東京脱出 警鐘を調査!ハッシュタグでツイッター拡散の投稿とは何?

社会

「東京脱出 警鐘」が話題を呼んでいるようです。

新型コロナウイルスの感染拡大の広がりを受け緊急事態宣言が出されるとの情報が流れ、「#東京脱出」というハッシュタグがつけられたツイートが拡散されていると報じられています。

いったいどのようなものなのでしょうか。

今回の記事では、「東京脱出 警鐘」についてまとめていきます。

東京脱出 警鐘を調査!

「東京脱出」とは一体どのようなものなのでしょうか。

それでは、「東京脱出 警鐘」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

新型コロナウイルスの感染の広がりを受け、7日にも緊急事態宣言が出されるとの情報が流れ、ツイッターでは「東京脱出」というハッシュタグ(検索ワード)が拡散されている。だが、ウイルスを地方に運び、そこで広げてしまえば、新たなクラスター(感染者集団)を生んでしまうおそれも否定できない。専門家は注意を呼びかけている。

【写真】ツイッターに投稿された押谷教授のメッセージ

 感染者が多く報告されている首都圏から地元へ帰省し、家族らに感染が広がる――。そう考えられる事例が、複数報告されている。

静岡市では3月末、家族4人の感染が確認された。東京都に住む10代の女子学生が同18日から帰省。女子学生は24日に東京へ戻った後、4月1日に感染が確認された。母親の40代看護師が勤務する市立静岡病院では、濃厚接触者とされた患者や同僚らがPCR検査の対象となった。

佐賀県では3月末に東京都から帰省した30代の女性が、祖母宅に滞在中に発症。今月4日に感染が確認され、70代の母と80代の祖母も同5日にそれぞれ感染がわかった。秋田県でも東京都から帰省した専門学校生の10代女性と母親で看護助手の50代女性、50代の父親の感染が判明している。

医師が十分にいなかったり、ベッド数が少なかったり。地方は医療体制が脆弱(ぜいじゃく)なところが少なくない。

政府の専門家会議のメンバーの押谷仁・東北大学教授(ウイルス学)は4日、厚生労働省クラスター対策班の専門家らによるツイッター投稿で「少数の感染者が出ただけで医療体制は維持できなくなります」と警鐘を鳴らした。

感染者が日に日に増える東京や大阪を出ていく。そんな人の動きがすでにあるとし、「ウイルスを拡散するような行動はできるだけ避けていただく必要がある」と指摘した。

YouTubeでも実際に東京脱出した方が投稿されているようです。

新型コロナ対策で東京脱出!群馬県「みなかみ町」へ移動しました!ADDress二子玉川拠点からADDressみなかみ拠点まで

東京脱出 警鐘を調査!ハッシュタグでツイッター拡散の投稿とは何?

どうやら緊急事態宣言の情報を受けて東京を脱出するというそういった内容のもののようです。

Twitterでは、「#東京脱出」をつけたツイートが目立ってるようです。

どのようなものなのか調べてみました。

「東京脱出 警鐘」 ネットの反応は?

さらに、「東京脱出 警鐘」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

問題はこれだよなぁ、仕事と関係なく避難目的で来られると潜伏期間中のかただったりした場合その土地で感染を拡大させてしまう。

確かに学校も休み、仕事も休み。蔓延してる都市にいる必要がなくなったら、少しでも安全な土地に…っていう気持ちも分かるけど、それじゃあいつまで経っても終息しないよ。

未だに「自分は感染しているはずはない」、「自分が感染しないようになんとかしよう」という意識を持っている人がいるということか。

まず、こういう意識を持つ者を根絶しないと収束には程遠いと思います。

石垣島ではPCR検査が出来なくて
沖縄本島にPCR検査を
依頼するから時間がかかる
もし陽性ならその間に症状が進む
加えて病床数が3しか無いから即医療崩壊

地方に逃げて喜ばれるのは
知事がぜひ来てほしいと言ってた
石川県だけでしょ

県民の皆さんは気の毒な事です

都道府県の越境移動制限してほしいよな
やむを得ず越境する時には許可証発行などの措置をしてもらわないと東京からの脱出組が感染拡大してしまっている

一部地域だけに緊急事態宣言出したらそりゃこうなるよ。
買い占めと同じ行動心理。
これだけ買い占めする人が多いんだから脱出だって多くの人がするよ。

緊急事態宣言でさらに増えなければ良いのですが、移動制限をしないとさらに地方でクラスターが増えるのでしょうね。地方の医療体制を考えると怖いです。

移動に公共交通機関は出来るだけ利用せず、マイカー、レンタカーなどを使う。帰省後も2週間は部屋から出ない事を前提にする。

やるべき事は都内にとどまっても帰省しても同じでしょう。なら家族へのリスクを考えると都内にとどまるのも手かと。

これですね
今後懸念されるのは

だから追加でしかも猶予を与えず、新幹線、高速バス、高速道路など地方への交通手段を緊急事態宣言を出している間は止める事をやるべき。
やらないと地方で家族クラスターが一気に増えてオーバーシュートになりかねない。

自分も「地方」に住んでいる人間として、まさにこの状況になっている。
極論にはなるが、新幹線、国内線を含む旅客機や旅客船、他地方とを結ぶ高速バスの運行を全て停止してはどうだろう。
それくらい言いたくなる。
兼六園の無料開放を通常通り行なうのは個人的には賛成だったのだが、知事が観光に来て下さい、などを余計な事を言って袋叩きにあったのは記憶に新しいところ。
それだけ、大都市からの「疎開」による感染およびその拡大は「地方」に住む人間の脚を引っ張るという思いは非常に強い。
「他府県への移動は出来るだけ避ける」とは小池都知事あたりも言っているようだが・・・。

「東京脱出 警鐘」 終わりに

今回の記事では、「東京脱出 警鐘」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

今回の緊急事態宣言を受け東京脱出を考えている方がたくさんいらっしゃるようですね。
ただその東京大室に対して警鐘を促す方もいらっしゃるようです。実際今後どのような展開になっていくのか注意が必要ですね。
それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。