間瀬翔太の病院や家族は?難病(脳動静脈奇形)で顔を失った俳優の素顔!

芸能

2019年12月13日(金)放送のTBS系の番組「爆報!THEフライデー」に10万人に1人がかかる難病患った俳優・間瀬翔太さんが出演します。

一時代はアイドルグループとして活躍し、俳優の道へと進んではずの彼に一体何があったのでしょうか。

難病とは一体どのようなものなのでしょうか。

本記事では、俳優の間瀬翔太さんの知られざる難病についてみていきたいと思います。

間瀬翔太の難病(脳動静脈奇形)とは?

「爆報!THEフライデー」に10万人に1人がかかる難病を患った俳優の間瀬翔太さんが出演します。

爆笑問題が有名人の知られざる一面を徹底的に紹介しているバラエティーです。

  • 名前 間瀬翔太
  • 生年月日 1986年4月27日 (年齢33歳)
  • 出身地 北海道夕張市
  • ジャンル ヒップホップ/ラップグループ
  • 身長 168cm
  • 職業 アイドル、俳優

現在33歳の間瀬翔太さん。

2004年にはアイドルグループ「BLIZZARD(ブリザド)」のメインボーカルとして芸能界デビューを果たします。

2006年にアイドルグループを解散すると、その後は俳優の道へ進みます。

キリリとした顔立ちでイケメン俳優として活躍していました。

映画や、テレビドラマ、バラエティー番組なども様々な番組に出演し人気を高めています。

世界的に有名な映画監督であり冷たい熱帯魚などの話題作を世に排出した園子温さんからオファーを受けるほどに成長していました。

そんな順風満帆な俳優人生を歩もうとしていた間瀬翔太さんに一体何があったのでしょうか。

間瀬翔太の病院や家族は?難病(脳動静脈奇形)で顔を失った俳優の素顔!

俳優人生の間瀬翔太さんに突然難病が遅いかかります。

10万人に1人がかかるという難病と言われる

「脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい)」を患ってしまいます。

突然遅いかかった難病。

病院に入院している間瀬翔太さんの顔画像です。

はじめは風邪のような頭痛だったようです。

普通に病院に行って風邪薬を処方されて飲んで回復を待っていたそうですが1ヵ月をたっても頭痛が一向に収まることがなかったそうです。

そして、新曲のレコーディングの最中に急に後頭部にこれまでになかった壁にぶつかるような凄まじい痛みを感じたそうです。

その後はさらに記憶障害までも引き起こし恐怖を感じマネージャーに申し出て病院に向かったそうです。

そこで検査を受けてみた結果難病である10万人に1人がかかるという難病「脳動静脈奇形」だと判明したそうです。

▪️脳動静脈奇形とは?

「脳動静脈奇形」は、脳の中で動脈と静脈が直接つながり、とぐろを巻いたような塊になる先天性の血管奇形で、正常な血管に比べて破れやすく、脳出血やくも膜下出血などを引き起こす可能性が高い難病だ。

間瀬翔太さんは難病患いこれまで予定に入っていた俳優としての仕事を全てキャンセルしたそうです。

その後は芸能界から退き病院で治療を受けているそうです。

間瀬翔太の家族や病院(入院先)の場所はどこ?

【脳動静脈奇形】10万人に1人の難病【間瀬翔太(Shota Mase) V-LOG】

その後、間瀬翔太さんは病院で手術を受けています。

その手術は言語障害や下半身付随となるリスクが高い大手術だったそうです。

手術の時間はなんと7時間をかけて手術は成功したそうです。目元が膨れ上がって大きな跡ができたようです。

間瀬翔太さんは現在も病院でリハビリを行い治療中です。病院については公表はされておりません。

お母様がお見舞いにお越しになってるようですね。

お母さまです。

さすがイケメン俳優の母、綺麗なお方ですね。

間瀬翔太さんは彼女はいないようです。結婚もされてないので独身の日ですね。

今後病気が回復しまた俳優として復帰できたらきっと彼女ができるのではないかと思います。

まとめ

今回の記事では、俳優の間瀬翔太さんについてみてきたました。

間瀬翔太さんが早く病気が良くなって病院を退院し、またテレビやファンたちの前で元気な姿を見せてくれることを応援しております。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

芸能
ブログ民