IOC委員 延期決定発言で時期はいつになる?ネットの声や反応は?

スポーツ

「IOC委員 延期決定発言」が話題となっています。

新型コロナウイルスが世界中で感染拡大を広げる中、東京オリンピックの開催延期について IOC 委員が発言したことが報じられ話題となっています。

やはり東京オリンピックは延期となるのでしょうか。

今回の記事では、「IOC委員 延期決定発言」についてまとめていきます。

IOC委員 延期決定発言を調査!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東京五輪が延期になるのではないかと囁かてられてる中、 IOC 委員が 延期決定の発言をしたことが報じられ話題となっています。

それでは、「IOC委員 延期決定発言」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

【ニューヨーク=上塚真由】国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド委員=カナダ=は23日、米紙USAトゥデイ(電子版)の電話インタビューに応じ、今年7月24日開幕予定の東京五輪について「延期が決まった」と述べた。同氏は21年への延期の可能性が高く、4週間で詳細は決まるとした。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、IOCは22日に理事会を開き、開催の延期を含めた検討を始めると発表していた。IOC委員が延期が確定したと言及するのは初めてとみられる。

パウンド氏は同紙に対し、「IOCが持っている情報に基づき、延期は決まった」と指摘。また「変更による影響への対応を始める。これは計り知れない」とし、今後の手続きは困難になるとの認識も示した。

同氏は1978年から委員を務める最古参で、2月にも海外メディアに「1年延期」の可能性を言及するなどし波紋が広がっていた。

IOC委員 延期決定発言で時期はいつになる?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて IOC が理事会を開き開催の延期を含めて検討を始めると発表したことが報じられました。

今回は IOC 委員の延期が確定したと言及するのは初めてのようですね。

現在のところはいつに延期になるかについては公表はされておりません。

一部のメディアでは、

  • 2020年秋
  • 2021年に延期
  • 2022年に延期

このような予想が立てられています。

IOC 東京五輪“延期”含め検討 4週間以内に結論(20/03/23)

「IOC委員 延期決定発言」 ネットの反応は?

さらに、「IOC委員 延期決定発言」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

そういうことであれば、もう聖火リレーも開催時期にあわせて最初からやり直すことにすべきだ。これもオリンピックのイベントの大切な一部であって、安倍さんのいう「完全な形での実施」という趣旨から言っても、自動車で運ぶのでは意味がない。

誰が考えてもそうなるに決まってる!

完全中止は5兆円もの経済損失があるとかで、ダメージが大きすぎる。
通常開催は、ボイコットが相次いで、大会として成立しえない。
となれば、延期しかないのは自明の理。

そんなことは2月初めにわかっていた。
あとは延期する言い訳を探していただけのこと。

正式に延期が決定した際は、中国が何らかのコメントを出すべきと思う。今にピークを迎える選手や開催国の経済的損失…など責任の一端はウイルス発祥に対する初動の遅れが原因なのだから。

五輪開催に関しては、各関係者からアドバルーンがよく上がりますね。

情報戦もあるのだと思う。

役員にも自分勝手な輩がいますね
他国のことなので平気で語れるけど、通常開催か中止の二択しかオリンピックにはないんですよ!
通常通り開催できないので、中止の決定を早くしてほしい…
来年コロナが再発しないって考えないのかな…

延期になるだろうと思っている人が多いと思うが、
1委員が決定前に口走るのはよくないな。
時期はコロナの様子をよく鑑みて慎重に決定してほしい。

そんな事、既に大人は暗黙の事実として受け止めているしなぁ。
開催時期のリークがあったら、記事にして。

普通に考えたら、延期は既定事実だっただろww
今は延期による損害の責任の押し付け合い、駆け引きのフェーズだよ。

トランプさんが1年延期と言えば、
ポチの日本は、1年延期します!
というのは、当たり前。

公式発表があるまでマスコミに情報を流すのはどうかな守秘義務はないのか

「IOC委員 延期決定発言」 終わりに

今回の記事では、「IOC委員 延期決定発言」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東京オリンピックが延期になることがほぼ確定的なようですね。

IOC 委員が言及したということはそういうことになりそうです。

ですが正式な発表ではないため今後も注目が必要ですね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。