阪神タイガース 困惑!疑惑パーティー参加の北区の飲食店の女性は誰?

スポーツ

「阪神タイガース 困惑」が話題となっています。

新型コロナウイルス感染が発覚した阪神タイガースのの藤浪晋太郎、伊藤隼太、長坂拳弥の3人。

その三人が参加した新型コロナ感染疑惑パーティー。

このパーティーに加わっていた4選手の動向を巡って、ネット上でデマのニュースが飛び交い球団を悩ませていることが報じられました。

今回の記事では、「阪神タイガース 困惑」についてまとめていきます。

阪神タイガース 困惑!

阪神タイガースの選手達が参加した新型コロナ感染疑惑パーティーとはどういったものなのでしょうか。

またどのような手間が広がってるのでしょうか。

それでは、「阪神タイガース 困惑」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

“新型コロナ感染疑惑パーティー”とは、3月14日に、大阪市内の知人宅で12人以上が参加して開かれたパーティーのこと。ここに阪神の選手7人が参加し、そのうちの藤浪、伊藤、長坂の3人の陽性反応が確定し、同じく、この場にいた3人の女性の及び、伊藤の奥さんと見られる同居人にも陽性反応が出て合計で7人もの感染者が発生した。クラスターとも解釈できるような疑惑の発生源である。

この14日のパーティーの時点では、発熱、咳、倦怠感などの症状を訴えるものも検査により陽性反応が出たものもいなかった。その後、7人の感染者が判明したことを考えると、この場に感染者(患者)がいて、ここでクラスターが起きたと推測されるが、実は、公的な定義では、残る4人は濃厚接触者ではないのだ。

しかも、球団によると残る4人に嗅覚、味覚の異常も含めて、感染を疑う症状の発生した者は一人もいない。保健所がPCR検査の実施を指示しないのも「おかしくはない」のだ。

このような新型コロナ感染疑惑パーティーと呼ばれている7人もの感染者が発生したことで、嘘やデマ輪が広がっているということで阪神タイガースは困惑を感じているようなのです。

実際どのようなパーティーだったのでしょうか。

阪神タイガース 困惑!疑惑パーティー参加の北区の飲食店の女性は誰?

新型コロナウイルス感染疑惑パーティーと呼ばれるこのパーティーは一体どのようなパーティーで、誰が参加したのでしょうか。

このことについて詳しく報じられていますので見ていきましょう!

 球団サイドが「(異常発覚後に)自宅療養をしろと言っているのに飲みにいっていたら話は別だが、濃厚接触者はいないとハッキリと言える」と断言するのも道理である。そう考えると残る4人がPCR検査を受けていないのも、4人の名前を公表しないのも、公式的には当然。12球団の申し合わせでも、陽性でも陰性でも「PCR検査を受ける時点で公表する」となっている。

しかし、ネット上では、その非公表の理由を巡っても、”デマ”が広がっている。
「なぜ隠す?」、「酒の場に未成年者がいたから発表できない」、「合コンだったとバレたくないからだ」…などなど。筆者は、残る4人の名前を入手したが、そこに未成年者はいない。また関係者の話を総合すると、”合コン”でもなかった様子だ。

いわゆる、”タニマチ”が、オープン戦のお疲れさん会を兼ねたパーティーを大阪にある自宅マンションのパーティールームで開いたようで、参加していた知人が気をきかせて北区の飲食店の女性を会の途中から呼んだと見られる。のちに陽性反応が出た3人の女性は、この中に含まれていた。
阪神サイドが、このパーティーについて「入れ替わり立ち替わりで人で出入りしたようだ。延べで12人に限らない」と、説明したのは、途中で退席した選手も数人いて、逆に途中参加した外部の人間もいたためで、陽性反応の出た女性と、同席していた時間が重ならなかった選手もいたようである。

「阪神タイガース 困惑」 ネットの反応は?

さらに、「阪神タイガース 困惑」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

阪神はタニマチとの関係がマイナスになってるのは昔から言われてたよね

今回の件も最悪の流れになってるし球団としてタニマチとの関係の対策も考えて欲しい

阪神が弱い理由はこのタニマチも部分も大きいね。金本が阪神の選手は勘違いしている選手が多いというのはこういう所。

阪神ファンですら今回の件は球団の対応に疑問を抱いている。

関西のマスコミも、あまり取り上げない。
関西のニュースや情報番組では「スポーツコーナー」とは名ばかりの阪神情報の垂れ流しなのに。
球団とマスコミの不信感がハンパない。

この記者は阪神に忖度してるのか?
別にマスコミに公表しなくていい。
問題なのは、迷惑をかけている中日にすら言っていない事。
中日の選手は伊藤と話したり、グータッチしただけで自宅待機をさせられている。
これも、基準で考えたら濃厚接触者ではないが、万一の事を考えての処置。
それに比べて阪神の責任のない対応は、批判されて当たり前。この記者にいくらか払って擁護記事ゆ書かせているのかさえ疑ってしまう。

誤解とデマが出るのは
最初から正直に全ての情報を出さないから!
残り4人の名前も公表し状況も説明すればよかった!

まともなマスコミなら
「感染が発覚した3選手と同じ場所、同じ人物と出会っていた4選手の扱いは
もっと慎重を期するべきであった」と書けよ
藤浪に異変出てからも試合出してんじゃねえか

「誤解がある」というけれど、大切な時期に誤解が出るような行動を起こすこと自体問題がある。そんな問題行動を起こすからデマが生まれる。阪神が被害者ヅラすることに違和感を感じる。

この記事のとおりなら最初からこのとおり説明すれば良かったんじゃないか?
濃厚接触者の定義になかったとしても参加した選手全員の名前をNPBと他球団に報告するべきだったと思う。
定義はあくまで定義、100%感染してないとは言えない

重要なのは濃厚接触者の定義ではなく実際に感染の可能性があるかどうかで、残りの4選手はその可能性があるから情報を公開しろと言われてる
感染の可能性があるのに定義上濃厚接触者じゃないから情報を隠蔽してもいいって本末転倒もいいところ
4選手が感染の可能性があるってのは全然デマじゃない
ま、阪神もマニュアルに無いからってのをタテにして人の命にかかわる情報を隠蔽してるしね
その球団を擁護するような提灯持ち記者ならこんなもんか

(目安として2メートル)で、必要な感染予防策なしで「患者(確定例)」と接触があった者(患者の症状やマスクの使用状況などから患者の感染性を総合的に判断する)、となっている。
つまり「患者が発病した以降に接触した者」と定義されている濃厚接触者の条件が、この4人には、あてはまっていない。

まるで見ていたような書き方だが信用出来ないな、正直な所もしかしたら、阪神もこの件に関してよく解っていないのかもしれない、感染者3名が4人の事をバラさなきゃ阪神サイドも4人が誰なのか知らないのかもしれない、もしそうなら管理出来ない球団になってしまう。

「阪神タイガース 困惑」 終わりに

今回の記事では、「阪神タイガース 困惑」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

阪神タイガースが困惑していることが報じられ話題となっていますが、実際新型コロナ感染疑惑パーティーとはどういったものだったのか少し不明のままのようですね。

いずれにせよ、本当にそのようなパーティーが開かれクラスターのようなものが起きてるようなのであれば十分な注意が必要です。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポーツ
ブログ民