サンドウィッチマン 神対応がヤバイ!ギリシャから来た火消えた?

芸能

「サンドウィッチマン 神対応」が話題となっています。

東京オリンピックの聖火が宮城県東松島市に到着し強風だったため2度も消えてしまうハプニングが起きたようです。

そこでお笑い芸人のサンドウィッチマンが神対応を披露し話題となっていますね!

今回の記事では、「サンドウィッチマン 神対応」についてまとめていきます。

サンドウィッチマン 神対応がヤバイ!

サンドウィッチマンが神対応を見せてくれました。

東京オリンピックの聖火が強風だったため2度も消えてしまったハプニングが起きたもののさすがのトーク力でバーをつないだと好評のようです。

それでは、「サンドウィッチマン 神対応」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

東京五輪の聖火が宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着した20日、東日本大震災被災3県(宮城、岩手、福島)で行われる「復興の火」としての聖火展示が宮城県石巻市からスタートした。強風で“親火”のランタンの聖火が2度消えるハプニングもあったが、新型コロナウイルス感染拡大がいまだ収まらない状況に関係なく、聖火を一目見ようとする人々の長い行列ができた。

【写真】点火が成功し拳を突き上げるサンドウィッチマン伊達みきおと 賞賛の拍手をする富澤たけし、村井宮城県知事、亀山石巻市長

◇    ◇    ◇

ギリシャから到着したばかりの聖火に強風が襲いかかった。聖火が「復興の火」としての展示を開始した初日。気象庁によると、会場の石巻南浜津波復興祈念公園がある宮城県石巻市の20日午後3時の風速は11・8メートル。強風で絶え間なく砂が舞い上がった。同県出身のお笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきお(45)は「ここはサハラ砂漠みたい。こんな強風で、聖火を乗せた飛行機がよく着陸できた」と驚いた。

新型コロナウイルス感染拡大の中、聖火リレーも規模縮小を余儀なくされている。同所では展示を屋内から屋外に変更。そのため、ランタンの聖火から展示用の聖火皿に火を分ける際、強風の影響をもろに受けた。点火棒の燃料の不具合も重なり、ランタンの聖火が2度消えた。スタッフが近くに止めたトラックに走り、予備用の聖火からランタンに再び火を分ける作業を繰り返した。

サンドウィッチマン ギリシャから来た火消えた?

東京オリンピックの聖火が2度も消えてしまうハプニングが起きてしまったことには驚きましたね!

ですがそこはさすがのサンドイッチマンが神対応を見せてくれたようです.

いったいどのような対応だったのかさらに詳しく見ていきましょう!

ランタンの火が消えるたびに会場は静まり返ったが、サンドウィッチマンが場をつなげた。「ギリシャまで火を取りに行っています」とユーモアたっぷりにフォロー。予定にないショートコントも披露した。屋内でのランタン展示に切り替えるアナウンスも行われたが、“三度目の正直”で聖火皿への点火が成功すると、大きな歓声が起きた。

予定から約1時間遅れで開場した際までに、約300人が並んだ。石巻市は当初、コロナ感染防止の一環として、2メートル間隔で並んで観賞するように呼び掛けていたが、行列は間隔なく伸びる一方となり、スタッフは、数人ずつ区切って観賞してもらう方式を取るだけで精いっぱいだった。500メートル以上の行列ができたり、会場周辺の道路では渋滞が起きるなど、聖火は歓迎一色で迎えられた。

「復興の火」は聖火リレー開始前日となる25日の福島県いわき市まで東北3県を巡回する。【近藤由美子】

東京五輪の聖火が2度も消えてしまうハプニングには驚きましたがさすがのサンドイッチマンの対応は神がかっていましたね!

今後も炎も消えず人から人へつながっていくことを願っています。

「サンドウィッチマン 神対応」 ネットの反応は?

さらに、「サンドウィッチマン 神対応」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

アドリブに強いのはさすがすぎる
暗い話を明るい話にして、誰も傷つかない笑いに変えれるって本当に凄い事
震災の話も泣きながら笑ったし
運営側もサンドウィッチマンで良かったね

主催者は、聖火が消えないような対策をもっとできたのでは?と思うことしきり。しかし、サンドイッチマンを起用していたことで、その落ち度も帳消しですね。さすがは東北の星です!

見ていたが、強風は関係なく、係の者たちの落ち度だった。
点火使用する点火棒が機能していなかったのが原因だ。
国家的行事だというのに、なぜ事前に用具が機能するかどうかの確認をしておかなかったのか?
あまりにもお粗末だった。

五輪の輪は歪むし聖火は消えるか 中止しろと言わんばかり
これほど運のない恵まれない流れの五輪も初めてなのでは

点火するまで長かったですね。
あんなにつかない?
点火棒が機能していませんでした。
突然、インタビューに変わったり、質問コーナーになったりとサンドさんならではでしたね。
うまく収めてくれて、流石の神対応でした。

しかし、これでコロナが収まらないうちに予定通りの開催を強行すれば、ほんとに聖火は消えるね。サンドウィッチマンも助けてはくれないよ。

東京オリンピックの前途を

物語っている。

いまや、国民一丸となって

開催を歓迎している状況下にない。

ギリシャでの聖火リレー中止といい

とてもとても通例と異なる。

早く中止してください。

この二人は性格が良さそうで好きです。それにしても、盛り上がらないですね、、。早く決定しなければ、何をやっても中途半端な盛り上がり。

1964年東京オリンピックは高度経済成長、五輪の輪がパイロットの腕により上空で見事に描かれたそうです。
しかし2020年、この状況でオリンピック開催の話しを聞くと寂しく辛く怖く感じる。
聖火がつかないだけで済んで良かった。
今年は辞めましょ。皆さんが元気になってからにしよ!

サンドさんは大好きです。
しかし、このオリンピックは、失敗すると思います。
完全なオリンピックなんて今の状況てはむりだし、私が国の首長なら東京オリンピックは棄権、拒否します。
自国民を守る為に。

「サンドウィッチマン 神対応」 終わりに

今回の記事では、「サンドウィッチマン 神対応」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

東京五輪のランタンの聖火の火が2回も消えてしまうハプニングをサンドイッチマンがさすがの神対応トークで場を切り抜けたことがわかりました。

さすがサンドイッチマンといったところですね!

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民