アニメ業界 三重苦の理由は?延期決定の劇場版の人気作品まとめ!

芸能

「アニメ業界 三重苦」が話題となっています。

新型コロナウイルスの感染拡大により、 アニメ業界にも大きな影響が出ていることが報じられ話題となっているようです。

また人気のアニメ劇場作品が延期となっています。

今回の記事では、「アニメ業界 三重苦」についてまとめていきます。

アニメ業界 三重苦の理由!

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で広がる中、アニメ業界にも大きな猛威を振るっているようです。

いったいどのような状況なのでしょうか。

それでは、「アニメ業界 三重苦」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、アニメ業界が大きな打撃を受けている。声優のアフレコ収録が中断するなど制作が頓挫。放送延期する作品が続出しそうだ。

「3密」の危険性をはらむアフレコ収録。スタジオは無音状態にするため扉を閉じ切った「密閉」の状態。その狭いスタジオに声優が「密集」し、1つのマイクに複数人が声を発することも多い「密接」の場所。3密の構成要件を全て満たす。

「北斗の拳」のケンシロウなどの役で知られる神谷明(73)は先月30日、収録に対して「今はとても怖い」とツイッターで打ち明けた。その後、声優が個別に収録する対応も取られたが、現在は全ての作品で収録がストップしている。

さらに、アニメの素材となる作画作業も遅延。制作は海外への外注が主流で多くは中国、韓国の制作会社が担っているが、感染拡大の影響で進んでいない。関係者は「日本に素材が届かない」と明かし、「長寿作品は再放送でしのげるが、新作はそうはいかない」と頭を悩ませている。

現在国内では年間100本前後のアニメが放送されている。1クール(3カ月)の制作に約10カ月を要するとされ、テレビ局関係者は「ドラマやバラエティーを含め、全番組の中で一番時間がかかるのがアニメ。制作体制が平常に戻っても、アニメはすぐに放送できない。放送延期の作品が続出するだろう」と話しており、状況は厳しい。すでに各局で、7月や10月に開始予定だった作品の放送延期が検討され始めているという。

余波はタイアップ商品などにも及ぶ。主題歌などの音楽作品、ゲームとのコラボレーション、フィギュアなどのグッズの販売も、放送の見通しが立たない限り進まない。関連イベントも続々と中止になっており、声優らの生活にも大きな影響が出ている。

近年はソフトパワーとして盛んに輸出され、海外にもファンの多い日本アニメ。外出自粛中の需要も多いだけに、制作スタッフは「作品を待っている人がいるのに、お届けできないことがもどかしい」と話している。

アニメ業界 三重苦の理由!延期になった劇場人気作品のまとめ!

劇場版アニメ作品の延期が続々と決定していますね。

延期となってしまった劇場版人気シリーズのアニメ作品についてまとめていきたいと思います。

『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』

『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」III.spring song』

『名探偵コナン 緋色の弾丸』

京都アニメーションの新作映画『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

「アニメ業界 三重苦」 ネットの反応は?

さらに、「アニメ業界 三重苦」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

業界的に大変だと思うが、神谷さんみたいに高齢の方で
現役の方も多数いる。今は自粛してなんとか感染しないようにするしか無い。
それに新作では無くても過去の名作をどんどん流してくれたら問題ない。

このご時世苦しいのは、映画やドラマなども同じ。

しばらく新作を抑制して、いままでの作品をテレビやネットで放送して資金稼ぎするしかないでしょう。

学校が休みになっているので、アニメの再放送の需要は十分にあると思います。

今は耐えるしかない。
製作側に何かあったら、続きが見れなくなるのだから。
コロナが収束したら、また続きを作って楽しませて欲しい

ファンは、ただ待てばいいだけなので別にいいが、問題は製作サイド。ただでさえ収入が厳しい業界だと昔から言われてきたのに、この打撃で再起できなくなる人たちが多いのでは?という心配。国は、さんざんアニメを貿易のカードとして使いまくってたんだから、こうゆう時こそ手厚く補償するべき。さもなくば収束後、アニメ業界は国の仕事には一切関わらなくていい。政治家はアニメや漫画の事を全く理解せず外貨儲けの道具として扱っている。絶対に許されない。

アニメ業界もこれを機に根本的な改革してほしい。
特に給料面とスケジュール面。
中国が破格の給料ぶらさげて日本の技術あるスタッフ引き抜きにかかってるんですよ。
上ばかり儲けるシステム変えて。じゃなきゃここを乗り越えても先がない。

翌週放送予定の作品をギリギリまで作るなんていう自転車操業とかやめればいい
ワンクールの放送作品数も多すぎ
粗製濫造や原作の使い潰しもやめてこれを機に業界の改革・再編をすべき

声優はただしゃべって音入れればいいだろというもんじゃない。その作品の一つの場面毎に微妙に表現を変えながら、他とも合わせていかに一体感を持たせて行くか。それが声優の技であり、作品の面白さに繋がる。ただ録って切り合わせただけでは、間違いなくつまらないだろう。何でやり方を変えられないんだという声もあるが、ここは変えたくても変えられない部分なんだと理解する必要がある。

幸い日本のアニメには過去に膨大な作品群がある。その中には良作なのに、あまり日の目を見ずに埋もれてしまったものも数多い。今は新作を無理してやる時ではないだろう。こうした過去の良作をもう一度振り返ってみるのも、結果として新たなファン獲得に繋がるのではないか。今、本当に大変な時だと思うのが、何とか創意工夫で乗り越えて欲しい。

今は自粛して出勤せず、コロナを終息させることが重要。アニメは素晴しい作品がたくさんあります。再放送すれば、過去のアニメを観るいい機会になると思います。

中国に制作を外注しているせいか技術が身に付き、最近は中国独自のアニメ映画を制作できるようになり、一大ブームになっているそう。

日本の声優さんは、幾つになってもお元気でビックリですが、お体を大切に、楽しみにしています。

アニメ制作者側も大変だろうがテレビ番組でロケが主体のモノもネタ切れを起こしているようだ。
最近は過去のモノを特番形式で放送したりして色々苦労している。
新ドラマもうまく進んでいないのかいくつか放送スタートしていないしな。
スタジオ収録でも観覧席が無人の為演者がやりにくそうでもある。

「アニメ業界 三重苦」 終わりに

今回の記事では、「アニメ業界 三重苦」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でアニメ業界にも大きな影響が出ているようですね。

人気の作品劇場版は、この状況では映画館に行くことができないので続々と延期となっています。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民