老舗仏料理店 閉店!芙葉亭(ふようてい)吉祥寺・井の頭公園のどこ?

社会

「老舗仏料理店 閉店」が話題となっています。

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、東京の吉祥寺にある有名な老舗フランス料理店が閉店することが報じられ話題となっています。

やはり新型コロナウイルスの影響は様々なところで出ているようです。

今回の記事では、「老舗仏料理店 閉店」についてまとめていきます。

老舗仏料理店 閉店!

あの吉祥寺の井の頭公園にある老舗フランス料理店が閉店することが報じられ話題となっています。

新型コロナウイルスの猛威は様々なところで出ているようです。

それでは、「老舗仏料理店 閉店」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

  

東京・吉祥寺の井の頭公園に面した老舗フランス料理店「芙葉亭(ふようてい)」(東京都武蔵野市)が、5月で33年の歴史に幕を閉じる。一戸建てを改装したおしゃれな内装が評判で、プロポーズや結婚式に利用する人も多かったが、新型コロナウイルスの影響で急きょ閉店を決めたという。オーナー中山葉子さん(62)は「こんな形での幕切れでお客さまに申し訳ない」と話している。

【写真】オーナーの中山葉子さん(右)と、マネジャーの山田千里さん

開業は1988年。渋谷でコーヒー店を営んでいた中山さんの母が、自宅1階を改装してフランス料理店を開いた。らせん階段にグランドピアノ。シャガールの絵が飾られ、木漏れ日が差し込む。当時はバブル真っ盛り。メディアに予約の取れない店として取り上げられ、最盛期には10人のスタッフを抱えた。

卒業祝い、就職祝い、七五三。様々な家族のイベントに利用された。プロポーズの場に使うカップルも多く、スタッフが柱の陰からハラハラしながら見守ったことも。なじみの客が亡くなり、家族が写真を手に訪れてくれたこともあった。

音楽の講師だった中山さんは12年前、母親から店を任された。結婚式を店で挙げてくれた人にボージョレ・ヌーボーを毎年送るなど、母の方針を継承。花見シーズンや異動時期の3月、4月は予約帳が真っ黒になるなど経営は順調だったという。

だが、新型コロナウイルスの影響で、今春は歓送迎会のキャンセルが相次いだ。予約の取り消しの電話が続き、「恐怖を感じた」と中山さん。7人のスタッフを抱え、人件費や食材費、電気代などで毎月800万円かかる。東日本大震災の時は徐々に客足は戻ってきたが、今回は先が見えなかった。

老舗仏料理店 閉店!芙葉亭(ふようてい)吉祥寺・井の頭公園のどこ?

東京の吉祥寺にある井の頭公園近くの老舗フランス料理店が閉店するということで悲しみの声が広まっていますね。

朗報フランス料理店の名前は、芙葉亭(ふようてい)。

東京都武蔵野市にある名店です。

「老舗仏料理店 閉店」 ネットの反応は?

さらに、「老舗仏料理店 閉店」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

>今回は先が見えなかった

これが大きいよね。無利子で融資を受けられるとしても、再開までいくら必要になるか、返済計画などの見通しが立てられない。

今回、飲食店と旅行業はモロにダメージを受けてしまっていますね。
当面の金銭確保という問題もありますが記事にあるように「先が見えない」という理由から傷が深くなる前に自ら店を畳むパターンも多そう。

本当に深刻な事態だと思う。
数か月でこんな状態になってしまった。
トンネルに入ったまま光が見えない、出口が見えず不安ばかり増加していく状態。
感染者数が減って収束の兆しだけでも見えてきてほしい。

私も経営者ですが同じ理由で葛藤中です。
無利子無担保融資があっても所詮は借金。
助成金も永久支給ではないし、先が見えず借りたところで返済の見通しも立ちません。
社員の雇用を何とか守りたいが、もし閉鎖せざるを得なくなったとき
退職金も用意してあげないといけません。
今は資金に余裕があっても、全社員の退職金確保を考慮すれば
実はそんなに猶予はない。 収束が先か、廃業が先か。
この恐怖に毎日眠れません。

こうして閉店する店に、
「ちゃんと蓄えがあればやってけるだろうに」
と言ってしまうのほほんサラリーマンが結構居るが、
経営者が負担する店のランニングコストを全く想像できていない。

何なら会社が自分を雇ってくれている、それ自体に係る費用が自分の給料手取り額以外にもめちゃめちゃあるということを全く考えもしていない。

そのくせやったこともない経営に対して「蓄えてればいけるはず」などと浅薄極まりないことを言う。
どうにかならんものか。

残念ながら私共の会社も清算することになりました。イベント企画と飲食店を経営していましたが、2月末に徴候が出て、すぐに銀行に猶予願の相談に行きましたら、反対に来月までに全額支払えと新しく替わった支店長に言われました。現在は弁護士に相談し清算に向けて準備中。大きな経済の話ではなく、現状は待ったなし。銀行や関係省庁などの対応が遅すぎます。

もともと自宅だったっていうのにびっくりです
ということは家賃はかからず毎月800万ですかね?
それでもそれだけ固定費がかかるんじゃ都の休業助成金程度じゃ大して意味がないでしょうね

お昼に行く、近所の魚料理の店も参ってるよ。
まだ開店して数年だけど、若い夫婦で嫁さんが商店街で店のビラ配ってたよ。
安くて美味くて、いつのまにか満席になるいい店なんだ。
今は満席になってんのを見た事がない。
頑張って下さい。

飲食業の他にも旅行業や冠婚葬祭業などは収入がゼロになっているところがほとんど。
当然それらの取引先の仕事も無くなっている。
政府は自粛という台詞を使いあたかも国民が自主的に休業・自粛しているかのような雰囲気を作り出そうとしている。
しかも税金で賄われている自分たちの収入は2割しか削減しないとほざく。
どうなってんだ日本。

こういうところは多いよね。親戚もパチンコ屋を経営していたが、何年か前の規制を機に「赤字になる前にたたむ」と言い会社をたたんだが。
コロナ騒動でも、迷っていた経営者は会社をたたむ決意をした人も多いだろうな。
3.11、台風と乗り切ってきたのに、お世話になっていた店や旅館がなくなるのは切ない。

「老舗仏料理店 閉店」 終わりに

今回の記事では、「老舗仏料理店 閉店」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、飲食店などは閉店をやむを得ない状況まで売り上げが落ち込んでいるようです。

緊急事態宣言がなされ不要不急の外出が控える中、外食をする人も少なくなってきている状況です。

何か手助けができることがあればいいのですが。今後の状況の変化に注目していきたいと思います。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

社会
ブログ民