片岡篤史 恐怖を感じた激痩せの理由は?ユーチューブ動画はこちら!

芸能

「片岡篤史 恐怖」が話題となっています。

新型コロナウイルスに感染して入院していた野球評論家の片岡篤史さんがテレビ電話取材に応じてその恐怖について語ったことが報じられ話題となっています。

いったいどのような恐怖を感じたのでしょうか。

今回の記事では、「片岡篤史 恐怖」についてまとめていきます。

片岡篤史 恐怖を感じた激痩せの理由は?

片岡篤史さんが新型コロナウイルスに感染しその恐怖の病状について、テレビ電話取材に応じたことが報じられ話題となっています。

いったいどのような恐怖を感じたのでしょうか。

それでは、片岡篤史 恐怖について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

 新型コロナウイルスに感染して入院し、24日に退院した野球評論家で日本ハム、阪神OBの片岡篤史氏(50)が27日、大阪・カンテレのニュース番組「報道ランナー」でテレビ電話取材に応じ、「初めて死を感じた。帰れないんじゃないかと…」などと闘病生活の恐怖を語った。

発熱と肺炎のため7日に入院し、8日に陽性が確認された。9日に治療薬とされる「アビガン」の投与を受けて快方へ。「3日したら(12日から)熱が下がった」と説明した。14日に公表したYouTubeの動画は症状が改善されてから撮ったものという。

入院中は「座るだけで苦しい。気管が狭まるというか。数メートル先のトイレに歩くのもしんどい」生活。看護師ら医療従事者に「正体の分からないコロナ菌と最前線で闘っている」と感謝した。現在は「しばらく自粛しないといけない」と家族と離れて過ごしている。

片岡篤史 恐怖!ユーチューブ動画はこちら!

こちらが片岡篤史さんが公表した YouTube 動画になります。

お騒がせ致しました。無事退院する事になりました。

片岡篤史 恐怖 ネットの反応は?

さらに、「片岡篤史 恐怖」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

初期段階にアビガン飲めば効果は高いな。アビガン飲まなかったら今頃どうなってたか分からない事を考えたら恐ろしい。志村さんも自宅で静養してる時にアビガン飲めば助かっただろうな。あの頃はアビガンが効果がある事が分からなかっただけに残念で仕方ない。

どこで感染した可能性が高いのか?
それを言ってくれたら、みんな避けると思うんだけどな。
感染予防の観点から公表して欲しい。

効果が出てる話が多いんだから、アビガンの積極投与をすべき、副作用だとか症例がだとかは、本人の同意、一筆があればOKでしょ、日本ではこれだけ回復したとなれば、世界的にも一目置かれる、インフルエンザ用であってコロナ用ではないとか言ってる場合じゃない。

石田純一もアビガンを投薬して回復に向かっていると聞いたが、コロナに効く薬やワクチンを早く開発して欲しい!WHOはデドロス議長を含め、警鐘を鳴らすだけで何の役にも立っていない!

個々のプライバシーとかでなく、どのような行動を感染するまでされたのか。公表して欲しい。正直に。対応に成功したと言われる台湾はそうしたんだろ?

初期のアビガンはやはり効果があるようだ。全国の町医者がすぐに処方できるようにしてほしいなぁ。

クドカンも石田純一も片岡さんもみんなアビガン飲んでるみたいだけど、一般人ももらえるのかな?地方の病院にもあるのかな?

もし自分が、と考えるとそこが不安。

仮の話だが片岡さんやグトカンさんのように志村けんさんや岡江久美子さんが早めにアビカンを服用していたら助かっていたかも。こうなれば厚労省も早く手を打って欲しい。

有名人の感染者の体験記は、感染していない人にとってコロナの恐ろしさを知る上でも貴重。

片岡さん以外でもクドカンなどの話も参考になる。

どのような治療をしてきたのか公表してくれるのはいい事だと思う。コロナの恐ろしさを世間に知ってもらい不要不急の外出自粛をしてもらいたい。

「片岡篤史 恐怖」 終わりに

今回の記事では、「片岡篤史 恐怖」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

新型コロナウイルスに感染した野球評論家の片岡篤史さんが YouTube でどのような病状だったのか公表してくれましたね。

やはり恐ろしいウイルスとなっているので十分な注意が必要です。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。