真珠の耳飾りの少女 詳細判明!バンクシーの壁画少女にマスク画像!

社会

「真珠の耳飾りの少女 詳細判明」が話題となっています。

マウリッツハイス美術館が、科学的調査で「真珠の耳飾りの少女」のモデルとなった少女の人「人間味」を高める要素が浮かび上がったことが発表され話題になってるようです。

またバクシーの壁画少女にマスクの絵が描かれこちらも驚きの声があがってるようです。

今回の記事では、「真珠の耳飾りの少女」についてまとめていきます。

真珠の耳飾りの少女 詳細判明!

それでは、「真珠の耳飾りの少女 詳細判明」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。

こちらが記事の詳細です。

【AFP=時事】オランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)の世界的名画「真珠の耳飾りの少女(Girl with a Pearl Earring)」(1665年)を所蔵するマウリッツハイス(Mauritshuis)美術館は28日、同作に対し初の科学的調査を行ったところ、モデルとなった少女の「人間味」を高める要素が浮かび上がったと発表した。ただ、少女の正体は依然として謎のままだという。

同館によると、国際科学者チームが2018年2月から実施している調査により、少女の目の周りには肉眼では見えない小さなまつげが描かれていることや、一見何もない背景に緑色のカーテンが存在していたことが判明した。カーテン部分は「折り重なった布地」のようになっており、数世紀の間に黒く色あせたとみられる。

同館によると、調査では非侵襲性のイメージングやスキャン技術、デジタル顕微鏡法、塗料サンプル分析法を使用。フェルメールが使った顔料や、さまざまな重ね塗りにより作品を生み出した過程が明らかになった。

例えば、フェルメールは少女の耳やスカーフの上部、首筋の位置をずらして絵の構図を修正していた。世界各地の原料も使い、群青色を作り出すために17世紀当時「金よりも貴重」だったアフガニスタン産のラピスラズリ(瑠璃)を使っていた。

一方、真珠自体は「錯覚」であり、「白い顔料の半透明で不透明なタッチ」により描かれ、耳飾りのフックは描かれていないという。【翻訳編集】 AFPBB News

【実写】真珠の耳飾りの少女になりたい

【実写】真珠の耳飾りの少女になりたい

真珠の耳飾りの少女 バンクシーの壁画少女にマスク画像!

こちらが路上芸術家バンクシーの絵描いた少女の壁画に巨大なマスクがつけられたことが報じられた記事の内容になります。

[ロンドン 23日 ロイター] – 正体不明の路上芸術家バンクシーが描いた少女の壁画に巨大なマスクが付け加えられた。バンクシー本人が付け加えたかどうかは不明だが、新型コロナのこのご時世、壁画の少女も感染予防のために、しっかりと大きな手術用マスクで顔の半分近くを覆っている。


この作品はバンクシーの出身地とされる英南西部ブリストルで2014年に描かれた。オランダを代表する画家フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」からとったもので、建物の壁にある警報器を耳飾りの代わりにしている。

「真珠の耳飾りの少女 詳細判明」 ネットの反応は?

さらに、「真珠の耳飾りの少女 詳細判明」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。

解明されて面白いと思うと共に、謎は謎のままでいいと思う気持ちもあります。

NHKでダヴィンチの絵の謎も解明されてましたが、それもとても面白く、ただ、解明されてしまう少しの寂しさをもって見てました。

北方のモナ・リザとも呼ばれ、あの独裁者ヒットラーのお気に入りの絵だったそうだ。ホントかな?
でも、一瞬の表情を切り取った表現は現代的で詩的だ。

フェルメールは生前は困窮を極め作品も中々認められず死後に価値が上がった作品が多いですね。
教科書に載っているような作品の背景を知ると面白いですね。

この絵をモデルにした映画をかつて観にいきました。少女の配役が絵にぴったりで感激。時代背景も良くできていました。
青に使うコバルトが高価で、そのためにフェルメールがパトロン貴族の家族像を実際より美的に描くシーンが記憶に残っています。画家としては生活にも苦労したようで、ゴッホともども二十世紀以後にこんなに評価されるとは思ってなかったでしょうね。

あの自意識過剰な天才サルバドール・ダリが
かつて歴史上の画家の点数表を
いろんな観点から評価したことがあった。
たしかフェルメールはベラスケスと並んで
総合点で最高評価をされていたと思う。
ダリ自身による自己評価は意外にも
それほど高くはなかったので、案外と
謙虚?なところもあるのか、と笑
しかし同じくスペイン出身の天才ピカソに
対してはクソミソにけなしていて
やはりダリはダリだなとも思った。

この絵、昔大阪で見た。
美しさに感動した。他の絵も
素晴らしかった。
平日の昼間だったけど
おばちゃんがやたら多かった。
フェルメールブルーは
生で見ると本当に引き込まれる。
生で見ると以外に
他の作品では赤も凄いよ。

絵を傷まないように調査をして 何か作者の意図とかバックグラウンドが新たに発見されるので有れば 引き継ぎやってほしい。画家は無名の頃に知られていない人間関係とかあっただろうから そう言う事に想いを馳せるのも楽しみのひとつ。何か発見があっても まだ他もあるだろうから 次は誰の絵を調べるのでしょう。楽しみ!

フェルメールの絵は 音を感じる事が出来ない。
温度も低く イメージとしては 朝 それも早朝 少し肌寒くまだ空気が動かない朝。
そういう環境で 描かれてたのかと 勝手にイメージしていたが。。。

実は子だくさんの大家族。
居住環境は 時を告げる 鐘がすぐ近くで鳴り響く場所と聞いて どうしたら このような 静かな 落ち着いた絵を描くことが出来たのか。。。
自画像を見ると アインシュタインぽくて まさしく 絵からのイメージが良い意味で 裏切られた。

ウラを知ってさらに感動する
ウラを知らず素直に感動する
作品によって知りたいことと
知らずに感動していたいこと
ありますよね。でもあとから
やっぱり知ろうとしてること
あります

ヒトラーはフェルメールがお気に入りだったし、その他にも名画を占領地から集めていた。
彼にライバル心をもっていた、ナチス高官のゲーリングも、欧州各地から名画を略奪して集めていた。自宅は美術館のようだったといわれています。
その時、「これまで未発見だった、フェルメールの作品がでてきました!」と、絵を持ち込んだ画商がおり、ゲーリングは大喜びでそれに大金を払い購入したとか。

が、本当はその「名画」は贋作で…。という実話を思い出しました。

それはともかく。この合成画像をみると、描かれた当時と、いま目にしているものとはかなり印象が変わりますね。

「真珠の耳飾りの少女 詳細判明」 終わりに

今回の記事では、「真珠の耳飾りの少女 詳細判明」についての内容やネットの反応をお伝えしました。

これまで明かされなかった謎が少しずつ解明されていくのは嬉しいのですが、謎は謎のまま残してほしいという気持ちも少し残ってしまいますね。

2020年になって今まで知らなかったこともだんだん明るみになってきてることは驚きです。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。