佐藤浩市 激やせ真相が判明!ポリープ手術やアニサキスに当たった?

芸能

「佐藤浩市 激やせ真相」が話題になっています。

俳優の佐藤浩市映画のインタビューで写真を公開し、 その姿があまりにも激瘦せすぎていたため心配の声が上がっていました。

そんな中、 本人の口から真相を告白したことが話題になっていますね!

今回の記事では、「佐藤浩市 激やせ真相」について見ていきましょう。

佐藤浩市 激やせ真相が判明!

佐藤浩市さんが激やせしたことで病気なのではないかと心配の声がこれまで上がっていました。

ですがここにきて、本人の口からその真相を告白してくれているようです。

それでは、「佐藤浩市 激やせ真相」について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 3月8日、映画コメンテーターのLiLiCoが、映画「Fukushima 50」主演の佐藤浩市(59)にインタビューした際のツーショット写真をブログに掲載。そこに写っている佐藤が老け込み、頬もこけ、あまりに“激ヤセ”しているように見えたことが大きな波紋を呼んだ。

【画像】 LiLiCoのブログに掲載された問題の“激ヤセ”写真

「重病を患っているのでは」「次作の役作りだろう」などと憶測が飛び交うなか、週刊文春が取材を申し込むと、佐藤本人が直接真相を明かした。

渡辺謙、佐藤浩市に英語でツッコミ!?映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)日本外国特派員協会 記者会見
#7 スペシャルゲスト 佐藤浩市が登場!

佐藤浩市 激やせ真相はポリープ手術やアニサキスに当たった?

佐藤浩市さんの激やせ騒動ではこれまで重病を患っているのではないかとか役作りのためだろうとか様々な憶測が立っていました。

どれぐらい痩せたかについてはこちらの記事でまとめています。

ですがようやく本人の口からその回答が聞けるようです。

本人の口から告白された激ヤセの真相について詳しく見ていきましょう!

「昨年9月くらいに大腸のポリープを取りましょうという話があり、年明けに内視鏡の手術を受けたのです。さらに、それを取ったとき、見えにくい腸壁の部分に痕のようなものがあることも分かった。それで、スケジュールが合う2月下旬にその削り取り手術もしたんです。トータルで1週間ぐらい絶食し、結構(体重減少に)効いたな、と」

加えて1月下旬にはアニサキスに当たり、数日間食事が摂れなかったという。

「それもあって酒の量も減らして、なおかつ運動はしていたので、どんどん絞れていっちゃっていたというのが事実。体重は5キロ強落ちた。皆すごく心配してくれて申し訳なかった。あまりに心配かけちゃったので、少し(体重を)戻そうかなと思っています」

病理検査の結果は陰性。今はゴルフもやり、次作の撮影にも入り、普通の生活に戻っているという佐藤。LiLiCoのブログに掲載された自分の写真に対する感想など、詳しくは18日発売の週刊文春で報じている。

「佐藤浩市 激やせ真相」 ネットの反応は?

さらに、「佐藤浩市 激やせ真相」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

良かった。
本当に良かった。
まだまだずっと、お元気でいて欲しいです。

ご本人の説明なので、信じることにします。素晴らしい役者さんなので、これからも元気に活躍していただきたいですものね!

よかったです。
もうあぶない状況なのかと思ってしまっていました。
本当によかったです。

悪性のものを抱えてないとあの様な痩せ方はなかなか難しいとは思いますが、寛解して元気になればそれで良い。太る事が出来れば大丈夫だろう。

手術だったりアニキサスだったりで食事ができなかった…にしても痩せすぎな気が…

んー、あまり信用できないというか。。
悲しくなりました。

川島なお美さんも激やせ時にこんな感じの言い訳を言われていた気がして。

まぁ、真実は言わないにしても、わざわざ真相を語るっていうのが本当と思えなくて悲しいです。

うちの母も大腸ポリープの手術をしてますが激痩せはしませんでした。
本人が大丈夫と言うなら信じましょう。
でも無理は禁物です。

やっぱり手術されたんだね。役作りの痩せ方ではなかったから。

回復される事を願ってます。お大事に。

5キロ程度の痩せ方には見えなかったですが、
ご本人がそうおっしゃるならば余計な詮索はせずに見守るしかないですね。
まだまだお若いですから、今後もどうか健康でご活躍されますように。

「佐藤浩市 激やせ真相」 終わりに

今回の記事では、「佐藤浩市 激やせ真相」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

どうやら今回は役作りのための激やせだったようですね。重い病気ではないかと心配の声が上がっていたので安心しました。

佐藤浩市さんの映画が楽しみですね!

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。