ミシン 受注急増の理由!手作りマスクやお裁縫デビューの方法を紹介

社会

ミシン 受注急増の理由!手作りマスクやお裁縫デビューの方法を紹介!

「ミシン 受注急増」が話題となっています。

新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクが不足している現在、ミシンの受注が急増していることが報じられ話題となっているようです。

やはり手作りマスクのためにミシンを購入する人が多いのでしょうか。

今回の記事では、「ミシン 受注急増」についてまとめていきます。

ミシン 受注急増の理由!

今手作りマスクの需要が増えているとよく言われていますね。

その理由はやはり新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクが不足しているためでしょう。

そのため今ミシンがとても売れているようなんです。

それでは、「ミシン 受注急増」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

マスクを手作りするために家庭用のミシンがよく売れている。大阪市の老舗メーカー、アックスヤマザキは4月の受注が予想の3倍に。初心者でも簡単にマスクを縫える方法を紹介する動画をつくり、「お裁縫デビュー」を後押しする。

【写真】スマートフォン用の専用スタンド。安全針のカバーを兼ねる=アックスヤマザキ提供

アックスヤマザキが3月27日に発売した「子育てにちょうどいいミシン」は、税別1万円とお手頃価格。スマートフォンで動画を見ながら作業できるように、スタンドもつけた。動画はQRコードで読み込み、子供用マスクなら「直線縫い」3回でできる。

ほかに弁当袋や上履き入れといった子どもの新生活に欠かせないグッズも動画を参考に作れる。新製品をインスタグラムで発信したところ人気を呼び、フォロワーが急増。2週間ほどで1万人を突破したという。

ミシンの需要は、平年なら入学式前の3月下旬ごろに落ち着く。ところが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で始業が遅れ、マスク不足もあって注文が増え続けている。アックスヤマザキでも2月から販売が伸び、工場の稼働時間を延ばして平年の4割ほど増産しているが、需要に追いつかない状態だ。

山崎一史社長は「急激な需要の拡大に正直かなり驚いている。一日でも早くミシンを届け、感染予防の役に立てば」と話す。(井東礁)

小池都知事も手作りマスクを作成

小池都知事も手作りのマスクを作成しているようで照れ笑いする一幕も見せてくれていますね。

「きょうのマスクは手作りで……」 小池都知事、照れ笑いする一幕も

楽天ランキング1位のジャノメのミシンを紹介

今最も売れているコンパクトなジャノメミシンがこちらです。

 

シンプルなデザインになっていて使い方も簡単な家庭用のミシンになっています。

値段も送料込みでお安くなっているのが魅力的ですね。

ミシン 受注急増の理由!手作りマスクやお裁縫デビューの方法を紹介!

ミシンの受注が急増している中手作りマスクやお裁縫デビューの動画が話題となっているようです。

YouTube でも様々なマスクの作り方が、紹介されているようです。

【無料型紙】手縫いでも作れる立体マスクの作り方(子供・大人サイズ)Mask pattern
【リユース】手作りマスクを作ってみた
【超 立体マスク】縫い物が苦手な人必見!超簡単 手作りマスク 折方一つでこんなに違う 超フィットHandmade mask Maschera fatta a mano 手工口罩

「ミシン 受注急増」 ネットの反応は?

さらに、「ミシン 受注急増」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

YouTubeとかでも作り方が丁寧に配信されています。何枚か作って家族で使ってます。
マスク以外も作れるから、エプロンやティッシュケースどんどん作りたくなって、気がついたら楽しんでました。さらにワンピースも作成中、案外お家で篭ってるけど充実してます!

ここまでマスク不足が続くとは誰も思ってなかったのではないでしょうか。
マスク作成に複雑な工程はないので手頃ミシンで簡単にできます。
これを機会に手作りの楽しさが広まったらいいですね。
いっぱい作ってコロナを乗りきりたいですね!

政府の布マスクは批判するのに個人が布マスク作るってなったらちょっといい話みたいになるのはなんだろうか。
そうか、国に不満が溜まってんだろうな。
しかし専門家のみなさんはテレビで同じ事言ってるんじゃなくてさ、コロナウィルスに対して布マスクと使い捨てマスクの比較でもしてくれたらいいと思うんだけど。
テレビ局はマスクメーカーが大きなスポンサーだから遠慮してんのかな?使い捨てマスクじゃなくて布マスク推したらヤバいのかな。

マスクのゴムがない!
仕方ないからパジャマ用のゴムで作るしかないかな・・・
日本の縫製工場はこの際有事なんだから布マスク工場になってほしい。
これを機に世界中マスクを使うようになると思う。
個人的には和柄のマスクやデニム生地マスクがおしゃれ。
使い捨てには使用に罪悪感があったが布マスクにリードクッキングペーパーをはさめば問題なし。

服も使い捨ての時代だが、ショッピングセンターの営業自粛で洋服自体が買い辛くなってきていることも一因だし、自宅待機で時間に持て余している人たちが多くなっていることも理由だと思う。
つい数ヶ月前まで豊かだった時代があった。
これからは、いろんな物が見直されていくのだろう。

手作りマスク作るくらいなら手縫いでも十分です。
わざわざミシンを購入する必要はないかもしれませんが、ミシンを購入することで自宅内で親子揃って色々作ってみるのもアリですね。
ミシンを購入することで経済が回るという考えからなら、それもまたアリだと思います。

知り合いのうちでもオフハウスだったけど中古のミシンを買ったみたい。
いま地元の中学校では学校で型紙配って生徒(の家)が五枚づつマスクを自作して寄付するって活動をしているとか。
あれかな女生徒がひとりで手作りマスク600枚作って寄付したって話に感化されたのかな?
その知り合いは、自分ができないから子供にやらせらた上手だった、って言ってました。
なんかミシン使う以前に糸を通せなかったって。高いの買えばいいんだろうけどオフだと三千円だったって。

子どもが小学生だった頃、給食マスクをハンドメイドしていたから、マスクが無い!って布マスクで良いならいくらでも作れるのにって思った。

政府が布マスクに大金使うなら、幼小中学校の保護者にでも、ミシン持ちでマスク作成可能な人に拠出依頼でもすれば良いのに。
ハンドメイド好きな人は頼まれれば作る人結構いると思うけど。

手縫いよりミシンがあるといいですよね。
そんな中昨日休校のため教科書を学校に取りに行ったらら地元企業が小学生に手作りマスクを寄付してくれました。封筒に入っていて感動しました。ありがとうございます。

子供が幼稚園入園でグッズ手作り用に
ミシンを買い…
1年で壊れ、再びちょい高めのミシン買い…
ここ5年でミシンの出番も年数回程度だった…

でも今は、マスク作りにと久しぶりに
ミシンを出してみた
やっぱり手縫いより早い!
出すのが億劫でつい手縫いしてたけど
たまには出してあげないとね(笑)

「ミシン 受注急増」 終わりに

今回の記事では、「ミシン 受注急増」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でマスクが不足する中今手作りマスクが需要を高めているようです。

そのためミシンを購入される方も多いようですね!それほど難しくないようなので一般の方でもすぐにチャレンジできるところも魅力のようです。

不足しているため作ろうという発想はとても素晴らしいですね。筆者も挑戦してみたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。