4月 暮らし 変化まとめ!知らないとまずい同一労働同一賃金とは?

社会

「4月 暮らし 変化」が話題となっています。

2020年の4月から私たちの暮らしが変化します。

いったいこの4月からどのような変化があるのでしょうか。そのあたりについて報じられた記事を元にまとめていきたいと思います。

今回の記事では、「4月 暮らし 変化」についてまとめていきます。

4月 暮らし 変化

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により私たちの生活に多大な影響を及ぼしています。

そんな中、4月からは暮らしに大きな変化があるこが報じられ話題となっています。

それでは、「4月 暮らし 変化」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

4月から暮らしに関わる制度やサービスが変わる。

小売店に7月から義務化されるプラスチック製レジ袋の有料化を先行実施する動きがあるほか、飲食店など屋内での喫煙が原則禁止される。食用油や銀行手数料の値上げも相次ぐ。新型コロナウイルスの感染拡大が実体経済に悪影響を及ぼす中、家計への負担感が一段と強まりそうだ。

流通大手イオンは、グループ内の小型スーパーやドラッグストアでレジ袋の無料配布をやめる。マツモトキヨシも4月に有料化を実施。7月の義務化を前に企業の取り組みが進んでいる。

改正健康増進法の施行で飲食店などでの喫煙が原則禁止される。受動喫煙防止の一環。新型コロナ拡大で飲食店への客足は激減しており、「原則禁煙」がさらなる痛手となる店もありそうだ。

スーパーなどで売っている食料品も値上げがされる予定になっています。

 食料品の値上げも控える。日清オイリオグループは4月1日、「日清サラダ油」など家庭用食用油を1キロ当たり20円以上引き上げる。J―オイルミルズも20日から同程度引き上げる。大豆や菜種など主要原料相場の高止まりが主因。マルハニチロはサンマ缶全9種類を1日から10円値上げする。食品以外では、オリエンタルランドが新型コロナの影響で休園中の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの入園料をそれぞれ引き上げ、1日発売分から1日券は18歳以上で700円上がり8200円となる。

4月 暮らし 変化まとめ!知らないとまずい同一労働同一賃金とは?

2020年4月から変わる事は食料品だけではありません。

銀行の手数料や医療分野の負担そして働き方改革など様々な変化があります。

 銀行手数料では、ゆうちょ銀行が現金自動預払機(ATM)を使って同銀口座間で送金する際の電信振替料金について、月1回まで無料だったのを1件当たり100円に引き上げる。

医療分野の負担も増大する。診療報酬の改定により、救急患者を受け入れる大病院には、患者入院初日に5200円が加算される。高所得層が支払う保険料の上限額も引き上げられ、75歳以上が加入する後期高齢者医療は年64万円(2万円増)に、国民健康保険は年99万円(3万円増)にアップする。

やはり皆さんが気になるのは同一労働同一賃金なのではないでしょうか。

 働き方改革では、正社員と非正規社員の間の不合理な待遇差を禁じる「同一労働同一賃金」が大企業で適用される。中小企業にも時間外労働の上限規制がかかる。

いまさら聞けない「同一労働同一賃金」について税理士が解説!日本はどう変わる?

「4月 暮らし 変化」 ネットの反応は?

さらに、「4月 暮らし 変化」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

同一労働同一賃金って本来おかしいと思う。
同一労働かつ同一責任で同一賃金だと思う。
アルバイトと社員が同じ仕事でも責任の範囲は全く違う。

政治家の収入はすごい金額が支払われているのに、月々ギリギリで過ごしている私たち一般庶民はどんどん厳しくなる。議員の人数は800人以上。100人もいらなくね?定数削減、月々50万、もちろん税金がっつり払ってもらう。公共交通機関もタダで乗らずに全てお金を払ってもらう。普通に暮らしてる人の大変さを知った方がいい。

ディズニーランドは一気に10%高い値上げか。
何年かおきにチョコチョコ値上げしてきたけど、
いよいよ1万円オーバーも見えてきたよね。
ファンなら出し惜しみしないのかもしれないけど、テーマパークとしては高すぎる気もするけど。

何だか知らないうちに税金がどんどん上がっていき…年齢が上がり誕生日を迎えれば市役所から金額変更の通知が来て、税金は上がる一方。どんだけ税金納めればいいんだ。税金の為に働いてる気がしてならない。日本はいい国なんだかどうなんだか…。

全ての国民に命の危険があるこの時期に4月からこれらが変わりますどころじゃない。
そんなもの全部を後回しにして今は国民の生活を守るために集めた税金を国民のために惜しみなく出して乗り切るべき。
その為にも国会議員、市議会議員を減らすか減給をして議員がまず模範を示せ。

コロナ騒ぎで給料減る人も多い中、環境問題とか色々あるのはわかるけど、値上げか。しんどいな。なんか、安全装備や便利な機器が付いたけど、どんどん値上がりしてる車みたいやな。車なら、買い換えずに古い車を乗り続けることができるけど、毎日の生活に必要なものとなるとなあ。正しいこととは思うけど、行き過ぎるとアンモナイトのように自らの進化で滅ぶことになるよ。

こういうのの全部または一部を先送りするという気配はないのか?
特に値上げに関するもので。

「屋内禁煙、じゃあ店の前に灰皿出しておくか」って飲食店が多くなりそう。
そんな店の前を副流煙吸いながら歩くくらいなら、店の中に囲っててほしい。

働き方改革とか高年齢者雇用安定法とか矛盾した制度は、中小企業を痛めつける政策だと思っていた。そこに今回のコロナショックは致命傷ではないか。国は政策を転換して欲しい。間違いは間違いと認めて早く正したほうがいい。状況が刻々と変化するのだから、正直に状況が変わったという説明をすればいいのに。

値上げ系は今の時期やめてほしいと思うけど、タバコはすぐにやってほしい。
なんだかんだ言って受動喫煙しているので。
歩きタバコなんかも完全に禁止にしてほしい。

後は、喫煙ルームに行った後の人は自分の体中にタバコの臭いが染み付いてる事を自覚してほしい。

「4月 暮らし 変化」 終わりに

今回の記事では、「4月 暮らし 変化」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大きく私たちの暮らしは変わっていく中、4月からはまた暮らしの変化が訪れます。

様々な面で生活に変化が起きてきますので今のうちに十分な準備が必要です。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民