眠れないオオカミ 反響!したら領(@shitara_ryo)のツイートは?

社会

「眠れないオオカミ 反響」が話題となっていますね。

100日後に死ぬワニが大ヒットしたことが記憶に新しい中今度は眠れないオオカミというメッセージの強い作品が話題を呼んでいることが報じられ反響の声が上がっています。

いったいどのような作品なのでしょうか。

今回の記事では、「眠れないオオカミ 反響」についてまとめていきます。

眠れないオオカミ 反響!

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、今 SNS では新しい漫画が話題を呼んでいます。

それでは、「眠れないオオカミ 反響」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

「100日後に死ぬワニ」がヒットをしたことは記憶に新しいが、生や死への捉え方が「ワニくんよりも直接的なメッセージ性を感じる」と話題になっている漫画がある。したら領さん(@shitara_ryo)が描いた「眠れないオオカミ」という作品だ。徐々に拡散されていき、したらさんのSNSのフォロワー数は4000人から10.7万人(2020年4月19日時点)にまで増加するほどの反響を集めている。どのような思いで描かれた漫画なのか、生や死に対する考え方を作者に話を聞いた。

【漫画】孤独にたたずんでいるオオカミ、モグラが話し掛けると…? 絵本のような世界観…『眠れないオオカミ』

■「衝動の赴くままにペンを走らせた」漫画を描いたきっかけ

広い荒野に立ちすくむ一匹のオオカミ。なぜか地面に足がくっついてしまっていて、夜も眠れない状態のまま、同じ場所にずっと立ち続けている。そして、今はもういない白いメスのオオカミのことを思い出し、感傷に浸ってもいた。すると、一匹のハチがやって来て、「キミには新しい目標がいる。過去を今で埋めるんだ」と言い、花の種とじょうろをオオカミに渡して去って行く。実はそのハチも、悲しい過去を背負っていて…というのが漫画の内容だ。まるで絵本のような世界観で進んでいく漫画には「すごく続きが気になる」「この多少の重さが好き」など多くの反響が集まった。

――「眠れないオオカミ」の漫画を描き始めたきっかけについてお聞かせください。
【したら領】当時、アナログからデジタルに移行して半年ほどで、次に何を描こうか試行錯誤していたところでした。そんな時、深夜にボーッとしていると、妙に漫画が描きたくなってきて、赴くままにペンを走らせました。それでできたのが第1話のネームです。楽しかったです。それまでも好きな様には描いていたのですが…もっと初期衝動?に近い感じでした。

――Twitterへの1投稿目が18.5万件ものいいねを集め、「100日後に死ぬワニを超える予感」といったコメントも見られました。こういった反響については、あらためていかがですか?
【したら領】そこまで反響があったことが嬉しかったです。コメントはほぼ全て読んでいると思うのですが、肯定的なコメントばかりで素直に感激しております。他にも、「米津玄師さんのオオカミや、ノルシュティンのハリネズミに似ている」という感想もあって、面白いなぁと感じました。

眠れないオオカミ 反響!したら領(@shitara_ryo)のツイートはこちら!

こちらが眠らない狼の作者であるしたら領さんの Twitter になります。

ほんと次が気になるような漫画ですよね。 今後どうなっていくのか非常に楽しみです。

「眠れないオオカミ 反響」 ネットの反応は?

さらに、「眠れないオオカミ 反響」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

>“ワニくんを超える予感”

と、メディアで言ってる時点でこれはもう“ダイレクトマーケティング”なのでw
(記事を見た人に当該作を読む様に誘導)

『sns含む“草の根”発のコンテンツが社会現象を巻き起こした』
という“方向性”のマーケティングは、
ケータイが(悪い意味で)浸透し切った“現在”では、あっという間に「古くなった」んだねww

(´・ω・`)オリコンの記事に茶々入れるのも申し訳なさすぎだが…人の噂も七十五日と言う。
もしコレがまた仕掛け入りだと言うなら節操がなさすぎと言わざるを得ない。

創作物のビジネスモデルを確立させてガッチリ!したい気持ちはわかるがこのご時世ヒトの目は厳しい。

何より物語がロクに進行してもいない内にこういうインタビューするのが不健全。世の小説家や漫画家は進行中の作品や自身の姿勢は必要以上に語らん。娯楽作品でも純文学でもそれは変わらない。

あれだ、言いたい事は作品でのみ語ればいい。

ワニが失敗し次は狼で絵も似てる‥

成功モデルは原作ONE氏無料配信が大人気で、画力の高い村田雄介漫画、アニメ世界的人気
「ワンパンマン」でしょ
恐らく成功ビジネスを作りたいから裏で仕掛けてるのが見えてしまう。もう良いんじゃない。

聞いた事なかったけどホント?
ツイッター覗いてみたけど一話以外お世辞にもバズってるとは言えないレベルの反響なんですが。
真相がどうであれ、ワニの件もあって厳しい目線で見られるこのご時世に軽はずみにインタビューとか作品の事を考えるなら控えたほうがいいでしょ。
本当に面白いなら勝手にネットで拡散される。

ちなみに自分が死生観を扱った漫画で一番好きなのは火の鳥です。

突然身近な人が失われる状況。
そこからくる喪失感。
一番重要な部分を表現し損ねた
100ワニのチープな死生観。

この程度でも
救われる人は救われるんだろうから
全否定はしないけど。

死生観というものは
文化として持ち合わせながら
個人の人生によって多種多様にある。

個人で必要な人だけ求めればいいもので。
大多数で取り上げ、無駄に共有しあい
盛り上がるようなものではない。

現実はもっと重い。
それは志村けんの死を持って国民全体に
思い知らされ、明確に教えられた気がする。

だからこんな宣伝見え見えの紹介をされても
何も響かない。
少なくとも自分が必要とする分野ではない。
必要と思う人が、必要と思う分だけ求めてくれれば
いいのではないか。
そういった人らも自分の中だけで消化して
変に他人にも共感して欲しいなど
余計な動きはしないでいただきたい。

作品が良ければ出版社から声がかかって製本されるでしょう。
あとは最終回のあとにどーんと映画化とかグッズ化を発表しなければ良いだけです。

ワニがどうたらのマンガが、最後までキレイに終わってたら、「ワニくんを超える予感」って台詞も良い方に効果があったかもしれないが、あんな後味の悪い終わり方になってしまったので、比較しても悪い方向にしか転がらないと思う。

どうせ売り出したいなら、ワニがどうたらのマンガと一切絡めずに売り込んだ方が良かったんじゃないかな。

「売り込んだんじゃなくて、ネットでそう比較されてるだけ」って言う人もいるだろうけど、それをどれだけの人が信じるか。

こういうのの作者って、一般人が趣味程度でやってると思ってたのに、ワニで見方が変わった。

ワニの作者は朝のワイドショーに出演したときに、菊地弁護士とバッティング。

司会者が菊地先生と話を振ったとき、作者は自分に振られたと勘違いしてコメントしてた。

先生と呼ばれるほどの人間なつもりなんだなと思った。

「眠れないオオカミ 反響」 終わりに

今回の記事では、「眠れないオオカミ 反響」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、 SNS では新しい漫画の作品が話題を呼んでいます。

眠れないオオカミが大反響ということで今後に期待ですね。101匹のワニを超える予感がします。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民