ガソリン価格 地域差拡大の理由!最も安いのはどこ?今後どうなる?

社会

「ガソリン価格 地域差拡大」が話題となっています。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でガソリンの価格にも地域差拡大が広がっていることが報じられ話題となっているようです。

様々な影響が出ていますがガソリンの価格は地域ごとに差があるようです。

今回の記事では、「ガソリン価格 地域差拡大」についてまとめていきます。

ガソリン価格 地域差拡大の理由!最も安いのはどこ?

新型コロナウイルスの感染拡大の広がる中、ガソリンの価格が下がってきていることが話題になっていますね。

そのガソリンの価格ですが地域差も広がっているようです。

それでは、「ガソリン価格 地域差拡大」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

12週間で30円近く下がった地域も
ガソリンの販売価格が下落し続けています。資源エネルギー庁が発表した、2020年4月13日(月)時点におけるレギュラーガソリン1Lあたりの店頭販売価格(現金。以下同)は、前の週と比べて全国平均で1.8円下がり、131.9円でした。下落は12週連続で、1月20日時点と比べると19.7円も急落しています。

一方で、「うちの地域はそれほど安くなっていない」と感じる人もいるかもしれません。実際、地域による価格差が大きくなっているのです。

資源エネルギー庁の資料において、レギュラー1Lあたりの平均販売価格を都道府県別で見ると、最も安いのは香川県の121.4円、最も高いのは長崎県の143.6円で、22.2円もの差が生じています。離島を多く抱える長崎県は、もともと全国で最もガソリン価格が高い地域のひとつですが、香川県は、ここ10年ほどの平均を考慮しても、以前よりとりわけ安い地域だったということはありません。

また4月13日(月)までの12週間における価格の下落幅で見ると、香川県は28.8円、次いで北海道が28.4円と、落ち込みが顕著です。同日において北海道の平均販売価格は、全国で2番目に安い123.0円でした。

資源エネルギー庁の価格調査を受託している、一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センターによると、北海道では2月末に緊急事態宣言が発出され、3週間にわたり出控えの動きが広まったことでガソリン需要が減少し、この期間に販売価格が大きく下がったといいます。以後もその傾向が続いているほか、東北地方などでも下落が顕著になっているそうです。

ガソリン価格 地域差拡大の理由!今後どうなる?

ガソリンの価格の地域差のが拡大しているようですが、都心部も含め今後ガソリンの価格はどうなっていくのでしょうか。

そのあたりについて詳しく見ていきましょう。

緊急事態宣言の都市部はどうなの? そして今後は?
では、4月7日(火)に発出された政府の緊急事態宣言の対象7都府県における、4月13日(月)時点のレギュラー平均販売価格はどうかというと、首都圏は神奈川県の128.9円から東京都の134.7円、大阪府137.0円、兵庫県135.1円、福岡県134.7円でした。120円台前半の香川や北海道に比べれば、だいぶ高いといえるでしょう。

「安値を打ち出す店に周りの店が引っ張られ、地域全体で価格が下がることがありますが、店舗数や需要の少ない地方ほど、その影響が大きく出ているのかもしれません」(一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター)

全国的には差があるものの、おおむね地方のほうが、需要の減退による価格への影響が早く出る傾向にあるといいます。

また世界でも、新型コロナウイルスの影響下で石油需要が減退しています。さらに、3月上旬の「OPECプラス会合」で産油国どうしの減産交渉が決裂し、供給過剰への警戒感が高まったことも、石油価格の下落に影響していました。

そうしたなか4月12日(日)、アメリカの仲介によってサウジアラビアとロシアが5月から6月に減産を行うことで最終合意しましたが、エネ研・石油情報センターによると、この前後は交渉への期待感と、日量970万バレルという過去最大の減産量が驚きをもって迎えられ、原油価格が上向いたものの、一時的でしかなかったといいます。

「本当にこれほど減産できるのかという懐疑的な目と、その減産量をもってしても、新型コロナの影響下においてはまだまだ足りないという見方により、原油価格はやはり下落しています。世界の原油需要は、平時で日量1億バレルのところ、それがいまは2000万から3000万バレル減といわれており、(970万バレルの減産を実施しても)結局は日量1000万バレル以上の供給過剰になるわけです。また減産は5月からなので、スタートが遅いという評価もあります」(一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター)

今回の合意を受けて、日本の石油元売り大手には一時的に卸値を引き上げたところがあるものの、エネ研・石油情報センターは、今後もガソリン価格の下落は続くと見ています。

引用:乗りものニュース編集部

「ガソリン価格 地域差拡大」 ネットの反応は?

さらに、「ガソリン価格 地域差拡大」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

ガソリンは半分くらいが税金で、しかも重複税で国民は買わされているからね、国民が声を上げないから長い間、高値のままでほっとかれている。ここもそろそろ手を打って改革しないといけない、大半の国民の収入は減り続けているからね、ガソリンが安くなればレジャー等に出かける回数も増えて色々な所が潤うし車も売れる、よって国の税収も今よりも増えるはず。

香川県は特に高松市が最近まですごく高かったけど安くなったんですね。
このところ130円台が当たり前になってたけどよく考えたら90年代は105円とか110円程度だったから比べると随分上がってしまってたわけで現状は元に戻ってきたというべきでしょうね。

未だに神戸市は137円もあり、横並びの価格である。一方、無印スタンドは120円台であり、これが妥当と思える。スタンド側にも言い分あると思うが、それも税金が高過ぎる。こんな高い税金を取りながらコロナ対策はシドロモドロでお粗末過ぎる。来年度の入試問題は「コロナ対策」をテーマにした論文で評価したら面白い。

油売りは本当にアコギな商売よ。
政情不安の原油高で売値が高くなるときは、(安値で買った)在庫は沢山あるのに一瞬で高くなるのに、下がるときはなかなか下げようとしない。消費者はいつも高い油を買わされている。

原油価格がこれだけ下がってるのに、店頭価格はなかなか下がらず、更に1ヶ月ほど前から価格が下げ止まっている。
受給関係からすると、まだまだ下がって良いはずなんだが下がらない(下げない)。
この期に及んで、利益を維持したい石油元売りが下げ渋ってるので店頭価格も下げられない….
という構図。

札幌在住ですが、店頭表示はセルフでレギュラー112円がほとんどです。私のよく行くスタンドは、会員割引とかで、99円でした。
でも、昨日ラインで月曜日から5円値上げの連絡が来ました。
コロナさえなければ、ドライブ旅行にはとても助かる価格ですが、行けそうな状況でないのが残念です。

福岡市内で税抜き115円でしたね。別の記事で消費税を含む4種類の税金が課せられているんですね。約59円も税金でプラス消費税ですね。車関係の税金も何とかして欲しいよね。

松山市在住です
レギュラーで110円が近くのセルフで提示されてます
いつものことですがお隣の今治市はそこから一気に12円ほど上がります
組合とかの兼ね合いもあるのかとは思いますが、安いに越したことは無いですね
自分が免許取った時はハイオク90円だったけど一時期180円とかになった時はキツかったなぁ…

これを機に、ガソリンにかけられる税金、さらに車にかけられる税金にももっと国民の目が向けられるといいですね。
最初の登録から16年過ぎた車に乗っていますが、かけられる税金は理不尽なレベルだと感じています。

これが普通だと思う。
便乗値上げし過ぎだったからいい傾向だね。
ガソリンたんまり入れて遊びに行く事も無いから、できればもう少し下がって欲しいね。
備蓄が増えて減っていかないのだから可能な気がする、これぐらいしか還元が無いって言うのも悲しいね。

「ガソリン価格 地域差拡大」 終わりに

今回の記事では、「ガソリン価格 地域差拡大」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でガソリンの価格にも地域差が生まれているようです。

今後はさらに地域や都心に関してもさが広まっていきそうですね。

それで今回この辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。