剛力彩芽 長編ドラマ復帰を調査!佐々木蔵之介との共演がヤバイ!

芸能

「剛力彩芽 長編ドラマ復帰」が話題となっています。

元、ZOZOTOWNの前澤社長と交際していた剛力彩芽さんが、女優として長編ドラマに復帰することが報じられ話題となっています!

これは驚きましたね!次に剛力さんがドラマの世界に帰ってきます。

どんなドラマなのか今から楽しみなファンも多いはず。

今回の記事では、「剛力彩芽 長編ドラマ復帰」についてまとめていきます。

剛力彩芽 長編ドラマ復帰を調査!

ZOZOTOWNの元社長の前澤さんと交際していた剛力彩芽さんが女優として復帰することが報じられ話題となっています。

一体どんな役どころで、どんなドラマなのか気になりますね!

それでは、「剛力彩芽 長編ドラマ復帰」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

佐々木蔵之介(52)がテレビ朝日系ドラマスペシャル「陰陽師」(29日午後9時放送)に主演し、怨霊をはらう安倍晴明を演じることが20日、分かった。市原隼人(33)ふんする相棒、源博雅と平安京にはびこる怪異に挑む。久々の長編ドラマ出演となる剛力彩芽(27)も医者の助手、如月として登場。蘆屋道満役の竹中直人(63)とともに物語を彩る。

剛力彩芽 長編ドラマ復帰を調査!佐々木蔵之介との共演がヤバイ!

ドラマスペシャル【陰陽師】3月29日(日)放送 予告動画

剛力彩芽さんがドラマで復帰し話題となっています。

どうやら佐々木蔵之介さんが主演を務めるテレビ朝日系ドラマスペシャルの「陰陽師」に主演するようですね!

このドラマに久々の復帰となる剛力彩芽さんが医者の助手役として登場するというのです。

どういった内容なのかもう少し詳しく見ていきましょう。

夢枕獏氏の小説シリーズ「陰陽師」はこれまでも数多く映像化されているが、、今回の原作「瀧夜叉姫」が題材となるのは初。“シリーズ最強の敵”と言われる平将門の怨念により、滅亡の危機にひんした都を救うため奮闘する晴明の姿を幻想的な世界観で描く。

昨年6月に岩手県内で撮影された。剛力は昨年末にテレビ東京系深夜ドラマにゲスト出演したが、今作が久々の長編復帰作となる。優しい雰囲気ながら深い闇を抱える物語のキーマン、如月を演じる。広く知られる作品へのオファーを「とてもうれしかった」と喜び、「私の大好きな時代劇、描かれることが少ない平安時代の作品という部分でもとてもワクワクしました」。

主演の佐々木は「晴明と博雅はまさに“陰と陽”、そういう“バディーもの”のような感じが出せたら」と話す。市原とは08年の映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」で共演した旧知の仲で、「変わらずまっすぐで純粋ですね」と印象を語る。市原も佐々木との芝居を振り返り「改めて“役者ってすてきだな”と思わせていただける蔵之介さんの背中を、そばで見ることができてうれしかったです」。剛力は「皆様にもタイムスリップして楽しんでもらえるような作品になっていたらうれしいです」と話している。

◆ドラマスペシャル「陰陽師」 安倍晴明(佐々木)は兄弟子に頼まれ、友人の源博雅(市原)と、ある呪いにかかったとされる男の様子を見に行く。医者とその助手の如月(剛力)から説明を受けた晴明が男の額に手を当てると、顔のでき物の隙間から目玉が表れる。男は20年前の平将門の乱で手柄を挙げていた。晴明は、周囲で続く奇妙な出来事が将門と敵対する人物に起きていたことに気付く。

「剛力彩芽 長編ドラマ復帰」 ネットの反応は?

さらに、「剛力彩芽 長編ドラマ復帰」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

すごいですね。
あんなに事務所ゴリ押しだったのに、ゾゾと付き合っている時は、仕事したくない的で一切仕事していないようだったが、別れたらまた事務所がゴリ押ししてくれるなんて。優しい事務所ですね?
でも、どうして剛力だけこんな高待遇?
若手演技派たくさんいそうなのに?

萬斎さんの清明のイメージが強過ぎるので
蔵之介さんだとどうなのかなーと思ってしまう。
放送を楽しみにして、その辺は吟味しようと思う
市原さんの博雅もどうなのか楽しみ。

この写真だけで見ると、佐々木さんは好きな役者さんですが、晴明のイメージではないかな…野村萬斎さんのイメージがまだ強すぎて。あの、お狐顔のシュッとした感じがバッチリだったので。
でもそこは、演技力でどうとでもなるのかな。楽しみに見ます。

俳優女優は私生活で色を出しすぎると役として感情移入ができないから、期待しない。
一人こういう人がいるとドラマ自体が崩壊する

剛力彩芽が、可愛くない事は写真で分かった。 演技力がショボかったら、このままドラマ女優としても復活できないで終わるだろう。

他にも演じられそうな女優さん、いると思うけど。。
演技派でもないし、写真の長髪もあまり似合わないし。
また「事務所のごり押し」と言われるのがオチじゃないかな。。

イメージかえるのに、代表作作るのに必死だよね。今は前澤の元カノって肩書しかないもんね。

長髪のかつらを着用するようになっただけ、危機感はあるのでしょう。
以前の、ガッチャマンや黒執事やビブリアのように、原作の設定やキャラクターを崩してまでショートヘアにしていた頃なら、陰陽師に出演するにしても「実は女性であることを隠している男装の陰陽師」だの「社会の常識に逆らって短髪で過ごす破天荒な貴族女性」だのといった役回りを事務所が用意させていたことでしょうから。

それにしても、あれだけゴリ押しされていながら、その後もう大会社社長夫人か、籍入れないにしても内妻でずっと食えるから女優業いらないもんとばかりに何も仕事休んでたのに、それが破局で仕事に戻ってきてもこんないい役もらえるんだ。よほど事務所に愛されているんですね。

前は野村萬斎さんの晴明、伊藤英明さんの博雅でしたね。
萬斎さんは凛としていて、艶がありました。伝統芸能に身を置いているからこその佇まいなんでしょうね。
伊藤さんは若者らしい純粋さがあって、良いコンビだったな~と思いました。
新しい晴明と博雅はどんな感じなのか、楽しみです。

「剛力彩芽 長編ドラマ復帰」 終わりに

今回の記事では、「剛力彩芽 長編ドラマ復帰」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

元、ZOZOTOWNの前澤社長とお付き合いしていた剛力彩芽さんがついにドラマに久々に復帰するということで話題になっていました。

剛力さんの復帰の演技が今から楽しみですね!

陰陽師のドラマを見逃さないように。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。