サガン鳥栖 存続危機がヤバイ!YouTubeで選手メッセージ動画も!

芸能

「サガン鳥栖 存続危機」が話題となっています。

Jリーグのサガン鳥栖が資金難によってチームの存続が危機的状況に立たされてることが報じられ話題となっています。

いったいどのような状況なのでしょうか。

今回の記事では、「サガン鳥栖 存続危機」についてご紹介します。

サガン鳥栖 存続危機がヤバイ!

サガン鳥栖が存続危機に立たされているようです。

Jリーグで活躍するサガン鳥栖の存続危機が報じられネット上でも話題となっています。

それでは、「サガン鳥栖 存続危機」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

サガン鳥栖が、資金難によるチーム存続危機に立たされたことが18日、分かった。

ここ数年、攻撃的な経営で事業拡大を目指したが、逆にチーム経営を圧迫した。元スペイン代表FWフェルナンドトーレスを獲得するなどで話題は集めたが、スポンサー開拓には結びつかなかった。このほどJリーグに緊急事態を報告した。新型コロナウイルス感染拡大で他のクラブも経営圧迫されている現状で、Jリーグは「リーグ戦安定開催融資制度」適用などの解決策を模索している。

鳥栖が資金難に陥ったのは、昨季からだった。ここ数年業績が悪く、昨年7月にJリーグが公開した18年度のクラブ決算ではJ1クラブ最多の5億8100万円の赤字。果敢な投資の一方で資金繰りに苦しみ、佐賀県などで薬局を経営する会社の経営者でもある竹原稔社長(59)が私財を投じて経営を維持してきた。その額は30億円を超えるともいわれる。当初は、今年初夏までは経営できるとの見通しでその間、新規のスポンサー探しに全力を注いだ。しかし、昨季前に背中スポンサーのcygames(サイゲームス)が離れ、今季直前に胸スポンサーのDHCが契約延長しないなど主力協賛会社が離れた。

Jリーグ幹部は「鳥栖が苦しんでいるとの報告は届いている。しかし今、新型コロナウイルスで経営が圧迫されているクラブは他にも多いので、リーグ戦安定開催融資制度を鳥栖1つのクラブにつぎ込むことは難しいかもしれない。まず理事会を通すことはできるかの問題もある。実行委員会でも相当な反対が予想される」と話した。

サガン鳥栖 YouTubeで選手メッセージ動画も!

公式のYouTubeで選手たちがメッセージ動画を公開してくれてくれています。

2020シーズン再開に向けて〜ゲーム対決【FIFA 20】⑭〜

J1鳥栖は12日、Jリーグ再開延期を受けて、「サガン鳥栖オフィシャルYoutube」で、選手が企画した動画公開していることをPRした。

「ホーム開幕戦を含めて試合を楽しみにしていたサポーターの皆様へ、サガン鳥栖を身近に感じて頂くために」というのがその趣旨。動画では選手が入念な手洗いを行うことで感染拡大に対して注意喚起するものから、選手同士の「絵心対決」、「書道対決」といった笑いを届けるものなどがアップされている。

鳥栖公式HPでは「試合中にはなかなか見られない選手のプライベートな笑顔や姿をお楽しみ頂ける内容となります。どんな困難も、みんなで一つになり、そして厳しい状況の中でも笑顔、楽しむ姿勢を忘れず、少しでも皆様の元気の源になれるようやって参ります」と呼びかけている。

「サガン鳥栖 存続危機」 ネットの反応は?

さらに、「サガン鳥栖 存続危機」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

甘すぎ
高給取りの選手が数名いるんだからまずはその選手を放出したりするべき
身の丈にあった経営をしてないのにリーグから借金してJ1とかはおかしい

こういう時に鳥栖は目立たず強化している。新戦力とのコンビネーションの熟成やディフェンス強化に取り組める。幸い佐賀は感染者が少ない。九州のチームと練習試合が多くできるね。

2018年度の5億の赤字の大半がトーレスの年俸分だろう
今コロナの影響はあれど去年からスポンサーの撤退が続いており経営難は別問題
神戸の三木谷みたいに金に糸目をつけないレジェンド漁りを鳥栖の竹原が真似しても無理があるのは判り切った話だ
Jの緊急融資を受ければペナルティの勝ち点-10もありJ2落ちは避けられないから身の丈に合う経営にチェンジするしかないね

何かあってもJが助けてくれる、と分かってるから身の丈以上の事を平気でやっちゃうのだろうな。

あの補強の時も周り至るところから大丈夫?と指摘されてこの結論だからね。
こんな甘甘なお助け繰り返していればいずれJ自体が崩壊する運命が待っていると思うけどね。

明らかな経営ミス。

大手スポンサーが一時ついたからといって、例えば無能で手腕の未知数なカレーラスを複数年契約にするなど、調子に乗った判断をしたフロントが悪い。

自業自得。完全に自爆。
神戸の真似がしたかったのか知らんが、バルサの流れを汲んだスペイン風ポゼッションサッカーなんて資金力が無いクラブはやっちゃダメ。
ユン・ジョンファン監督時代のハードワークからのカウンターで泥臭く勝ち点を拾っていく弱者のサッカーをクラブのスタイルとして貫いていくべきだった。
フロントの迷走に選手とサポーターが振り回される一例。降格するクラブの特徴。

そもそも何で無理してトーレスを獲得したんだろう。
神戸はタイトル獲れたし、イニエスタは鹿島でいうジーコになれる(なった?)けど。
鳥栖はトーレスを獲得して何か遺産残せたのだろうか。
収益も期待してたほど上がらなかったからこうなってるんでしょ?
監督までビッグネーム連れてくるって話が実現しなくてまだ良かったね。

胸スポンサー決まらないって騒いでた段階で薄々やばそうとは思ってたけど、社長30億も注ぎ込んでこの状況なのは瀕死寸前に思えるな。。。
しかしよりによってコロナで各チーム経営危機になりそうなタイミングで鳥栖が手を上げたからJ3とかから連鎖的に手を上げるとこ出てきてもおかしくないかもね。

社長が30億つぎ込んでるから、行政含めてやりたい放題の事をしてたんですね。

それで、大口スポンサーがサヨナラしたのなら、これも運命。
身の丈にあった経営をするしかないよね。

まぁ前回扱けそうになった時も、松本育夫さんを当てがってもらえた経験が、吉と出るか凶となるか。だね。

今シーズンはJ1で戦うだろうけど、このまま経営の改善がはかれないなら、一度JFLまで降格して身の丈にあわせてチームを存続させるしかないのでは?
最悪なのはチームを解体してしまう事であり、チームが存続さえすれば、再度J1への復帰の可能性もあるのだから。

「サガン鳥栖 存続危機」 終わりに

今回の記事では、「サガン鳥栖 存続危機」についての内容やネットの反応をお伝えしました。
Jリーグのサガン鳥栖が存続危機に立たされていることが報じられネット上でも話題となっています。

なんとかこの危機を乗り越えていけるといいのですが。みんなでサガン鳥栖を応援しましょう。

それでは今回はこの辺で最後まではみたいきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民