19 解散真相がヤバイ!復活はある?印税の振込額に衝撃の声!

芸能

「19 解散真相」が話題となっています。

フォークデュオ「19」の元メンバー・岩瀬敬吾さんが、 深夜のテレビ放送で解散理由について語ったことが報じられ話題となっていますね。

人気のフォークデュオだっただけになぜ解散に至ったのでしょうか。

今回の記事では、「19 解散真相」についてまとめていきます。

19 解散真相!

フォークデュオ「19」が解散した理由について報じられ話題となっています。

一体絶頂期にあってる時になぜ解散に至ってしまったのでしょうか。

それでは、「19 解散真相」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

1999年に「あの紙ヒコーキ くもり空わって」で大ブレークしたフォークデュオ「19」の元メンバー・岩瀬敬吾(41)が26日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・12)に解散後テレビ初出演。わずか3年で解散した理由を明かした。

幼なじみだった岩瀬と岡平健治(40)、作詞担当のイラストレーター326(みつる、42)で結成した「19」。名前の由来を聞かれると「なんだったんですかね?ミツルくんから名前を変えないかと提案があって、僕らはそんなにこだわりがなかったので、変えました」と明確な理由は分からないと答え、“ジューク(19)ボックス説”についても「それもあったかな」と反応してから「年齢もあります。19歳、20歳くらいの過渡期の気持ちとか精神的なものを言葉にしたかったと思う」と語った。

ヒット曲「あの紙ヒコーキ」を筆頭にCDを650万枚売り上げ、一躍人気アーティストに。印税など当時のギャラを聞かれると「(あの紙ヒコーキ)は2枚目のシングルで。最初の約2年間は契約が固定給だったので、最初は10万円でした。家賃は5万3000円で」と告白。固定給だったため、その間に売れた200万枚くらいの印税はまさかの0円だったという。

幼なじみで結成したメンバーだったっていうことには驚きました。

そして名前についても由来は定かではないようですね。

印税がまさかの0円だったという話ですが実際はどうなのでしょうか。そのあたりについてさらに詳しく見ていきましょう!

あの紙ヒコーキ くもり空わって

19 解散真相がヤバイ!復活はある?印税の振込額に衝撃の声!

19の解散の真相が語られていますが復活はあるのでしょうか。

そして実際の印税額がとんでもない金額だったようです。そのあたりについてさらに詳しく見ていきましょう!

 その後は「ヒットしてから契約を少し変えさせてもらって、そこからは普通に…」と契約を歩合制に変更。すると「(シングルだけでなく)アルバムとかも含めていきなり印税5000万円が振り込まれました」と明かした。

だが、「19」はわずか3年で解散。解散の真相について「(理由は)すごく複雑に入り組んでいるんですけど、若かったのが一番大きい。若いと猪突猛進というか、こう決めたらこうと、健治くんも僕にもあったので。大きいけんかも1回あったのですが、自分の作品を世に放つまでは曲げられない部分がお互いに強く持ってて…」といい、互いに作曲を担当していたため「曲を出した方に分があるぞみたいな感覚で。親友から始まったので、感情のズレには、寂しさもありつつ…」と振り返った。

現在は全国のライブハウスなどを回り活動を続けている岩瀬。MCの名倉潤(51)に「復活したいと思っています?」と質問されると「少し考えたことがありました。(岡平には)言ってないです」と返答。名倉は「今言おうよ!電話しようよ!こういう時に勢いで言ったほうがええねん」と続けると、岩瀬は「今は思ってないので。思った時もあったという感じですね」と笑顔で否定していた。

「19 解散真相」 ネットの反応は?

さらに、「19 解散真相」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

19は好きだった。
出会ってなければ音楽に興味を持つ事もなかった。
解散してからそれぞれの音楽を聴いたけど解散したのも納得。
自分で作って歌っている時が一番楽しいと思う。特にこだわりがある人なら尚更。
だからこだわりを持っている人のみ聴いてくださいって敬吾のアルバムのポスターに書かれていた意味が今ならわかる気がする。

番組で再結成をうながすのは、おいしいと思ったのだろうが本人達の意志が大事、無責任は良くない。

今でも19好きで、たまに聴いてる

ケイゴはやはりはぐらかしたらしい
健治としては決定的な原因はケイゴにあるらしく、ケイゴ自身から腹を割って話して貰わないと再結成はないと、、、いや、話されても無いと。よほど何かあったんだろう。
そして健治はデビューするなら19では無く、3BLABでデビューしときたかったとも現在の心境として、話ていた。
ケイゴに対しては、リスペクト出来ないと。

懐かしい。青春時代思い出すわ。

326の詞が良かった。

夢を書いたテストの裏

なぜか、たまに口ずさむんだよな〜。いーつか〜、あの曇り空、割って〜♬

懐かしい

「19 解散真相」 終わりに

今回の記事では、「19 解散真相」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

「19 解散真相」は年齢が若かったからというのがあるようですね。 幼馴染同士で結成したメンバーということもあり、音楽性の方向の違いから価値観の違いなどが起きていたのであれば少し寂しいですよね。

ですがもしかしたら復活の可能性もあるかもしれません。

今後の19について注目していきましょう!