木村拓也 全力プレー精神が受け継がれている!永遠の名場面集!

スポーツ

「木村拓也 全力プレー精神」が話題となっています。

巨人軍の内野守備走塁コーチだった木村拓也さんが、くも膜下出血で亡くなってから丸10年となり、自己犠牲を伴う全力プレー精神が着実にチームに受け継がれていることが報じられ話題となっているようです。

今回の記事では、「木村拓也 全力プレー精神」についてまとめていきます。

木村拓也 全力プレー精神!

巨人の一軍内野守備走塁コーチだった木村拓也さんがお亡くなりになってから丸10年が経ちその精神は受け継がれているようです。

それでは、「木村拓也 全力プレー精神」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

巨人の1軍内野守備走塁コーチだった木村拓也さんがくも膜下出血で亡くなってから7日で丸10年となった。現役最終年の09年に緊急捕手として10年ぶりにマスクをかぶったキムタクさんの自己犠牲、全力プレーの精神は着実にチームに受け継がれている。当時を知る巨人担当サブキャップ・片岡優帆記者が「見た」。

あの日の衝撃は鮮明に覚えている。2010年4月2日の広島戦(マツダ)。試合前練習のグラウンド取材を終え、記者席に戻った直後だった。木村コーチがシートノックを打っている途中に崩れ落ちた。意識不明で救急搬送。5日後、37歳の若さで亡くなった。

父の魂を受け継ぎ、恒希さんは広島工大で野球を続ける

私が巨人担当1年目の09年は主にファームを取材していた。この年が現役最終年となる木村さんは7月、打撃不振で06年の移籍後初の2軍落ち。この時の姿が忘れられない。G球場で1年目の大田泰示らと一緒になって泥まみれの猛特訓。「若い選手が頑張っているのに手を抜くわけにいかない」と日が暮れるまでノック、打撃で汗を流した。

すぐに1軍に再昇格を果たし、9月4日のヤクルト戦(東京D)で伝説が生まれた。11回に加藤健が頭部死球で交代して残りの捕手ゼロに。同点の12回に二塁から捕手に入った。10年ぶりの緊急マスクは自己犠牲の象徴的なシーンだった。

内、外野守る究極のユーティリティープレーヤーだったが「スタメンに対するこだわりがなくなったら野球をやめるしかないよ」と話していたのも印象的だ。最後までレギュラーを目指して猛練習していた。その上で途中出場ならチームのために役割を全うする。原監督が求める「個人より巨人」を体現した。近年の巨人では寺内、増田大が捕手の準備をするなど、思いは受け継がれている。

木村さんが広島の病院で亡くなった10年4月7日、阪神戦(甲子園)で中堅手でダイビングキャッチで勝利に貢献したのが現在の松本哲也2軍外野守備走塁コーチ。「タクさんのような全力プレーを」と継承し「木村コーチ」と同じ背番号「84」で若手に経験を伝えている。(片岡 優帆)

木村拓也 全力プレー精神が受け継がれている!永遠の名場面集!

当時の巨人軍を非常事態から救った木村拓也コーチのユーティリティープレイヤーとしての永遠の名場面集について動画がありますのでご紹介したいと思います。

【プロ野球、名場面集 #1】キャッチャー木村拓也! 巨人の非常事態を救った感動のプレー!永遠の名場面!

 

「木村拓也 全力プレー精神」 ネットの反応は?

さらに、「木村拓也 全力プレー精神」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

この試合はよく覚えている。キムタクがキャッチャーになり、発表されると1番の盛り上がり。投球練習からキムタクがボールをキャッチするたびに歓声。
ピッチャーを交代してもそつなくこなし、12回を0に抑えた。原監督はじめ、ベンチは大盛り上がり。

ピッチャー以外のどのポジションもできる、しかもプロでとなると、並大抵の努力では無理だろう。素晴らしい選手の一人。若くして亡くなられたのが本当に残念でならない。

原監督が、攻撃を抑え切ってベンチへ戻るキムタクの背中をバンバン叩いて褒め称えていたシーンが本当に印象的で、感動しました。
出てくる投手もみんな全力で投げてましたね。信頼も高かったんだと思います。

最後の松本コーチとキムタクの背番号の話とかは知らなかった
松本コーチにはキムタクの思いを引き継いで1人でも多くの若い選手を阿部監督らと共に二軍で育ててほしい

彼が死んだ直後の試合、
彼の幼い息子が始球式を行った。ユーティリティプレーヤーとして、あらゆるポジションを守った彼が唯一立つことができなかったポジション、ピッチャー。
息子がマウンドに立った時、親子二代で全てのポジションを守ったのです

木村拓也氏が倒れられてから5日後位に死去の速報テロップが流れてショックで泣いて、その後の追悼試合の長男さんの始球式、谷選手の逆転ホームランで勝利で涙。今でも木村拓也氏の思い出試合のシーンなどが流れると胸がいっぱいになり涙してしまう、。
野球ファンの心に強く残る名選手。

カープから移籍してから巨人でいぶし銀の活躍をしていたキムタクを覚えている。守備の便利屋のつもりで獲ったら、
2番セカンドという今の巨人ですら悩んでいる中核ポジションにすっぽりハマってレギュラークラスの活躍をしたことも。

想像だけど、戦術を練る首脳陣からしたら最も頼れる選手の1人だったのではないか。ここまで優秀なユーティリティプレーヤーは今もいないと思う。

急にそれまで元気だった人が倒れて、そのまま亡くなる衝撃的な映像でした。
今日を生きていることが決して当たり前ではないと、再認識させられた。

キムタクがキャッチャーで出たのをスポーツニュースで見たのを今でも覚えてる。
途中交代で『キャッチャー、木村』と場内アナウンスがあるとワーっと歓声上がって。
ピッチャー以外全部できるって今じゃ考えられない。大谷の二刀流も信じがたいがキムタクも凄すぎる。

大道選手とのお立ち台、木村選手へ向けた引退スピーチ。
谷選手のホームラン、ヒーローインタビュー。
息子さんの始球式、思いだします。
キャッチャーキムタクでの窮地を救われた姿は、動画で何度も動画で見ました。
大好きなプロ野球選手です。

3人目の捕手が頭部への死球で退場になった瞬間、誰にとも言われずに『俺しか居ない』とブルペンへ捕手の準備に向かう。そしてサインはと聞かれると『いつも見ていたから大丈夫』。四の五の言わずに今しなければならないことをいつでも出来るように準備し実行する。これぞ漢の仕事。存命なら巨人でも広島でもどこでも立派な指導者となってたくさんの実績や人材を残していただろうに。ノムさんは天命だったかも知れないがキムタクはいくら何でも早すぎた。神様は残酷だ・・・

「木村拓也 全力プレー精神」 終わりに

今回の記事では、「木村拓也 全力プレー精神」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

木村拓也コーチの全力プレー精神が今巨人軍に受け継がれていることが報じられ話題となっていましたね。

そんな中、当時の緊急事態を作った全力プレーについてご紹介させていただきました。

今後も読売ジャイアンツでこの栄光は引き継がれていくのだと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポーツ
ブログ民