西田敏行 訴えとは?要望書の内容は?芸能界への影響は?【画像】

芸能

「西田敏行 訴え」が話題になっています。

日本中いや世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、俳優の西田敏行さんが芸能界のために立ち上がったことが報じられ話題になっています。

西田敏行さんの切実な訴えが報じられていますね。

今回の記事では、「西田敏行 訴え」について見ていきましょう。

西田敏行 訴えとは?

世界中でコロナウイルスの感染拡大が広がる中、俳優の西田敏行さんが芸能界のために立ち上がりました。

それでは、「西田敏行 訴え」について報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

中国では8万人、イタリアでは1万5000人、イランでは1万人……世界規模で感染者が増え続けている新型コロナウイルス。日本の芸能界でも、映画やドラマの撮影中止やイベントの中止など多大な影響が出ている。
舞台を中心に活動する俳優はコロナウイルスの影響について、次のように話す。
「予定していた公演が次々に中止になって、これがいつまで続くのか……そう思うと本当に怖いです。舞台俳優は1つの公演がなくなって、アテにしていたギャラがなくなってしまうと、本当に生活ができなくなってしまうという人も多いので……。劇団も公演がなくなって大変なので、保障してほしいとも言えなくて……。俳優としての仕事はこれからもどんどん中止になっていくことが目に見えているので、バイトを増やして生活していくしかないですね」

舞台を中心に活動している俳優たちは、新型コロナウイルスの感染拡大で公演の中止やイベント出演などができないような状況になっているようです。

そんな中、西田敏行さんが要望書を提出したことが取り上げられています。

西田敏行 要望書の内容は?芸能界への影響は?【画像】

日本の俳優連合の理事長が西田敏行さんなのはご存知でしょうか。

こちらが西田敏行さんが提出した要望書の画像になります。

俳優の生活を守るために西田敏行さんが声をあげたことが報じられています。

俳優は“生きる危機に瀕する事態”に
そんななか俳優たちの仕事と生活を守ろうと声を上げたのが、西田敏行だ。
3月5日、『日本俳優連合』は安倍晋三首相、菅義偉官房長官、加藤勝信厚生労働大臣宛に『新型コロナウィルス感染防止措置に伴う公演などの中止に伴う声明 及び働き手支援についての緊急要請』という要望書を提出した。この日本俳優連合の理事長が西田なのだ。

要望書のなかで西田は、

《私たちは今般の政府のご意向に添い、不特定多数の人々が集まるイベントなどの開催自粛を受けて、俳優は、映画・演劇・イベントなどの主催者の指示に従い、中止(キャンセル)を受け入れております》

《しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています》

《私たちにとっては仕事と収入の双方が失われ、生きる危機に瀕する事態です》

と、俳優たちの現状について訴えた。

政府が発表した緊急対策には、コロナウイルスについての助成金が盛り込まれている。臨時休校の影響で仕事を休んだ場合に支払われるというこの助成金だが、企業に雇われた保護者の場合は1日8330円なのに対し、フリーランスの場合は1日4100円となっている。

俳優はそのほとんどがフリーランスの立場である。これについて西田の要望書は、

《どうか雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう要望いたします》

という言葉で締められていた。
西田が理事長を務める日本俳優連合は、テレビ局などの制作側と対等な出演契約を結ぶことが難しい俳優の権利を守る団体として1963年に発足。2600人もの俳優が加入しているという。今回の要望書の提出を担当した、日本俳優連合の国際事業部長である森崎めぐみさんは、

「まだまだ俳優の社会保証、社会保険や労災保険などが足りていないなかで、コロナによって現在俳優たちの仕事は、“キャンセルが当然”というような状態になってきています。しかし、個人事業主で働いている俳優たちにはキャンセル料の交渉などはまったくできない。要望書にあるように、このまま改善がされないと、生活にも困っていくだろうということが目に見えていますので、『日本音楽家ユニオン』など、ほかの団体とも連携しながら、今回要望書を提出させていただきました。理事長の方針として、組合員の健全な労働と芸術活動が大前提ですので、非常事態であっても最低限のことは保障されてほしいというのが願いです」

「西田敏行 訴え」 ネットの反応は?

さらに、「西田敏行 訴え」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

稼ぐ人は億超えで食えない人はコロナ関係なく仕事はないのが俳優業
困ってから国を頼る前に組合でも作って互助システムを構築するべきなのにこれまで何もしてこなかった
サラリーマンなら収入に応じた保険料が天引き積立されてるから失業休業に補償が入るが稼げる時に負担しない俳優が補償だけ欲しいは狡いわ

豪邸に住んでる俳優もたくさんいるんだから、俳優同士で助け合うシステムを作った方がいいんじゃないかな?
苦労を承知で俳優になったんでしょ。

まずは事務所と話してみては?
俳優業に限らず、個人または小規模で仕事をしている方々はたくさんいますよ!
その方々も今回の危機を乗り越えようと必死です!

元々個人事業主の俳優なんてそんなもの
いまさら何を政府に助けを求めてるのか
俳優だけではなく、今は全ての一般企業も自粛自粛で大変な時なんだから

俳優だけが特別みたいに言ってるのは大間違い
そういう状況が嫌なら俳優やめて普通に働けばいい

昔から芸能人なんか不安定職業の代表だろ
何を今更って感じ

これは政府に言うことか?
芸能界は稼げる人とそうでない人の差が激しいし、元々不安定な職業
それをわかっていて芸能人になるんじゃないの?
コロナで自粛したからと言って、西田敏行レベルの人が生活できなくなる訳じゃないし、万年売れてない舞台役者は平常から食えてないからさほど変わらないと思うけど

言い尽くされたことですが、サラリーマンは毎月の給料から少なくない割合で税金を自動的にひかれています。
フリーランスや俳優業の方が不平等だから平等に補償してくれと訴えるなら、儲けた時に節税対策ばかりせず国に還元していれば誰も文句は言いません。
フリーランスや個人事業主や俳優の方で、サラリーマン並みの割合で税金を払っている人はほぼいないはずです。
サラリーマンで毎月真面目に税金を払っている人には、それくらいの恩恵があっても良いのでは。

そういう不安定な道を選んだのは自分自身
いきなり国に援助を求めるのは違うでしょ
まずは所属してる事務所を頼れば?

これは賛同致しかねます。
経済的打撃を受けているのは俳優さん達だけではありません。

そして子供達に目を向けてほしいです。卒業式が出来ず号泣、選抜高校野球は中止、さらに社会に羽ばたこうとしたのに内定取り消し等々

舞台を上演出来ない悔しさをバネに、迫力には欠けますが、有料ネット配信、これまで上演のパンフやフライヤ一があれば、ネットで販売するなど、試行錯誤して頂きたいです。

破棄される運命だった給食の食材は、有料で人々の台所にあります。

皆さん色々知恵をしぼっているのです。

頓珍漢な事を仰る方がまた出てきましたね。
そもそも、芸能人やら俳優というお仕事は、世の中に絶対に必要だという仕事ではないのですよ。
売れれば、桁違いの贅沢な生活が出来、売れなければ日々の生活も厳しいと聞きますが、それを承知で社会活動のサイクルから外れた生き方を選んだのですから、国難といも言える今回のような状況になった時に甘えてくるのはやめて頂きたい。

個人経営で収入ゼロは沢山います。
ピタリとお客がこないけど家賃や光熱費など経費はかかるし。
その点、役者さんは経費かからなくていいなぁ。

「西田敏行 訴え」 終わりに

今回の記事では、「西田敏行 訴え」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

俳優の西田敏行さんが新型コロナウイルスの感染拡大で、俳優達にも大きな影響を及ぼしてることを訴えたことが報じられました。

この事からあらゆる業種で様々な影響が出ていることがわかりました。

西田敏行さんの訴えがどのような形になるか、今後の動向に注視していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民