梅宮辰夫の嫁・元妻の顔画像!クラウディアと大門節子の現在は?

芸能

2019年12月12日、俳優でタレントの梅宮辰夫さんがお亡くなりになりました。

81歳でした。心よりご冥福をお祈りいたします。

突然、悲しいニュースが飛び込んできました。

昭和の銀幕スターの早すぎる別れにネット上でも悲しみの声が広がっています。

今回は、梅宮辰夫さんのプロフィールや、奥様のクラウディアさんと前妻の大門節子さんについてまとめてみたいと思います。

梅宮辰夫さんの死去。病名は「慢性腎不全」

2019年12月12日、早朝の4時過ぎに梅宮辰夫さんの体調が急変し意識不明となったようです。

奥様の梅宮クラウディアさんが、娘さんの梅宮アンナさんが到着するまで「がんばって」と声をかけていたようですが、アンナさんが到着してまもなくお亡くなりになりました。

これまで6度のガン治療をされていたと、梅宮アンナさんが公表されていました。

病名は「慢性腎不全」のためとのことです。

速報で伝えられた梅宮辰夫さんのニュースの記事はこちらになります。

 映画「不良番長シリーズ」「仁義なき戦い」などに出演した俳優の梅宮辰夫(うめみや・たつお、本名辰雄=たつお)さんが12日午前7時40分、慢性腎不全のため神奈川県内の病院で死去した。81歳。葬儀・告別式は近親者で行う。1958年に東映ニューフェース5期生に合格し芸能界入り。俳優として映画、テレビドラマで活躍したほか、気さくなキャラクターでバラエティー番組にも進出。辰兄(たつにい)の愛称で親しまれた。

梅宮辰夫の顔画像とプロフィール!

  • 名前 梅宮 辰夫   
  • 愛称:辰兄
  • 生年月日 1938年3月11日
  • 出身地 ハルビン市(満州)
  • 血液型 A型
  • 身長 174cm
  • 職業 俳優、タレント、実業家
  • 事務所 株式会社ピックルズ

愛称は「辰兄」と呼ばれ多くのファンから親しまれてきました。

デビューは東映ニューフェイスの看板として俳優、映画、テレビドラマに出演。多数の映画などに出演して銀幕のスターとして大活躍していました。

娘はモデル、タレントの梅宮アンナさんてす。

梅宮辰夫はひと昔前、夜の帝王ともいわれ芸能界で大活躍し、実業家としても素晴らしい方でした。

梅宮辰夫さんのご自宅は渋谷区の松涛にあり、高級住宅街になります。

また別に神奈川県の真鶴町に別荘を持っており現在はそちらに暮らしていたようです。

若い頃の画像がかっこいいとネットでも話題になっていました。

また若い頃のプレイボーイ秘話についてはこちらの記事でまとめています。

梅宮辰夫の嫁(妻) の顔画像!梅宮クラウディアの現在は病気?

  • 名前 梅宮クラウディア
  • 愛称 ビッキー
  • 年齢 76歳
  • 出身 アメリカ
  • 職業 モデル

梅宮クラウディアさんはお父様のお仕事で日本に来られました。

いちど結婚して離婚をしています。

モデルをしながら銀座のホステスとして働いていた時に、梅宮辰夫さんと知り合ったようです。

当時の梅宮辰夫さんはモテモテのプレイボーイで、有名女優や銀座のホステス界隈では有名だったんだとか。

「2番さんでもいいから付き合って」とクラウディアさんの方から告白をされたようです。

それほどクラウディアさんは梅宮辰夫さんのことを好きだったようなんです。

そこで梅宮辰夫さんはクラウディアさんとの結婚を決められたようです。

1972年に2人は結婚しています。現在は神奈川の病院で梅宮辰夫さんを看病していました。

梅宮辰夫の元妻の顔画像!大門節子の現在は?

  • 名前 大門節子(大門節江)
  • 出身 広島市大洲(現在の南区)

梅宮辰夫さんの前妻は、ホステス・大門節子さんです。

梅宮辰夫さんは、1968年に3年間同棲し妊娠4ヶ月だった元彼の若井常代さんと一方的に婚約を解消しました。

その年の12月に大門節子さんと結婚します。

同年12月に結婚した最初の妻は、銀座のクラブ「姫」のホステス・大門節子(大門節江)だが、半年で離婚。

大門節子さんは歌手としてデビューしレコードを出したこともあります。

その後梅宮辰夫さんと離婚した後、沢村忠さんと婚約をするの結婚には至らなかったようです。

その後は地元の広島に戻りお店を経営していた様で、現在は四国の一般の方と再婚されているようです。

終わりに

今回は、梅宮辰夫さんのプロフィールや、奥様のクラウディアさんと前妻の大門節子さんについてまとめてきました。

梅宮辰夫さんは若い頃はとてもハンサムでそうと思ってたんでしょうね。

奥様のクラウディアさんもスタイルの良い美人さんですし、前妻の大門節子さんは、銀座で有名なホステスさんだったようでとてもきれいな方でした。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。