堀田賢慎 手術の内容や復帰時期はいつ?今季中の登板の可能性は?

スポーツ

「堀田賢慎 手術」が話題となっています。

読売ジャイアンツの ドラフト1位の堀田賢慎投手が、右腕の手術をしたことが報じられ話題となっています。

いったいどのような手術をしたのでしょうか。

今回の記事では、「堀田賢慎 手術」についてまとめていきます。

堀田賢慎 手術の内容は?

今年期待の星、ドラフト1位の堀田賢慎投手が右腕の手術をしたことが報じられ話題となっていますね。

いったいどのような手術だったのでしょうか。

それでは、「堀田賢慎 手術」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

巨人のドラフト1位・堀田賢慎投手(18)=青森山田=が、右肘内側側副靱帯(じんたい)再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたことが2日、明らかになった。

どうやら右腕の靭帯の手術のようです。

この手術はどれぐらいの期間を持って復帰できるものなのでしょうか。

堀田賢慎 手術で復帰時期はいつ?今季中の登板の可能性はある?

巨人軍の堀田賢慎投手が手術を受けたことが報じられ話題となっています。

右腕の靭帯の手術ということで、 復帰時期はいつ頃になるのか気になるところです。

果たして今期中の登板はあるのでしょうか。そのあたりについて詳しく見ていきましょう。

 堀田は1月の新人合同自主トレ中に右肘の炎症を起こし、別メニュー調整。その後も状態が上がらず、手術に踏み切った。今季はリハビリに専念する。復帰時期は未定だが、過去に手術した投手は実戦登板まで1年以上の時間を要しており、今季中の登板は絶望的となった。

どうやら今回の手術では、今季中に復帰することは難しいようです。

今期はリハビリに専念し来期からの当番になりそうですね。

「堀田賢慎 手術」 ネットの反応は?

さらに、「堀田賢慎 手術」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

堀田の故障・・・
まぁ仕方ない・・・と思うしかない
調査不足・・・って言っても、運の面もあるし
これから先のケアの方が大事
それも球団の力
この手術は、元よりも球が速くなるケースもあると聞いているし・・・(←希望的観測)
岡本も使えるようになったのは4年目だし、それまではクソミソ言われてたし、鍬原も今年は3年目でかなり花開きそう
大城とかももっと下位で獲れるのに何でこんなん3位で獲ったんだ・・・って言われてたしな
高卒やし長い目でみてあげましょう
巨人のスカウトもそれなりに頑張っるとは思うので、まぁ少し長い目でみてあげればと・・・
少し贔屓目な意見ですが…(^^;;

スカウト部長が更迭されるってことは、単に後からわかった状況ではなくて、他球団で察知していた、或いは本人から聞かされていたにも関わらす指名に踏み切った様な事実があるんだろうな。

レッドソックスのクリス・セール投手もトミー・ジョン手術を受けて復帰は早くても2021年6月頃になる予定だったから同じくらいかな?残念だけど復帰を楽しみにしてます。

與那原が2018年の6月に手術して実戦復帰が去年のシーズン終盤。
ということは堀田の実戦復帰は早くても来年の夏場。
来年のキャンプもリハビリだし育成落ちもあり得るな。
スカウトは怪我を見抜く専門家じゃないから仕方ない部分もあるかもしれないがいい加減にして欲しい

スカウトのトップが実質更迭されましたね。
堀田選手の復帰は2年後程度になるのでしょうが、二けた勝利が唯一の挽回策と思って精進して頂きたいものです。

本当に巨人のスカウト陣には失望した。
即戦力じゃないからただでさえ芽が出るのに時間がかかるのに手術受けるほど重症の選手を見極められないとは本当にがっかり

ドラフト1位指名は失敗だったのでは?
高卒でこのタイミングで手術とは、スカウトの目利きがなかったとしか思えない。
巨人のドラフトはここ最近微妙だな。

今年はプロ野球も例年通りの開催はできないから今のうちに手術するなら早くやっておくに越したことはないと思う

思ったことはスカウトが無能だったなと高校時代たいして投げてないのにトミージョン手術をしないといけないほど身体か弱い。
これは将来怪我がたえないやろうな

手術に踏み切った堀田も辛いだろうけど、担当スカウトなのかは
不明だけど指名に関わったスカウト部長が懲罰的な意味合いの更迭
扱いに責任を感じてこの先、空回りしなきゃいいけど・・・・

「堀田賢慎 手術」 終わりに

今回の記事では、「堀田賢慎 手術」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

堀田賢慎投手は巨人にドラフト1位で入団しすごく期待が持てていただけに残念ですよね。 ですがここはしっかり治療に専念し来季に向けて頑張ってほしいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。