屋内禁煙 原則義務化を調査!4月1日から何が変わったのか?

社会

「屋内禁煙 原則義務化」が話題となっています。

2020年4月1日から屋内禁煙が原則義務化され室内での喫煙に注意が必要です。

突然の変更となるため知らなかったでは済まされませんので十分な確認をしましょう!

今回の記事では、「屋内禁煙 原則義務化」についてまとめていきます。

屋内禁煙 原則義務化

2020年4月1日から喫煙者にとってとても苦しい屋内禁煙原則義務化が始まりました。

突然の変化によって何が変わったのか気づいていない人もいるかもしれませんので、まずはどのような変化があったのかよく確認するのが得策でしょう。

それでは、「屋内禁煙 原則義務化」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

喫煙者にとっては一大事ともいえる法令が4月1日に施行される。18年に成立した「改正健康増進法」だ。受動喫煙の防止を目的としており、これまで喫煙が許可されていた屋内施設が原則禁煙になる。大きな変化だが法令の詳細をきちんと把握している人は意外と少ないようだ。改めて、法令の中身をおさらいしておきたい。

4月1日から喫煙者にとってとても苦しい屋内施設の中では原則禁煙になることが始まります。

この大きな変化に詳細をきちんと把握している人が少ないようです。改めて確認してみましょう!

屋内禁煙 原則義務化を調査!4月1日から何が変わったのか?

2020年4月1日から屋内禁煙の原則義務化が始まります。

どのような変化になるのか改めてご紹介していきたいとは思います。

 今回の法令と対象になるのは、多数の利用者がいる施設や旅客運送事業船舶・鉄道、飲食店などの施設。居酒屋やパチンコ店なども含まれているので、喫煙者は注意が必要だ。

喫煙室を設けることは許可されている。その種類は四つあり、喫煙専用室=喫煙可/飲食提供不可、加熱式たばこ専用喫煙室=加熱室たばこのみ喫煙可/飲食提供可、喫煙目的室=喫煙可/飲食提供可、喫煙可能室=喫煙可/飲食提供可で分かれている。

どんな施設でも設置できるわけではなく、喫煙目的室は特定事業目的施設(シガーバーやタバコ販売所、公衆喫煙室が該当)、喫煙可能室は既存特定飲食提供施設に限定される。学校・病院・児童福祉施設・行政機関などは屋外も含めて全面禁煙となる。

既存特定飲食については複雑なので、少し掘り下げて説明したい。これは即座の喫煙可能室設置などが難しい小規模の飲食店が該当する。具体的には2020年4月1日時点で営業中であること、資本金が5000万円以下であること、客席面積が100平方メートル以下であることが基準となる。

東京都に関しては改正健康増進法と別に「受動喫煙防止条例」が同日に施行される。屋内禁煙を原則する趣旨は同様だが、基準がより厳格で「家族経営や従業員がいない店舗(子どもが出入りする場合は不可)」のみ、例外として喫煙が可能となる。今回の法令・条例に従わなかった場合の罰則は施設の管理者に課されることになっているので、非喫煙者でも無視することはできない。

喫煙者にとってポジティブなトピックとしては、受動喫煙防止対策助成金の制度が拡大することだ。それに伴い、公衆喫煙所などがより整備がされていくものになると思われる。ルールをしっかり理解し、喫煙できる/できない場所を把握することが新環境に適応するための最初の一歩になる。(BCN・大蔵大輔)

「屋内禁煙 原則義務化」 ネットの反応は?

さらに、「屋内禁煙 原則義務化」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

タバコで集めた税金で完全密閉の喫煙所を作るべき。

さもなくば、タバコ自体を禁止すべきである。

喫煙者に散々、制約を課しながら税金だけはしっかり払えとは余りにも都合が良すぎる様に思う。

15年前に禁煙するまでは気が付かなかったけど、マナー守ってるつもりでも実は全然人に迷惑を掛けている。
喫煙所からはなんだかんだで煙が漏れてくる。喫煙した人と話をするともう臭いのなんのって、表情に表さなようにするのが大変だ。
しかしフランスや中国のような大喫煙大国がとっくに出来てることが日本はやったここか。。。ホントこの国は何やらせても遅いな。。。

タバコも一種の嗜好品なので禁止禁止ではなく喫煙所の整備のほかちゃんと喫煙マナーを明示して欲しいですね。
でないと歩きタバコや思わぬ場所でのマナー違反が横行することになりかねません。

あとまだまだ日本はタバコの値段が安過ぎますね。少なくとも1000円以上にしてもいいと思います。徐々に喫煙者自体が減って行って欲しいものです。

愛煙家は大変だね。私は嗜まないから気にしなくて良いけど。
私が20歳に成った頃、世の中がこうなっていくとは思いもしなかった。
その頃、吸い始めた人は気の毒だね。こんなアゲインストになるとは。
私は、体が合わんかったから、断念しただけなんだけどね。

やっと行きたい飲食店に家族と行けるようになる。子供いると喫煙可の店はまず無理。
二次喫煙の問題以前に食事の時にあの煙の香りで味が台無しになる。
嗜好品というなら、嗜好できる場所で嗜んでください。

よく喫煙リスクはないんだと主張する喫煙家の意見を見るが、ニコチン中毒でない喫煙愛好者がいれば、それを証明してほしい。

長期に累積して摂取したタールとニコチンが、肺胞に格納されている。

会社に有る喫煙室も禁止?
吸わない私からすれば、喫煙室無くして欲しい。
仕事しない奴の溜まり場になってるし、無くて支障ない。

禁煙化のお知らせが、どの店も喫煙者に謝ってるけど逆だろうよ!今まで禁煙じゃなかった事を謝るべきだろ!

タバコより酒方が社会的悪影響が大きいと思うけど、タバコだけがどんどん追いやられていく。
物凄い税金がかかっているのに。

よく「マナーの良い喫煙者まで規制するのか」という人がいるが、「マナーの良い喫煙者」なら、まさか他人に受動喫煙なんかさせていないはずだから、受動喫煙を規制する健康増進法や都条例の影響は全くないはずなのだが。

彼らの言うことがどうしても理解できない。
#受動喫煙

「屋内禁煙 原則義務化」 終わりに

今回の記事では、「屋内禁煙 原則義務化」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

2020年4月1日から屋内禁煙の原則義務化が始まりました。突然の変化ですので喫煙者にとっては苦しいかもしれませんがもう既に決定していることのためここで改めて確認しておく必要がありますね。

十分な注意をして喫煙する必要がありそうですね。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。