杉浦健二郎 草野球150キロがヤバイ!【動画】両投げ両打ちの注目投手!

草野球チームの「相模台レイダース」に所属する杉浦健二郎投手が、BCリーグのトライアウトで速球150キロを投げ話題を呼んでいます。

草野球チームの投手150キロだってそれはやばいね

来年のドラフト会議の注目選手になりそうだね

では、杉浦健二郎投手の草野球150キロについて一つづつ見ていきましょう。

杉浦健二郎 草野球150キロがヤバイ!

まずは、杉浦健二郎投手の草野球150キロについて報じられた内容を見ていきましょう。

こちらが記事の内容です。

草野球プレーヤーが、球界の常識を覆すかもしれない。「相模台レイダース」の杉浦健二郎投手(21=麻溝台)だ。11月の国内独立リーグ「BCリーグ」トライアウト。硬球で150キロを投げ、関係者の度肝を抜いた。

来季はBC・神奈川でプレー予定で、来秋のNPBドラフトで指名される可能性もある。高校・大学と野球部未所属でも、国内最高峰に届くのか。今もなお草野球を楽しむ杉浦の練習に潜入した。

39歳記者も、相模台レイダースの練習に参加した。「キャッチボールしましょう」と誘ってくれた150キロ右腕の杉浦は、右手にグラブをはめた。「来週、草野球日本代表の試合があるので、右は温存です」。左でも軽く50メートルは投げられるし、そこそこ球威があるので手が痛い。

ノックでは左投げのまま中堅へ。いきなり背面キャッチを試みた。「意味が分からない」「突然変異型」と仲間も笑うしかないほど運動センスに富む。「ロングティーで柵越えできるか大会、やろう」と言い出し、左打席で100メートル飛ばした杉浦は、右投げ右打ちがベースのはずだ。

フリー打撃で、最速130キロ右腕・広瀬聖さん(19)と対戦してみた。縦スラは打てる気ゼロ。180チーム超が活動する相模原市で、レイダースは50番目前後のCランク。なぜAランクじゃないんだろう。草野球の奥深さをかいま見た。

両投げ両打ちは上な存在だよね!

150キロなんて日本人ではそうはいないよ

杉浦健二郎 草野球150キロ【動画】両投げ両打ちドラフト注目投手!

次に、杉浦健二郎投手の草野球150キロについて話題となっている動画はこちらです。

BCリーグトライアウトをバドミントン部出身の右腕が受験。最速は150㌔【日刊スポーツ】

めちゃくちゃ早いじゃないですか!プロより早いんじゃない

これは確かに度肝を抜かれますよね…

 杉浦健二郎投手の草野球150キロに世間の反応は?

さらに、杉浦健二郎投手の草野球150キロについてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

>180チーム超が活動する相模原市で、レイダースは50番目前後のCランク。なぜAランクじゃないんだろう
これについては記者の勉強不足。
草野球に新規参入した場合、全てのチームが最下部からスタートし、実績を積み重ねてB・Aへ昇格する。

もしプロ入りしたらロマンがあるね。
まだ一軍レベルでは成功例がないけど、いつか大谷みたいに漫画の世界を実現してほしいもんだ。

草野球と聞くと、おっちゃんたちがケラケラ笑いながらボールを追いかけてるイメージを持つ人が多いかもしれないが、レベルは様々。
草野球といってもレベルが高いチームは、そのまま甲子園や神宮に出てもやっていけるような、プロ手前の人達の集まりのチームも多い。
お金を払ってでも見たい選手も多い。
草野球という名前ではなく、もっとレベルの高そうな名前に変更した方がいいかもしれない。

一言に「草野球」と言っても、ほぼ未経験のおじさんからセミプロレベルまで様々で本当に奥が深い。部活が終わってしまうと競技を続ける環境がなくて競技自体を辞めてしまう、という種目がほとんど。これだけ広いレベルの「野球をやりたい」を受け入れる受け皿になっている「草野球」という文化は貴重なものだと思うし、他競技経験者として本当に羨ましく思う。

草野球の世界は広い、楽しみ方も独特だし、いろいろな背景のある人がやってておもしろい。全国草野球大会だってあるし、ストロングリーグなんてのもある。イチローさんがやりたがるのが分かる。入ってきたら盛り上がるよねー。高校野球部経由せずにプロに行く道も出てきてほしい。

順序がある
どこでも、最下位クラスからスタートして成績によりワンクラスずつ昇格して行く
いきなりAクラスはないでしょ!
参加チームが多ければ、尚のこと
しかし、左右投げ、左右打撃とは天性
きっと、野球以外でも無難にこなす事でしょうね!

両投げ両打ち
がなぜ今までいなかったが疑問だった。
野球って固定された動き多いから自分でケガするリスクが高いけど、
両投げ両打ちならケガのリスクは普通の野球選手より倍少ない。
子供のうちからやらせるのがいいと思う。

この子が大学1年生の時に対戦した子もある!
確かに球威はあったけど、制球力や変化球はイマイチでどちらかというとバッティングが素晴らしいイメージがあった。
でもYouTubeで見たら制球力もよくなっていたので独立でさらにレベルをあげてほしい

終わりに

今回は、杉浦健二郎投手の草野球150キロについての内容や世間の反応をお伝えしました。

草野球の投手で150キロの強ストレートを投げる投手がいるなんて少し驚きました。

きっと来年のドラフト会議では目玉選手として注目されると思われます。

来年の杉浦健二郎投手の活躍に期待しましょう!