところも書いてあるのか?と思うほど仕草、目線やセリフがないところでもずっとその役を体現していて、お芝居というかその役に完全になりきっている。
この子が出てると安心してドラマに集中出来る。

表情というか演技というか、凄い独特の存在感があって、つい目を奪われる子役ちゃん。
中学生高校生になって、思春期の複雑な年頃の役もうまくこなしそうで楽しみです。

すごいですよね。
本当に他者の気持ちや立場が分かり、それをどんな風に表現すれば客観的に周りにどう映りどう伝わるのか、それを把握して自分の言動という演技で表現できているのだとしたら。

大人でも難しいのに、10歳の彼女にそれが可能なのだとしたら、それが才能というものなのかもしれない。才能はどのようにして根付き生まれ開花するのか、それは人によって違うのだろうね。
みんな一人一人自分だけの才能があれば良いのにね。

凪のお暇でも大人っぽい女の子役が抜群で上手でした。すでに整ったきれいな顔をしているし、将来どんな女優さんになるか楽しみ。

【凪のお暇】で、「この子、上手いなぁ」と思って見ていたので、【テセウスの船】で、「うららちゃんだ!!」と嬉しくなりました。
将来が楽しみな女優さんですね。

おぉこの子は!

遠藤憲一さん主演の「アウト&アウト」っていう映画で、遠藤憲一さん演じる探偵のお目付け役のような子をやってて、遠藤さんの他にも竹中直人さんとか早々たる面々の中で堂々と演技してたのは凄かったし、劇中でも大人びた一面とやっぱり年相応なんだねと思わせる一面をちゃんと使い分けて演じてたがスゴい印象的だった。

だから今の「テセウスの船」でも負けず劣らずの演技をしてるからホントスゴいと思う。

凪のお暇の時、最初嫌なガキと思わせといて、凪のくしゃくしゃな頭をさわりたかったって場面が印象深く残っています。黒木華、吉田羊と三人の場面でも、すごい存在感。テセウスでも、台詞がはっきり耳に入ってくる。佐野家が幸せになってほしいな。芦田愛菜ちゃんみたいにぶれない感じで育ってほしいです。

演技力も素晴らしいし、顔がものすごく整ってる。
その上でくしゃっと笑うものだから、たまらなく可愛い。

子役から大人の役者への脱皮って難しそうですね
成功例より失敗例の方がどんどん頭に浮かびます
この女の子には前者の成功例になってもらいたいですね

演技力も容姿も、本当に末恐ろしい子が出てきたなと思いました。

この子は台詞以上の、その場から滲み出てくる雰囲気のようなものも上手く演じているなと思います。

今テセウスも見ていますが、もっと色んなお芝居を見てみたいなと思う子役の1人です。

終わりに

今回の記事では、天才子役・白鳥玉季ちゃんの魅力の魅力についての内容やネットの反応をお伝えしました。
天才子役としてこれから活躍が期待される白鳥玉季ちゃん。

もしかしたら第二の芦田愛菜ちゃん以上の存在、スター性があるかもしれませんね。 今後の活躍に期待したいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。