音楽番組 対応苦慮の理由!来月以降はMV?収録を中止はいつまで?

芸能

「音楽番組 対応苦慮」が話題となっています。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、テレビ番組の崖っぷちに立たされていることが報じられ話題となっています。

やはりどの業界でも大きな猛威を振るっているようです。

今回の記事では、「音楽番組 対応苦慮」についてまとめていきます。

音楽番組 対応苦慮の理由!

音楽番組でも対応が苦慮しているということが報じられ話題となっていますね。

新型コロナウイルスの影響で収録などが難しくなっていることなのでしょう!

それでは、「音楽番組 対応苦慮」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

新型コロナウイルスの影響で、テレビの音楽番組も“崖っ縁”に立たされている。

テレビ朝日「ミュージックステーション」(金曜後9・00)などの生番組は、早ければ次回から、過去の映像を放送する方向で協議が進んでいる。収録形式の番組でも撮影中止が相次いでおり、来月以降はMV(ミュージックビデオ)を流すなど、苦肉の策を強いられる見込みだ。

音楽番組 対応苦慮の理由!来月以降はMV?収録を中止はいつまで?

それでは音楽番組が対応苦慮しているわけや来月以降はどうなっていくのか、そして収録の中止はいつまで続くのか、その辺りについても詳しく見ていきましょう!

感染拡大を受け、キー局は今月初めから相次いで、ドラマやバラエティー番組の収録やロケをほぼ凍結すると発表した。レコード会社関係者は「音楽番組はスタッフを最小限にするなどして継続しているものもあった」と話すが、緊急事態宣言後は、収録を中止するケースが増加した。

NHKは既に音楽番組全体の収録を取りやめる方針を固めており、生放送の「うたコン」(火曜後7・57)は7日の放送を休止。次回以降も「傑作選の再放送などで対応するしかない」と、対応に苦慮している。

13日からレギュラー放送開始予定だったTBSの新番組「CDTVライブ!ライブ!」(月曜後10・00)はアーティストの歌唱部分は生放送だが、局が19日まで報道番組以外の収録見合わせを発表済み。少なくとも緊急事態宣言が続く来月6日までは同様の対応となりそうで、番組のスタートが切れない事態になっている。

生のパフォーマンスがない番組も「収録スケジュールは、ほぼ白紙に近い」(音楽関係者)。日本テレビ「バズリズム02」(金曜深夜0・59)は直近の収録が取りやめに。局関係者は「今月最終週あたりから、ストックがない状態」と話す。

フジテレビ「ミュージックフェア」(土曜後6・00)は数回分のストックはあるというが、今月20日の収録は歌手の出席を見合わせ総集編として対応する案も検討中。同局「Love music」(日曜深夜0・30)はアーティスト側に動画コメントの提供を求め歌唱はMVでまかなう方向で検討している。

「音楽番組 対応苦慮」 ネットの反応は?

さらに、「音楽番組 対応苦慮」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

こんな状況だから、生放送の音楽番組が中止になる事くらい
視聴者は理解してくれるはず。
無理して放送してます感が見える番組は、正直見ていて楽しいとは思えないです。
音楽番組だけではなくて、ドラマもバラエティーも、過去の放送で充分楽しめると思います。
個人的には、各局で何が見たいか視聴者の声を募集して、視聴者が見たいものを再放送してほしいなと思います。

それなら、ミュージック・ビデオやライブや過去のものを流せば良いし、ミュージックステーションなら長期休止して前枠の延長やアニメや映画を流せば良い。臨時でクレしんとドラえもんを一旦金曜日に戻すのもありだと思う。

色んな番組の再放送をやればいいと言う。今リクエストが多い、ドリフ、志村さん、SMAP、とか各局沢山のストックがあるのだから、どこかの局みたくリクエストを募集するのも良いと思います。

テレビ局もいい加減、自粛に協力しろよ。
報道以外は生放送もいらなければ、新しい番組もいらない。
再放送流しとけばいいんだよ。

報道で8割の人の移動を制限とか言いながら、やってないのはテレビ局だろ。

最近のテレビつまらないし、昔の人気番組を再放送してもらえれば十分。むしろその方が視聴率取れると思う。

発売されているLIVE DVDの映像数曲とかも良いと思うんだけどね。
視聴者がそれを見て気に入ったらDVD購入したりLIVEに足を運んだりする場合もありアーティスト側も良いプロモーションになる。

LIVEで口パクしたりつまらないパフォーマンスする人達はキツいかもしれんが、そんな人達は収束後に別の魅力を発揮して欲しい。

「天才!たけしの元気が出るテレビ」
「風雲たけし城」
「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」
「8時だよ!全員集合」
など、こういう番組の再放送をして欲しいです。

テレビ業界が最高に良かった時代の番組でした。

平成時代の後半ぐらいから、テレビ番組が急激に面白く無くなってきたので、物凄く観たい!

ライブやミュージックビデオを流して欲しい。好きなアーティストのは持ってるけど 他にも良いモノがあると発見になる。最近 歌番組スペシャルを各局やるけど出演者ほぼ同じで面白くない。

CDTVは中々気合入ったライブ番組を始めたところでこの事態は泣くに泣けないだろうな。
仕方ないこととはいえこういう事でカルチャーは縮小してゆくんだよ。
今は我慢するだけだが事態が収まった後は音楽の需要が今まで以上に高まると良いのだが。

今の状況ではやむを得ない。MV流すのもありだし、過去の傑作選出してもいい。
通常の音楽番組も決まったアーティストしか出ない番組が多かったので、色々なアーティストのMVも観れるチャンスだし。

「音楽番組 対応苦慮」 終わりに

今回の記事では、「音楽番組 対応苦慮」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でテレビ番組の中でも音楽番組は対応を送るしているようですね。

この他にもドラマやバラエティ番組でも様々な影響が出てきているようです。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございます。