市川染五郎 コンプレックスは何?自分の声が嫌い?人見知りだった…

「市川染五郎 コンプレックス」が話題となっていますね。

歌舞伎俳優の市川染五郎さんが劇場版「サイダーのように言葉が湧き上がる」の完成報告会に出演し、自身のコンプレックスについて語ってくれました。

完璧そうに見える歌舞伎俳優にもコンプレックスがあるなんて、そう思った方も多いはず。

今回の記事では、「市川染五郎 コンプレックス」についてまとめていきます。

市川染五郎 コンプレックスは何?

市川染五郎さんがコンプレックスについて語ってくれているようです。

市川染五郎さんにはどんなコンプレックスがあるのでしょうか。

それでは、「市川染五郎 コンプレックス」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

歌舞伎俳優の市川染五郎さんが3月23日、東京都内で行われた劇場版アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」(イシグロキョウヘイ監督、5月15日公開)の完成報告会に、女優の杉咲花さん、イシグロ監督と共に出席。主人公・チェリー役で声優に初挑戦した染五郎さんは「声優の仕事も映画に出演するのも初めてで、アフレコをするまで不安だった」と明かし、「不安を乗り越えて作品が完成して皆さんに届く。不安ではありますがお客さまにどんな反応をいただけるか楽しみ」と語った。
【写真特集】脚が長い…市川染五郎の全身ショット キュートな白ワンピ姿の杉咲花、別カットも

市川染五郎 コンプレックスは何?自分の声が嫌い?人見知り?

さて市川染五郎さんのコンプレックスについて語ってくれているインタビューの記事はこちらになります。

 イシグロ監督から手紙でオファーを受けたという染五郎さんは「不安が一番大きかったですけど、監督の手紙に、すごく熱いメッセージが書かれていた」と語り、「自分の声は嫌い(笑い)。でもやるしかない」と覚悟を決めた当時を振り返った。また、父・松本幸四郎さんの反応を聞かれると、「父は試写会に行ってくれたみたいで、『良かったよ』と言ってくれた。(演技については)『監督がいろいろ教えてくださったというのが分かった』と言っていた」と照れくさそうに話していた。

今作は、人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年のチェリーと、矯正中の前歯を隠すためにいつもマスクをつけている少女のスマイルが出会い、言葉と音楽で距離を縮めていく様子が描かれる。

チェリーもスマイルもコンプレックスを抱えており、染五郎さんは「自分も人見知りで、人とのおしゃべりが苦手なところが似ている。俳句という自分の一番好きなものがしっかりあって情熱を秘めている。自分も歌舞伎を大好きでやっているので通じる部分があった」とコメント。杉咲さんは「私も前歯が出ていて共感できる(笑い)」と役への思いを明かし、「映画を見ると、自分にとってコンプレックスとか恥ずかしいとか見られたくないって思う部分も、誰かからすれば、憧れだったりうらやましかったり、すてきだよって思われたりする。スマイルを通して勇気をもらいました」と話していた。

また、この日は、27日に15歳の誕生日を迎える染五郎さんがサプライズで祝福される一幕も。今春、高校に進学する染五郎さんは「数学が苦手なので頑張りたい」と抱負を語っていた。

「サイダーのように言葉が湧き上がる」は、アニメ関連の映像や音楽を制作するレーベル「フライングドッグ」の設立10周年を記念した劇場版オリジナルアニメ。監督は「四月は君の嘘」などのイシグロさんが務め、「ひるね姫~知らないワタシの物語~」などのシグナル・エムディとCG制作会社のサブリメイションが製作する。バンド「never young beach」が主題歌、シンガー・ソングライターの大貫妙子さんが劇中歌を担当し、神谷浩史さん、坂本真綾さん、山寺宏一さん、花江夏樹さん、井上喜久子さんらも声優として出演する。

「市川染五郎 コンプレックス」 ネットの反応は?

さらに、「市川染五郎 コンプレックス」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

花ちゃんの声、柔らかく包み込むような温かさがあって、大好きです。

「市川染五郎 コンプレックス」 終わりに

今回の記事では、「市川染五郎 コンプレックス」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

歌舞伎俳優の市川染五郎さんにコンプレックスがあるのには驚きました。

まさか自分の声が嫌いだったことや人と話すのが苦手で人見知りをするというところには、 意外な感じがして驚きましたね。

今後も市川染五郎さんの名演技に注目です。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民