山中教授 情報発信 理由は?三つしかない?ネットの映像はこちら!

社会

「山中教授 情報発信 理由」が話題となっています。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け緊急事態宣言が出されてからちょうど一週間が経ちました。

そんな中、京都大の山中教授がインターネットで情報発信を続けている理由が報じられ話題となっています。

今回の記事では、「山中教授 情報発信 理由」についてまとめていきます。

山中教授 情報発信 理由は?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で緊急事態宣言が発令されました。

ちょうど良い習慣を迎える形となったのですがここにきて京都大の山中教授がインターネットで情報発信を続けている理由が報じられ話題となっています。

それでは、「山中教授 情報発信 理由」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えようと、京都大の山中伸弥教授がインターネットで情報発信を続けている。海外発の科学論文や報道に関するまとめ、自らの提言を次々に自身のホームページにアップ。所長を務めるiPS細胞研究所とは関係なく、あくまで個人の発信という位置付けだ。感染症や公衆衛生の専門家ではないにもかかわらず積極的に行動している理由は何か。京都新聞社の取材に山中氏が社会に伝えたい思いを語った。政府の緊急事態宣言から14日で1週間。

【写真】マスクを何度も使える折り紙式カバーの作り方

-約1カ月前から、ホームページで積極的に情報発信をしている。どのような思いで始めたのか。
「日本では2月末というかなり早い時期から、政府による休校要請などの対策を打ち出した。しかし3月中旬になると街に人があふれるようになった。身近な知人も大規模な集会をしようとした。これは大変なことになると思い、情報発信を始めた」
-自身は2月末の時点でどのように事態を捉えていたのか。
「1、2週間がヤマ場というのはものすごく誤解されると思った。緊急事態宣言も1カ月頑張ろうというニュアンスで発信されていると思うが、心配している。1カ月だけの辛抱だと多くの人が思っている気がする。僕は専門家ではないが、かなりの確率で1カ月では元通りにならないと確信を持って言える。継続して我慢していかないと駄目だ。中国や米国の状況を見ていてもそう思う」
-感染者数の拡大が収まるにはどのようなケースがあり得るか。

山中教授 情報発信 理由!三つしかない?

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、感染者数の拡大が治るケースはどのような場合か、さらに詳しく見ていきましょう!

「三つしかない。一つは季節性インフルエンザのように気温などの理由でコロナウイルスが勢いをなくすこと。だが気温にかかわらず世界中でまん延していることからすれば、そうでない可能性は高い。そうなると後は二つ。ほとんどの人が感染して集団免疫という状態になるか、ワクチンや治療薬ができることだ。ワクチンや治療薬は1年ではできないのではないか。最低1年は覚悟しないといけない。ダッシュと思って全力疾走すると、まだ(ウイルスが社会に)残っているのに力尽きることになってしまう」
-覚悟を決めるには専門家からの情報が重要だが、さまざまな意見もある。例えばPCR検査についてはもっとやるべきという意見があった一方、十分な数を行っているという専門家もいた。
「医療現場の関係者へのPCRが不十分だと言う人は多い。さまざまな病院で院内感染が起こるようになり、フェイズ(段階)が変わった。医療現場では徹底的にPCRで調べ、誰が働き続けられてどの病棟を閉めるべきか判断しないといけない。そのためには医療機関のクラスターをきちっと調べることが必要だが、それができていない。確かに以前はいろいろな意見があったが、だいぶ一致してきているのではないか」
-とはいえ一般の人々からすれば、専門家が議論する過程をリアルタイムで追うのは難しい。
「なるほど。それはそうだ」
-専門外の人間がどのように情報を取って、どうやって1年間を頑張ればよいのだろうか。
「僕の方が聞きたい面もある。情報発信でも試行錯誤を続けている。正解を知っている訳ではまったくない。僕も含めてどんなペースで走ったらいいのか分かっていない。しかし最初が大事。いいペースを見つけて走りだすとうまくいく」

山中教授 情報発信 理由!インターネットの映像はこちら!

山中教授が情報を発信しているインターネットの映像などについて見ていきましょう!

コロナに思う♯4 山中伸弥 京都大学iPS細胞研究所 所長
「このままでは手遅れに」iPS山中教授が強い危機感(20/04/02)

「山中教授 情報発信 理由」 ネットの反応は?

さらに、「山中教授 情報発信 理由」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

ノーベル賞を取った人ですら「専門外」と前置きをした上で、真摯に考えた上での意見だと思うので、とても参考になると思います。 無責任に意見をメデイアで言っている人たちとはレベルが違うと思います。

さすが、山中さん。
ご自分の考えを理解しやすく説明していただけているので、頼りになります。
こういう時に、冷静で論理的に整合性がある説明を聞くと安心できます。
政治家の人こそ、こういう発信をキチンとして欲しいと思いますが、能力の違いはいかんともしがたいのでしょう。

1~2週間が山場、とか5月6日までとか、そこまで頑張ろうと思っても、そのときどうなってるのか誰にもわからない。
もうこうなったら、最低限の行動、最低限の経済活動、と生き残るための覚悟が必要と思うようになった。

山中さんの説明が1番わかりやすいし、納得できる。本当に頭の良い人って相手がどんなバカでも理解できるように噛み砕いて説明してくれる。勉強ができるだけでは頭の良い人とは言えないよ。山中さんを今の政治家のお年寄り達は見習ってほしい。こういう方が政治家とかやってくれたらと本当に思う。でも山中さんはこれからも研究者として世界を救ってほしい。世界レベルで貴重なお方なので。頑張って下さい。

山中さんが一番信用できる気がする。
専門外の分野だがと、ちゃんと前置きしつつ、論文をいくつも読み、慎重に判断して危機的状況を啓蒙してくれている。
彼が非常に怖いと言ってくれていたから自分も用心深くなれた。
わからないことはわからないと言っているし、感染増加による医療崩壊の恐れを早くから指摘してた。
いつもテレビに出てあれこれ言ってる人たちは、わかってもいないのに適当に言ってるだけに思えて信用できない。風邪のようなものだとか言ってた人のせいで、油断した人も多いだろう。

素人の記者に対しても
なるほどそれはそうだ
と相手の意見を認める器の深さ、人間性の素晴らしさを感じます。
ネットに溢れる絶対論破マンは見習うべき。

山中さんほどの人が「正解を知っている訳では全くない」と言われているからこそ、この人の情報は信用できると思うし尊敬する。得てして専門家は知らないことを「知らない」と素直に認めたがらない。門外漢な分野でもそう。真摯な人と思うし対コロナの戦いの中でもっと世に出てほしい。メディアで取り上げ全国津々浦々まで山中さんの情報が届くようにしてほしい。

>ダッシュと思って全力疾走すると、まだ(ウイルスが社会に)残っているのに力尽きることになってしまう

非常に重い言葉です。医療現場はもちろん、日々の生活もこのような生活が1年間続くと想像すると気が滅入ってしまいます。

目を背けてはいけませんね。1年間生き続けられるように、今から対策を考えたいと思います。

政治家や行政からの発信は選挙を気にして都合の悪いことは言わないから耳にやさしい話だけが噂話として飛び交う。で、現実が来て「そんなはずでは」とショックを受け、余計に感染コントロールができなくなる。
山中さんのような、冷静な長期予想が必要。
政府もこれを見習うべき。

海外での報道でもワクチン開発に最低でも1年以上掛かると言っていますから妥当なご発言ですね。

先を考えても気が滅入りますから、先ずは緊急事態期間を乗りきりましょう。

一人一人が自粛に協力すれば、それだけ終息に近付くでしょうからね。

「山中教授 情報発信 理由」 終わりに

今回の記事では、「山中教授 情報発信 理由」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、緊急事態宣言が発令されちょうど一週間。
京都大学の山中教授の情報発信をしている理由について報じられ話題となっています。

今後の情報にも注目していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民