福岡市支援策 100億円規模の中身は?賃料の8割、上限50万円?

社会

「福岡市支援策 100億円規模」が話題となっています。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で福岡県でも特別措置法に基づく給与妖精が出されたことを受け福岡滋賀総額100億円規模の独自の支援策を行うことが決定したことが報じられ話題となっています。

今回の記事では、「福岡市支援策 100億円規模」についてまとめていきます。

福岡市支援策 100億円規模

福岡県の「休業要請」受け福岡市が独自の支援策

新型コロナウイルスの感染対策として、福岡市の支援策100億円規模と報じられかなりの話題を呼んでいるようです。

それでは、「福岡市支援策 100億円規模」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

新型コロナ感染対策として福岡県で特別措置法に基づく休業要請が出されたのを受け福岡市が総額100億円規模の独自の支援策を決めました。

福岡市によりますと県から出された休業の協力要請・協力依頼を受け休業した中小企業・小規模事業者の店舗の賃料の8割、上限50万円を支援するとしています。

またライブハウスなどの文化・エンターテイメント施設に対し無観客での映像配信設備などにかかる経費として上限50万円。宿泊施設の消毒・除菌対応など安全対策の強化にかかる経費とし1施設あたり上限50万円を支援します。

また市民のデリバリー利用促進を図り飲食店にデリバリー等への対応を促すため1回1000円以上の利用で500円分のポイント還元するとしています。

福岡市支援策 100億円規模の中身は?賃料の8割、上限50万円?

福岡市が行う100億円規模の支援とはどういったものなのでしょうか。

そのあたりについてさらに詳しく見ていきましょう!

また市内の医療機関に対し施設の規模に応じて1医療機関あたり40万円から600万円を給付。加えて現に新型コロナ患者の入院を受け入れた医療機関には1人につき30万円。市内の高齢者障害者の入所・通所施設に規模などに応じて1施設あたり15万円から150万円を給付します。

更に緊急事態宣言に伴う保育関係者に対する特別給付金として緊急事態宣言の期間も保育を行っている民間保育園や障害児福祉サービス事業者などに施設の規模などに応じて一施設あたり15万円から60万円。

また感染リスクを減らすため緊急事態宣言の期間、保護者が自宅で保育を行った場合、日割りで料金を割り引きするよう施設に依頼し当該期間の減額分については福岡市から施設に支給するとしています。

「福岡市支援策 100億円規模」 ネットの反応は?

さらに、「福岡市支援策 100億円規模」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

「福岡市支援策 100億円規模」 終わりに

今回の記事では、「福岡市支援策 100億円規模」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルスの感染対策として福岡市は100億円規模での支援を投入することが報じられ話題となっています。

これは思い切った施策ですよね。このようなスピード感をもって国の方でも全国民の支援を行って欲しいですよね。 今後に期待していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。