LCC 影響深刻の状況は?大幅給料減にネットの声や世間の反応は?

社会

「LCC 影響深刻」が話題となっています。

LCC航空会社の便が9割以上も欠航し、大幅に給与が減っている状況が報じられ話題となっています。

今回の記事では、「LCC 影響深刻」についてまとめていきます。

LCC 影響深刻の状況は?

開業したばかりの中部空港第2ターミナル閉鎖 LCC国内線の運休相次ぐ

航空会社では飛行機が飛ばなくなったことにより従業員の給料が大幅に減ってしまったことが報じられ話題になっているようです。

従業員の給料は一体どのような状況なのでしょうか。

それでは、「LCC 影響深刻」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

飛ばないとおカネにならない
LCCの客室乗務員は、国内にLCCが誕生した2012年頃に比べると賃金は上昇傾向にあるが、それでも大手の航空会社と比べると待遇面に差はある。フライト回数も多く、基本的には就航地でのステイ(宿泊)勤務も少ない。

あるLCC航空会社の関係者は、客室乗務員の賃金体系は、フライト回数を重ねないと給与的に厳しい仕組みになっている会社が多いと話す。会社全体で9割以上の便が欠航しているLCCも多く、客室乗務員としての乗務がないことで、大手2社とは比較できないくらいに大幅に給与が減っている状況にすでに陥っている。

会社によっては、月収で10万円を切るケースも出ている。加えて、家賃補助がないLCCがほとんどであり、元々の給与も決して高くないことで貯蓄も限られ、既に家賃の支払いができずに会社に対してSOSを求めている客室乗務員も出ているそうだ。

LCC 影響深刻の状況は?大幅給料減にネットの声!

コロナウイルスの航空会社への影響は!?【外資系CAの現状をお伝えします】

飛行機が飛ばなくなったことにより従業員たちの給料が大幅に減ってしまったことが報じられていますね。

SNS などでもどのような状況なのかキャセル領などのついても報告している方がいましたでご紹介したいと思います。

「LCC 影響深刻」 に世間の反応は?

さらに、「LCC 影響深刻」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

仮に日本が収束しても、すぐに海外旅行っていうのはリスクがある、夏休みも海外旅行行く人少ない気がする。

必ずしも生きるのに必要でない業種は、みんな同じ状況。
今は、仕方のないことです。

華やかに思える職種ではあるが、こういうことが起こると一番最初にメスが入る職種でもあるな。リアルで別世界でデビューする人がでてくるんじゃないか?

ここのCAのみならず、多くの今困窮に陥りつつある人にとっては、もう会社から解雇通告を出してもらって、失業手当てを数ヶ月間もらった方が生活しやすいかもしれない。

もちろんその後、職が見つかるとも現状では思えないのだが、国が何もしない以上、会社もどうしようもないし、特に旅行系、LCC等は倒産の可能性が非常に高いと思う。

海外添乗員を25年間やったが ・・・

その間、湾岸戦争、サーズ等、仕事の無い時期があり、貯金取り崩しであった。

勿論、補償などない → 派遣会社から旅行会社へ営業に行ってこいとか、容姿端麗でない人は辞めろとか、言われた。

結局、別の仕事で身を立てるしかないので、仕事の無い時は、別の仕事を覚える良い機会となった。

つまり、一生食べて行けるように、手に職をつけることだね
そうすると、家で仕事ができる

成田に住んでるが、現在、手芸家として生計を立ててます

旅行は平和な時だけにしか、成り立ちません。 若い方なら、看護師の資格を得るとか、考えてみたらいかがでしょうか。

パイロットを始めとする航空機乗組員の多くは航空法令で定期的に「航空身体検査」が義務付けられている。
羽田沖で統合失調症の機長が空中で逆噴射操作をして墜落させた事故により厳格になって今に至る。
当然、身体検査は医療機関によって行われるが、コロナ禍でどこも受け入れ困難だ。
これはLCCに留まらず管制官などの地上勤務を含め、身体検査を必要とする航空業界全般に影響する。

更に便数が減ればパイロットの免許更新にも影響する。
「最近の経験」も更新要件なのだ。運転手みたくペーパードライバーでゴールド免許になることはない。

震災で運転免許更新の延長が認められたことはあるが航空業界はどうだったのだろう?
一日も早くコロナ禍が鎮まらなければ航空業界そのものが維持できなくなる恐れがあることは確かだ。

今は仕方がない。
LCCだけじゃない。業務が減って収入が減ってる家庭はたくさん出てくる。
しばらくは外出を必要最低限にしている人が多数なんだから。
仕事だってそうだ。ユーザー側が経済活動を縮小してるんだからいろんな業種でそのような事態になってる。
そのような惨状は全産業と考えていいのでは?

航空会社は客を乗せて飛ばないと金にならない。
各企業そのサービスなり商品なりを客に提供しないと喰っていけない。

政治家や官僚のように最後の最後まで国が保証してくれる訳ではない。

しかしこういう危機的状況こそ素早く動き国を救うため働いて欲しいから、皆高い税金を納め公務員の破格の福利厚生や保証を許しているだけだ。
公僕が役に立つのは今この時、そのための政治家であり公務員である事を忘れないように。
とうぜん民間も協力を惜しまないが大阪の知事のようにしっかりして欲しいものだ。

今は航空会社自体が何処も大変だが、LCCは可能な限りコストを削減して、小型機を使って満席に近い状態で飛ばす事で収益を得ているからかなり厳しいと思う。
収益が上がらない路線は減便、運休せざるを得ないだろうし、元々のCAさんの基本給を抑えて採用し、フライトの手当や機内販売の売り上げからの手当を加算しているので、フライトが無いと厳しいのは当然かと思う。
以前、その厳しい待遇でも、夢の職業としてCAを選んだ人達を特集したテレビがあったが、なんとか頑張って欲しいと思う。

LCC会社は厳しいのは当たり前ですよね。
何故ならば格安航空会社で当然粗利率が低いからですね。
更にコロナ問題で運休や搭乗率も低い。
大手航空会社でさえ厳しいですからね。
世界ネットで運行されてる航空会社は世界中でのコロナ終息しない限り大変厳しいですよ。
余力の有る会社は良いがとにかく厳しいの一言に尽きる。

「LCC 影響深刻」 終わりに

今回の記事では、「LCC 影響深刻」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

やはり新型コロナウイルスの感染拡大の影響で様々なところに大きな影響が及んでいるようです。

今後もどのような状況になっていくのか、注意が必要ですね。

それでは今回この辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民